オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装


工事のきっかけ

台風の際に屋根の棟板金が飛んでしまい、ご近所さんから火災保険が使えると聞きました。
インターネットで検索し、沢山のホームページを見ましたが、火災保険申請に慣れていそうな【街の屋根やさん水戸店】に相談しました。
保険会社さんに提出用の書類も細かく作ってくれ、無事に火災保険も認められました。
足場の費用も出たため、気になっていた場所の工事や屋根塗装も同時に依頼させて頂きました。

ひたちなか市 屋根補修工事,破風板板金巻き工事,棟板金交換,雨樋交換,屋根塗装

ビフォーアフター

before
台風被害にあったひたちなか市の棟板金
horizontal
after
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,破風板板金巻き工事,棟板金交換,雨樋交換,屋根塗装
施工期間
10日間
使用材料
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
施工内容その他
築年数
35年
保証年数
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円
建坪
約50坪
ハウスメーカー

ひたちなか市での屋根塗装は、屋根を補修した後に遮熱塗料で仕上げました。

街の屋根やさんは屋根工事業者ですが、屋根塗装も屋根工事です。

屋根葺き替えなどに比べれば費用が抑えられるのが屋根塗装ですが、今の屋根材の状態によって屋根工事法(屋根塗装?屋根葺き替え?カバー工法?)が決まります。
屋根工事をご検討のお客様は、今回ひたちなか市で行った屋根補修後の遮熱塗料による屋根塗装施工例を参考にしてみて下さい (*^_^*)

現場調査時の屋根の状態

棟板金が台風によって飛散していたひたちなか市の屋根
2階屋根の頭頂部に位置する棟板金が飛散してしまったのが、当社に御相談頂くきっかけとなりました。
この部分は、三角屋根の頂点である継ぎ目を被う為の板金で、雨漏り被害に繋がってしまうとても重要な部分です。この被害を中心に火災保険申請のお手伝いを行いました。

ケラバ部分に緩衝する棟板金が捲れている
ひたちなか市の現場屋根はスレート材に破損が見受けられる
ひたちなか市のお客様がお気づきになった場所以外にも被害がありました。
この様な屋根破損は屋根に登らなくては中々見つける事は叶いません・・・

今回のひたちなか市の現場は、この場所も火災保険で申請を行い認定されています。
屋根に不具合を感じたら、火災保険にも詳しい屋根業者に点検してもらいましょう。

屋根補修工事

それでは、屋根補修工事の様子から御報告します。
屋根塗装を行う際、既存の屋根の状態によって屋根補修が必要です。

棟を原状回復する為に木製の貫板を使用
原状回復が完了したひたちなか市の棟板金
先ずは、台風で飛散していた屋根の棟板金部の屋根補修です。

棟板金の不具合は雨漏りに直結してしまう場所です。棟板金交換時には留め具を強固に
留める為に、腐食した貫板を撤去し下地から交換する必要があります。
屋根塗装は、美観の為に塗装する意味もありますが大切なのは屋根の機能性です。
雨漏りリスクのある部分なのでしっかり下地の貫板から屋根補修を行いました。
部分的に差し替えを行った化粧スレート屋根
平板スレートに変成シリコンで補修を行う様子
次に屋根材(ひたちなか市の現場はスレート屋根材)の補修です。

既存の屋根材の状態によって補修方法は変わります。大きく破損している屋根材部は
新しい同様の屋根材で差替え、部分的な欠け破損は変成シリコンで補修します。
☆屋根業者が教えるワンポイントアドバイス☆
補修材であるコーキングは、塗装が可能なコーキングと塗料がのらないコーキングが
あります。屋根塗装が前提であれば、ウレタンコーキングか変成シリコンです。

ここまでの屋根補修を行い、ようやく屋根塗装に入る事が出来るんです (*^^)v

着色前に行う下処理工程

ポリバケツに水を溜めて汲みあげ式高圧洗浄機と連結
小雨の中で屋根の高圧洗浄を行う塗装職人
屋根塗装を行う前にきっちり洗浄を行う事で、塗装の密着度が高まります。

当社の職長曰く『塗装は洗浄と下塗りが大切!!』といつも言っています。
お客様が塗装で気にされるのは表面層である塗料や塗装色ですが、塗装は既存の屋根や外壁に重ね塗りする為、機能的に重要なのは着色前の下処理なのです。
DIY塗装が早く剥がれる原因は、下処理を重視していない要素が多分に含まれます。
塗装は、旧塗装を剥がす高圧洗浄が必要です!!今回もしっかり行いました。

足場の脚を廻しあげて隙間に下塗り塗料を塗布
下塗り工程が完了したひたちなか市の差し掛け屋根
三回塗りの一回目の塗装は、基材と着色塗料を密着させる下塗り

塗装工程は三回塗りが基本ですが、塗装の1回目である下塗りは、普段お客様が目にされる色のついた塗料と屋根材や外壁材とを接着する為に行う接着剤の役割です。
接着剤が甘い施工では、着色塗料が剥がれてしまうのは皆様の想像通りです。
均等に斑なく塗りこむ作業は塗装職人の技です。綺麗に塗り上がっていますね^^

いよいよ着色です(着色一回目である中塗り作業)

ひたちなか市の屋根塗装で使用するクールタイトSiと秤
下塗り面と着色一回目(中塗り)作業中の面を撮影した屋根
いよいよ屋根塗装の着色に入ります

今回ひたちなか市で使用する屋根塗料は、遮熱塗料であるクールタイトSiです。
屋根塗料は多種多様ありますが、昨今、夏場の陽射しを考慮した遮熱塗料がお客様
にはとても人気です。
今回使用する遮熱塗料は、メーカーさんの遮熱試験によると、外部表面温度が11.6℃
内部温度に4.6℃の差が生まれるという超耐久型シリコン遮熱塗料です。
上塗りと言われる着色2回目の屋根塗装工程
刷毛で軒先の細かい部分を塗装する職人
そして仕上げの上塗り工程です

そして仕上げの上塗り工程です。上塗りは塗装膜に厚みを持たせる意味もありますが
万が一の塗りムラを無くすための工程でもあります。
塗装は厚く塗れば良いのではなく、基準の厚みで均一にムラなく塗る事が必要です。
見ていると簡単そうに見えますが、塗装職人は厚みを感じながら塗っています。
上塗りを行うと見る見る光沢も現れ、とても綺麗に仕上がりました^^

遮熱塗料での屋根塗装の完成です。

before1
棟違い屋根になっているひたちなか市のスレート屋根
ビフォーアフターで比べて下さい

新品と見間違えるほどの
出来栄えです。

お客様も、ここまで劇的に変わるとは想像もしていなかった!
との感想を頂きました。
vertical
after1
屋根の塗装リフォームが完了したひたちなか市の現場屋根
見た目の出来栄えもさることながら、きっちり屋根補修を施した後に
屋根塗装を行いましたので、機能的にも万全です。

お客様談
『ここまで綺麗になっちゃうと、外壁も塗装したくなっちゃったわ・・
またお金溜まったら呼ぶね』とのコメントを頂きました。

担当者
『今後も末永いお付き合いお願いします。家屋に不具合がありましたら、
いつでもご相談下さい。A様この度は当社へのご用命ありがとうございました』

【ひたちなか市での屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装】まとめ

【工事完了後】

屋根リフォーム工事が完了してひたちなか市の屋根風景
屋根塗装は、今の屋根材の種類や状態によって屋根塗装が適切か?屋根補修を行えば屋根塗装は可能か?の判断が必要です。

屋根塗装は、出来栄え+機能性です。
屋根塗装をご検討のお客様は、ぜひ街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。

皆様からの御相談お待ちしております。
雨樋も交換し遮熱塗料で塗装したひたちなか市の現場屋根
屋根塗装と雨樋交換が完了したひたちなか市の現場屋根

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391