オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東海村でセメント瓦棟崩れの現場調査にてトタン屋根の貼替依頼も


東海村のお客様よりお電話頂きまして
「倉庫屋根のグシ(棟)が崩れているので見て下さい。瓦はセメント瓦で築50年ぐらいたっています。」
翌日の午後でしたらお客様が都合良いそうなので、スケジュールを調整しお伺いすることになりました。
セメント瓦は現在製造していない商品なので、棟の取り直しをして七寸丸の冠瓦を被せるガイドライン工法でのご提案になりそうです。では現場に行って参ります!!

以前書いた七寸丸の冠瓦を被せるガイドライン工法のブログ → Click!

倉庫全景画像
現場に到着致しました。

以前は農業用の倉庫で使っていたそうですが、現在は農業をやっていないそうなので車庫で使っているそうです。
雨漏りはしていないそうですが、いつ崩れてくるのかと見たが気になっていたようです。
崩れた際に人がいたら危険ですね。本日は現場調査ですので屋根の上から状況を確認していきます。



現場調査開始です

倉庫全景下からの画像
倉庫屋根棟崩れ画像
下から撮影しました画像です。
んっ、棟がやはりおかしいですね~。崩れている感じが致します。近寄って撮影していきます。
赤い丸の部分が崩れていました。下からでは状況がいまいち分かりませんので屋根の上から撮影していきます。
セメント瓦は製造中止品ですので割らないように慎重に登っていきます。

セメント瓦棟崩れ

倉庫屋根棟崩れアップ画像
倉庫屋根棟崩れ
棟崩れアップ画像


やはり棟が崩れていました。震災のの影響なのか台風による影響なのかは分かりませんが修復は難しそうです。
棟の冠瓦は触るとボロボロと崩れてしまいます。全体的に同じようなのであまり触らずに確認します。
やはりガイドライン工法でのご提案になります。
因みにガイドライン工法とは、全日本瓦工事業連盟が定めた震度7にも耐えられる耐震工法です。
この工法で施工すれば地震や台風に耐えられる棟に生まれ変わります。

カラートタン波板の釘浮きと錆で穴

カラートタン波板画像
カラートタン釘浮き
カラートタン釘浮きアップ画像
棟崩れの確認の為に登った際に気になった、カラートタン屋根をよく確認させて頂きます。
何ヶ所か釘の浮きが見つかりました。この釘は傘釘という種類の釘です。釘に傘が付いていて釘を打った所からの雨漏り防止が出来る波板専用の商品です。波板の凹凸があると思いますが、凸の部分に釘は打ちます。
錆びている箇所あったので、確認したら穴が空いておりました。お客様も認識はないですが、間違いなく雨漏りしていますね。
何ヶ所も確認出来ましたので、追加でカラートタン波板の貼替えの見積りを頂戴致しました。

ご提案内容】
①セメント瓦棟の取り直し・ガイドライン工法の七寸丸冠瓦の被せ工事
②カラートタン屋根の貼替え工事

上記を今週末にご提出予定なのでしっかりとした見積りを作成してきます!!

棟の崩れ・カラートタン波板の交換などをご検討なさっていますお客様
「街の屋根やさん水戸店に」お任せ下さい!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で大棟熨斗瓦(のしがわら)脱落による強化棟七寸丸へ変更

9741468289689
9741466711581
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦
築年数
48年
建坪
8m
保証
1年
工事費用
13.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

風切丸で覆う袖瓦と桟瓦部分を画像で解説

龍ヶ崎市の現場も4日目に入りました。今日は、入母屋の風切丸瓦(袖瓦と桟瓦を覆う丸瓦)取り直し工事の様子をお届けいたします。※風切丸瓦の場所は次の画像をご覧ください。

屋根下地に穴

水戸市のアパートでの屋根葺き直し工事が2日目です。同現場の過去ブログはこちらから ↓水戸市でモニエル瓦葺き直しで衝撃!ドーマーの雨漏りで屋根に穴本日もお天気に恵まれて工事が段取りよく進みそうですね~!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391