オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根葺き替え工事はガルバリウム鋼板で屋根材重みも解消 石岡市


石岡市でセメント瓦からガルバリウム鋼板への屋根葺き替え工事が始まりました。
まずはセメント瓦屋根の撤去から行います。週末は天気が崩れる予報ですので、ガルバリウム鋼板葺きまで施工できるかが勝負になってきます。


今回は、セメント瓦とガルバリウム鋼板の重みにも少し触れていきます。
では見ていきましょう!!!

セメント瓦を外していきます

石岡市でガルバリウム鋼板葺き替え現場到着
石岡市でガルバリウム鋼板に葺き替え前に瓦下ろし
石岡市で冠瓦から外していく職人
現場に到着し板金職人の親方と朝一番の打ち合わせが終わり、工事が始まります。
親方を含む3人で始まりました。まずは現在の屋根材であるセメント瓦を外していきます。
まずは頂点部分の棟から外しますが、棟が5段で積んでありますので少しずつ外します。
※現在セメント瓦は製造しておりません。割れた・壊れたのお問い合せがありましても補修等の工事は難しくなります。
また、セメント瓦は塗装などの定期的メンテナンスが必要になってきます。

引き続きセメント瓦撤去していくと・・・・

石岡市でセメント瓦の棟撤去
石岡市でセメント瓦の軒先瓦撤去
セメント瓦を撤去していくと葺いてある瓦の下から瓦の欠片が出てきました。この光景は屋根やさんなら何度も見ることがあるでしょう。
今から約30年~40年に新築を建てられた住宅によく見られます。当時は加工して施工した瓦屋根の欠片を、瓦の下に隠すようにしておりました。余計なゴミを出したくなかったのか理由は分かりませんが、よく見られます。
その欠片が防水シート(ルーフィング)を傷つけ、雨漏りの原因になることが多々あります。屋根やさんなら分かると思うのですが・・・・。現在はそんなことをする職人さんはいないです!!!
その当時に建てられた住宅はそのようになっている可能性は高いですね。

屋根下地ラーチ合板を貼っていきます

石岡市でラーチ合板を貼っている1階下屋の画像
石岡市でラーチ合板を貼っている職人の画像
セメント瓦を撤去しましたので、次の工程である下地のラーチ合板を貼りました。
既存の屋根下地はザラ板でしたので、その上からラーチ合板での増し貼りを行いました。
貼ることにより下地の強化や、ガルバリウム鋼板の施工性アップといったメリットも生まれてきます。
今回の屋根材であるガルバリウム鋼板と、セメント瓦はどのぐらい重さに差があるかを皆さんにお伝えします。

セメント瓦    → 約42㎏/㎡
ガルバリウム鋼板 → 約5㎏/㎡

差はなんと約8倍!!!!!!!!!
屋根にかかる負担もだいぶ変わってきますし、地震の際に住宅に対する被害等も大きく変わっていきます。
石岡市でカッパ防水シート施工
石岡市でカッパ防水シート施工北面瓦屋根
改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)で施工致しました。ブログで何度も書いていますが、防水シートが屋根葺き替え工事で1番大事な工程だと私は思っています。
屋根材の下に雨が入ってしまうことがあります。
これはしょうがない事なのですが、入ってしまった際にちゃんと施工されていなかったらどうなるでしょう??
下地であるラーチ合板に水が届いてしまします。これが雨漏りの原因となる訳です。防水シートは最後の砦です。
規定の重なりしろにそって施工しなければ、雨仕舞いはできません。雨漏りは防ぎたいですね。

屋根の施工業者でない方が屋根施工する話も多々聞きます。職人の世界も「餅は餅や」と言いますが、理にかなっていますよね。その道のプロにお任せする事をオススメ致します!
明日は、いよいよガルバリウム鋼板を葺いていきますのでお楽しみにして下さい!!!

ガルバリウム屋根葺き替え工事・屋根リフォーム・火災保険申請は、
「街の屋根やさん水戸店」までご相談ください!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

鉾田市で作業小屋のトタン屋根葺き替え工事が完了

施工前の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
施工後の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
工事内容
屋根葺き替え
倉庫
使用素材
ガルバリウム波板・構造用合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・シーラー・波ビス・防水テープ
築年数
3年
建坪
保証
3年
工事費用
40.6万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

石岡市でセメント瓦屋根からガルバリウム鋼板屋根に葺き替え工事

屋根に登り瓦下を覗き込む作業員
石岡市ガルバリウム鋼板クランク棟板金
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
火災保険
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・月星カラーGL鋼板
築年数
35年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
90.2万円
施工事例

石岡市で和瓦から軽量瓦ルーガへの葺き替え工事 地震対策も万全

葺き替える前の建物の様子
石岡市で母屋を軽量瓦ルーガに葺き替え離れをガルバリウム鋼板でカバーした現場
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量瓦ルーガ『雅』
築年数
築52年
建坪
47坪
保証
10年
工事費用
285万円
施工事例

石岡市に台風直撃で棟板金と雨樋飛散、至急交換工事に対応です

棟板金飛散2
棟板金アフター
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
台風
使用素材
ガルバリウム銅板棟板金・パナソニック製半丸軒樋
築年数
25年
建坪
36坪
保証
10年
工事費用
75万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

フルフラットでスタイリッシュなスーパートライ110瓦

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、ひたちなか市のブログで御報告した瓦屋根の葺き替え工事現場の第二弾です。今日は、実際に新しい瓦を葺く工程をお伝えしていきます。前回のブログひたちなか市の葺き替え工事は、瓦を撤去し野...........

瓦屋根の葺き替え工事を行う、ひたちなか市内の屋根風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。さて今回は、先日着手した、ひたちなか市の屋根葺き替え工事現場から、既存の瓦材を撤去し、屋根下地である野地板と防水紙の施工までの様子です。現場の屋根は、酷い雨漏りを起こしており、下地の状...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391