オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

八千代町での雨樋交換と新規取付は瓦下横打五丁流れ金具にて施工


茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今日は、八千代町のお客様から雨樋交換修理と新規に雨樋を取り付けて欲しいとのご依頼を頂きましたので施工してまいりました。
雨樋の一番大切な部分である樋を支える支持金具は、軒先の状況により使用する支持金具が異なります。今回の現場はホームセンターではあまり取り揃えのない瓦下横打五丁流れ金具にて施工しましたので解説を交えながらご報告いたします。

こちらが瓦下横内五丁流れ金具です。

瓦下横打五丁流れ金具を五本並べて比べる
五丁流れ金具が5本1セットで結束されている
この支持金具が、瓦下横打五丁流れ金具です。
和風の日本建築で使用され、垂木に横打ちし固定する金具です(画像で説明)
五本1セットになっており、この5本は微妙に高さが違います。
五丁流れ金具の1と2
五丁流れ金具の3と4と5
支持金具1本1本に数字が印字されているのがお分かりになるでしょうか?
1・2・3・4・5と印字されており、数字により立ち上がりの高さが違います。
五丁流れ金具の1と2を重ねて高さを比較
1と2を比べると微妙な違いですが上の1の方が立ち上がりが若干高く見えます。
八千代町で使用する五丁流れ金具の1と5の高さを比較
こちらは1と5を比べてみました。
立上りの高さの違いが一目瞭然ですね。
五丁流れ金具は、支持金具自体を番号順に取り付けていくと水勾配(雨が流れる為の傾斜)を作ってくれる支持金具で、1は水上に施工し2・3・4・5の順に水下に施工していきます。軒樋の長さにより1・2・2・3・3・4・4・5等々、職人が現場の寸法を考慮しながら施工していく経験が物を言う支持金具でもあります。

次のような場所に雨樋の支持金具を取り付ける際に使用します。

五丁流れ金具の取付け場所である瓦下の垂木部分を画像で説明
職人が今取り付けようとしている瓦下の垂木に施工する支持金具が五丁流れ金具の取付け場所です。
水上から水下へ少しづつ金具をずらしながら施工すれば良いのでしょうが、垂木にそこまでの幅はなく、隅に打ちすぎて垂木割れが起こってしまってもいけません。
金具自体の高さを変えようと考えた先人は凄いですね。尊敬してしまいます^^
※瓦の下に位置する=瓦下・垂木の横面に取付け=横打と命名されています。

施工状況を見てみましょう。

ここからは本線に戻し、施工状況を御報告していきます。

倉庫西面に五丁流れ金具を施工
9尺脚立に踏板を渡し雨樋を施工
先ずは、今まで雨樋の付いていなかった場所への雨樋新規取付施工です。
お隣様が境界近くに作業小屋を作られたので、雨跳ねで迷惑をかけてはいけないとのお客様の配慮での雨樋新規取付施工です。
軒先までの高さが4.2mありましたが、9尺(2.7m)脚立に延長足をつけて2台並べ、その上に踏板を渡した足場費用を軽減した雨樋工事です。
9尺脚立を使用し倉庫の西側に新規雨樋を施工
新規に取り付けた竪樋の下段
1人の職人が、約3時間で仕上げました。こちらの新規取付の西面も瓦下横打五丁流れ金具での施工です。
雨樋施工の時間は(金具取付)7:3(雨樋・集水器取付け)で、支持金具施工には相応の時間が費えます。何事も大切なのは元となる土台ですね。
八千代町の現場で解体した既存の雨樋の廃材
脚立にのり五丁流れ金具を取り付ける職人
雨樋交換のご依頼を頂いた場所は、既存の雨樋を撤去し、1本1本五丁流れ金具を取り付けていきます。
※今日の予報は夕方前から雨の予報で、こちらの現場から15分程のお客様宅への雨樋補修にも行く予定ですので2名の職人は休憩もそこそこに頑張って作業してくれています。
離れの1階軒樋交換が完了
離れの竪樋は支持金具デンデンと共に新しく交換
離れ1階も雨樋交換工事が完了です。竪樋のデンデン金具も交換しましたので、これで梅雨対策も万全ですね。
雨樋のメンテナンスは梅雨前に行うのがベストです。雨天の際に慌てないように、雨樋に異常がある場合はお早めのお手入れをご検討ください。
脚立に乗り倉庫の東側を施工する職人
五丁流れ金具にPanasonicアイアン105を取り付ける
最後に倉庫東面で奮闘している職人の画像です。
雨樋は支持金具を取り付ける部位や角度によっても使用する支持金具は異なります。
雨樋工事・雨樋修理もお気軽に当社にご依頼ください。
【茨城県全域統一料金】
屋根工事・雨漏り修理・雨樋交換は是非街の屋根やさん水戸店へご連絡下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定
施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円
施工事例

水戸市での雨樋工事が完了しました

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

これから屋根の和瓦を葺くところ

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年も12月に入り、年内業務も残すところあと僅かですね。最終最後まで気を抜かず、体調管理に気を付けて本年を乗り切りましょう!さて今回の記事ですが、日々、街の屋根やさん水戸店では、皆様に屋根工...........

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋

ひたちなか市で行った雨樋修理現場からの報告です。今回は軒樋(横方向)のみを交換します。雨樋は軒樋(のきどい)のみ、竪樋(たてどい)のみの交換も可能なので、雨樋に不具合のあるお客様は参考にして下さい。雨樋修理は部位毎に交換する事ができます。軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391