オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

桜川市でスレート屋根へのカバー工法見積り依頼があり現地を調査


桜川市のお客様より、スレート屋根へのカバー工法を検討されているとの
お問い合わせを頂き、現場調査に行ってまいりました。

お問い合わせのきっかけ
『近隣の方に、屋根が剥がれていると言われ、それからとても気になるようになった。自分の家の屋根は中々傍で見ないので、言われるまで気が付かなかった』

    今の屋根材  スレート屋根材(ニチハ製 パミール)

    築年数    築20年

    ご相談内容  スレートの経年劣化から屋根カバー工法を検討
           無料点検・無料見積もりをご希望

今日も、張り切って調査させて頂きます^^

現場調査を開始します。

見積り依頼のあった桜川市の屋根はとても傾斜がキツイ
桜川市の現場に到着いたしました。敷地も広くとても大きな屋根です。
また、地上から見ても傾斜がきつく、かなりの勾配がある屋根だと思います。

では、無料の調査を開始します。

屋根の見積もり調査って、何をするの?

今回の、桜川市でのスレート屋根へのカバー工法見積りの場合 (調査時間約60分)

現地調査①
お客様からのヒアリング(見積り内容の御要望)
現地調査②
既存屋根材の確認 ・ 屋根の状態を確認
現地調査③
室内の屋根裏天井から、屋根の下地の状況を確認
現地調査④
屋根寸法計測 ・ 外壁寸法計測(足場設置㎡を出す為)
現地調査⑤
工事を行った際に、脱着を行うものがあるか否か 等
【無料であっても、現地調査はしっかり行います^^】

計測して計算するだけで屋根工事の見積もりは作成できません。
安易な調査は安易な施工を呼びますので、屋根の内外の確認をしっかり行います。

既存屋根材の確認 屋根の状態を確認

軒先側から見たスレート屋根は勾配がきつい
勾配計が5.5寸勾配を指している桜川市の屋根
【先ずは屋根の角度から見てみましょう】

屋根の傾斜は勾配(こうばい)と呼称し、桜川市の現場屋根に勾配計を
あてると、5.5寸勾配(約28.8度)です。☆無理に登る角度ではありません。
この屋根の角度は、屋根工事を行う際に屋根足場も必要になる角度です。
※安全かつ正確に工事を行う為、屋根足場は5寸以上の屋根に必要になります。

屋根先の表層面が剥離している桜川市のスレート材パミール
北側のスレート屋根材は、先端側から表面層が剥離(はがれる現象)が
起きています。これはパミールと言う呼称のスレート屋根材の特徴です。
※この状態を裏手にお住いの住人様が見つけられ、お施主様にお話したようです※

念の為、お客様にも仕様書で確認して頂きましたが、やはり『パミール』でした。
このスレート屋根材パミールは、断層状(ミルフィーユ状)になっており、表面が剥離してしまう屋根材なので屋根塗装には不向きな屋根材です。

自宅の屋根材がパミールだった場合に可能となる屋根工事方法

断層状になっているのが画像からもわかるスレート屋根材パミール
【自宅のスレート屋根材がパミールだった場合の屋根工事方法】

この2種類の屋根工事方法から選択する事になります。
※うちの屋根材は大丈夫?と、ご不安なお客様はお気軽に当社へご相談下さい※

屋根下地の状況を確認します。

次に屋根の下地の状態を確認します。

表面に出ている屋根材は、スレート屋根材パミールだと判明しましたが、この屋根材の下に、防水シートと野地板が設置されています。
葺き替えを行う場合は、全てを撤去するので良いのですが、屋根カバー工法の場合は屋根下地の状態を確認し、屋根カバー工法工事が可能か否かの判断を行います。

クローゼットの中にある点検口を開けようとしているスタッフ
点検口を開けると断熱材が敷いてあるのが確認できる
屋根下地の確認は、築20年~30年であればクローゼットの中などの屋根裏点検口から確認します。点検口が無い場合は天袋などから天板を開けて確認します。

屋根カバー工法は、屋根材撤去費用や廃材処分費用が不要な為、昨今は人気のある屋根リフォーム法です。
但し、下地の野地板の傷みが激しい場合(腐食や大規模雨漏り)にはお勧めできない工事法なので、当社では必ず屋根下地の状況を確認してから御提案しています。

点検口から屋根下地である野地板を確認
屋根裏から屋根下地である野地板を確認すると、問題はありません。
この状態であれば屋根カバー工法を十分行う事が出来ます。

屋根材の状態と屋根下地の状態も確認できたので、桜川市のお客様がご希望の
スレート屋根材へのカバー工法のお見積書を作成させて頂きます。

まとめ

屋根工事は、既存の屋根材と屋根の下地の状況次第で屋根工事法が異なりますので、既存の屋根の状態をしっかり見極めてくれる屋根業者を選択すると良いですね。

家の屋根材はどうなんだろう?カバー工法って本当に大丈夫?など
屋根工事に一抹の不安があるお客様は、街の屋根やさん水戸店へ
御気軽にご相談下さい! 一生懸命がんばります!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

茨城県全域統一料金 瓦・スレート・ガルバリウム等全ての屋根材に対応します。
小さな屋根修繕工事~大きな大規模改修工事まで誠意をもって対応致します。

先ずは、無料調査や無料見積もりから始めて見て下さい!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

茨城町の防災瓦での屋根葺き替えは瓦全数釘打ちで耐震強度アップ

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
防災瓦で葺き替えが完了した茨城県内の屋根
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
防災瓦(スーパートライ2)、REVO2(防水シート)、樹脂製瓦桟、強力棟垂木、なんばん、ゴムパッキン付きビス
築年数
40年
建坪
保証
3年
工事費用
127万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

桜川市で棟板金の交換工事が完了しました。

交換前の錆付いた降り棟板金
ガルバリウム製の降り棟板金で交換を行った桜川市の現場
工事内容
棟板金交換
使用素材
GLカラー棟板金・防腐処理済み貫板・ステンレスビス
築年数
35年
建坪
棟板金交換31.7m(貫板交換含む)
保証
1年
工事費用
20.9万円
施工事例

桜川市での倉庫屋根雨漏りは折板屋根カバー工事で解消されました

太陽光を設置する折板屋根の事前調査で中間ボルトが錆びている画像
桜川市の倉庫で折板屋根カバー工事が完了いたしました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
倉庫
使用素材
折板屋根ルーフデッキH88、ダンボ66、エスロンV300
築年数
25年
建坪
約300坪
保証
10年
工事費用
924万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事施工前の鉾田市のトタン波板

鉾田市の屋根工事が着工となりました。今回の屋根工事は、作業小屋への雨漏りが起因でしたが、屋根下地である野地板(のじいた)からの葺き替えが必要です。鉾田市の現場屋根は、築3年目での屋根工事です。建築された屋根工事の状況と、今回当店が葺き替える...........

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

火災保険で認定された大波スレート破損のロゴ

水戸市で、昨年の台風によりガスボンベ倉庫の大波スレートが破損した為新しい大波スレートで張り替えを行いました。今回の現場は、台風・突風・積雪などで家屋が損傷した場合に申請可能な火災保険の自然災害申請を行い、認定されての張り替え工事です。加入さ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391