オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市の外構工事はメッシュフェンスを基礎ブロックから交換



本日は、水戸市での賃貸アパート外構工事の様子をお届け致します。

既存のメッシュフェンスは地震や台風の影響で大きく歪み、フェンスを支える基礎ごと崩れており、オーナー様からご相談を受けたのが工事のきっかけでした。

賃貸アパートの外構工事(アスファルト舗装・フェンス等や自転車置き場など)はオーナー様の大事な資産ですので、不具合があると困りますね。

現調時の傾いたフェンス

土崩れで傾いていたフェンス
土崩れで傾いたフェンス
基礎ブロックから傾いています
基礎ブロックから傾いています
地震や台風の影響で傾いたフェンスは、支柱の元が錆びており
交換が余儀なくされている状況でした。
また、地崩れが起きている箇所は、本来見えていない基礎ブロックが見えていますので、元々土があった事がうかがえます。

外構工事は住宅と違い、平坦な所に付くとは限らないので、目に付きづらい箇所は定期的に確認する事をお勧め致します。

外構フェンスの解体工事です

外構フェンスを電動工具で外していきます
外構フェンスを電動工具で外していきます
フェンスは支柱を残し解体していきます
フェンスは支柱を残し解体していきます

外構に使われているフェンスの解体方法は??

フェンス解体に使用する工具
写真だけ見れば解体は簡単そうにみえますが、フェンスも様々な種類があり、フェンスによっては外すのに使用する工具も変わります。基本的にインパクトドライバー・プライヤー・ドライバー・スコップがあれば外れます。
上記の工具があれば解体は出来ますが、支柱の基礎ブロックは埋まっています。
(コンクリートで埋まっているケースもあり)

コンクリートで固定されている際には、エンジン付きコンクリートカッターが必要なのでDIYで工事するのはなかなか難しいかもしれませんね。

外構フェンスの解体が完了しました

フェンスの支柱を残し解体が進んでいます
支柱を残し解体が進んでいます
解体後纏められた外構フェンス
解体後纏められた外構フェンス
今回の支柱は、コンクリートで固定されていませんでしたので
スコップを使用し解体をする事となります。

無事、外構工事のやり直しを行う箇所の解体が終わりましたので
外構工事の要とも言われる土工事(どこうじ)に移っていきます。

土工事とはフェンス設置時の高さの調整や基礎ブロックの埋め込みなど行うことです。
土台部になる為、この土工事で外構工事の8割が決まります。

土工事は外構工事の要です

フェンスの大きさで支柱の位置が決まります
フェンスの大きさで支柱の位置が決まります
基礎ブロックの高さは45㎝です
基礎ブロックの高さは45㎝です
外構工事の土工事は、基礎ブロックの埋め込み作業になります。
基礎ブロックの埋め込みでフェンスが曲がる曲がらないが決まる大事な作業なので、レベルを(基準)出して、各基礎ブロックを埋め込みます。

平行に設置する為水平器を使用し、水糸を張りながら行う作業はミリ単位の世界です。
私も見ながら緊張致しました。

転圧して強固な外構フェンスにします

タンパを使用して転圧します
タンパを使用して転圧します
支柱はモルタルで固定します
支柱はモルタルで固定します
外構フェンス工事には、地盤を強くするために転圧(てんあつ)作業が必須です。
転圧とは地盤(土)に圧力を掛け、地面を締固めることにより、
傾斜面の土台を崩れるのを防ぐ為の作業になります。

タンパという工具を使用して何回も土を突き、土が固くなるまで行う地道な作業ですが、基礎ブロックのずれ防止の為にも大切な作業です。

メッシュフェンス取り付けです

土羽板を使用し法面を叩いて転圧します
土羽板を使用し法面を叩いて転圧します
フェンスを設置して完了です
フェンスを設置して完了です
続いては、土羽板(どはいた)で傾斜面を叩き、基礎ブロックが崩れるのを未然に防ぐ事で、強固たるフェンスに生まれ変わります。
また今回傾斜面は、土の下に採石を入れて地盤改良を行う仕様にしました。

平坦な場所での外構フェンスは、台風や地震の影響は少ないのですが、傾斜面に設置する外構フェンスは土地の境界付近に設置されている事が多い為、地盤を固める作業に神経を集中させました。

ビフォーアフターをご覧下さい!

before1
工事前の傾いた外構フェンス

horizontal
after1
強固たる外構フェンスに生まれ変わりました
地盤改良を行った外構工事が完成しました。「防犯性も向上し、土台もしっかりしたのでとても満足です。」と言って頂き担当者として嬉しい限りです!

今回の様に、外構フェンスの曲がりや倒壊している外構をよく見かけます。
境界線トラブルにならない為にも、
普段住んでいる自宅ではないので、目が届かない事も理由の一つでしょう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

街の屋根やさん水戸店は、お客様の御自宅にあった外構工事
アドバイス致します。
どんなフェンスがいいの?どんなカーポートがいいの?など外構工事で悩んだら
街の屋根やさん水戸店』へぜひご相談下さい。
お客様の立場になってご提案いたします。
外構工事のお見積もり作成は無料で行います!頑張ります!!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市で雨漏りによる瓦の葺き直しと銅板谷板金の交換

土瓦の降り棟 工事前
なんばん漆喰で形成された降り棟
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
谷板金(ガルバリウム鋼板製)、なんばん漆喰、改質アスファルトルーフィング、谷シーラー
築年数
120年
建坪
保証
1年
工事費用
47.9万円
施工事例

鉾田市でガルバリウム鋼板でのカバー工法を行いました

工事前の太陽光設置スレート屋根
屋根カバー工事が完了した金属屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
月星カラーGL(ガルバリウム鋼板)、改質アスファルトルーフィング、金属サイディング
築年数
約30年
建坪
保証
10年
工事費用
144万円
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

昔ながらの外壁トタンを応急処置

皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は結城市の取引先様の紹介で頂いた、外壁トタンでのお悩み相談です。御相談内容風が吹くと外壁トタンがバタバタ音がします。ご近所辺さんへ迷惑になるので何とかなりませんか?あと半年で転居するのでそれまで...........

水戸市での雨樋清掃

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、水戸市内のお客様御相談頂いた雨樋の清掃依頼です。御相談内容先日の大雨の時に雨樋から雨水が溢れているように見えました。後日、携帯カメラで確認したところ集水器の入口に土が詰まっているようです。とのご...........

水漏れが発生した水戸の総二階のお宅

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回の記事は、以前からお付き合いのあるお客様から携帯に直接頂いた一本の御連絡が始まりです(気軽に相談できる街の屋根やさん水戸店です(^O^)/)お電話の内容は『天井から水漏れしているから、ちょっと見て!...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391