オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東海村での雨樋(呼び樋)強風外れは穴開け後のオダレ加工不足


東海村のお客様より『雨樋(呼び樋)が外れてしまい、雨がジャバジャバ漏れてくるので修理して欲しい』との御連絡を頂きました。
雨樋修理のご依頼は年間数多くありますが、その中でも今回ご紹介する呼び樋(よびどい)が外れてしまうと言うケースも数多くありますので、該当するお客様は参考にして下さい。

雨樋(呼び樋)外れの様子

二階の呼び樋を補修する為に二連梯子で軒先まで登るスタッフ
今回補修する雨樋は、この画像の呼び樋(よびどい)部分です。
画像でも外れてしまっているのが分かると思いますが、この様な外れ方をしている呼び樋を良く見かけます。
呼び樋外れの原因は、強風等で煽られて外れてしまったと思われますが、雨樋を施工する際の施工法にも関連しています。
今回の雨樋補修は、なるべく費用を掛けないように補修したいとのお客様のご意向なので、雨樋用接着剤のみで補修します。

強風の翌日に一階に落ちていた呼び樋

二連梯子を使用して脱落した呼び樋を運ぶスタッフ
東海村で風に煽られて脱落してしまった呼び樋
外れてしまった呼び樋は、強風の翌日に一階に落ちていたそうです。
幸い、人や物に被害はなかったとの事なので安堵しましたが、二階からの落下スピードが加わった雨樋の塊りは想像以上です。何事もなく本当に良かったです。
外れた呼び樋に破損がなかったため、既存の呼び樋を使い、二連梯子を軒先に掛けて雨樋補修作業を行います。

呼び樋への接着剤塗布の有無

集水器と竪樋を繋ぐ呼び樋を補修中
呼び樋は、集水器と竪樋(たてどい)を結ぶ役割をしている雨樋のパーツで、傾斜をつけて斜めに連結されており、呼び樋自体に支える金具がありません。
呼び樋が横風の影響を受けやすい場合は接着剤を塗布して固定しますが、雨樋にゴミ等が詰まった場合に接着剤が塗布されていると、雨樋の分解が困難な為、固定力が保てる施工であれば接着剤の塗布を控えるのが通例です。

綺麗にくり貫かれた穴

軒樋に開けた穴は綺麗にくり貫かれていますがズレが生じている
この画像は、雨樋(軒樋)と集水器の連結部を上から覗き込んでいる物ですが、軒樋に綺麗に穴があけられていますが、これでは強い横風が吹いた時には集水器ごとズレてしまいます。

雨樋におけるオダレ加工とは

雨樋のオダレ加工の図
この穴に、図の様なオダレ加工で爪をつけてあげるのが正式な施工法です。

横風に煽られたときにズレが生じている呼び樋には、このオダレ加工が施されていなく、綺麗に穴が空いてしまっている場合が殆どです。

細かい作業ですが、雨樋の施工法を熟知している職人であれば、必ず心得ている施工法です。

施行と名のつくものは、見た目の出来栄えではなく、このような見えない部分を、どの様に施工しているかで、業者の善し悪しが決まります。
【図解引用元 Panasonic】

オダレ加工された雨樋

軒樋を内側に折り曲げて横風でズレないようにワンポイントで接着材を塗布
こちらは、先日当社で行った雨樋施工の画像です。
軒樋と集水器がズレないように軒樋穴から内側に折り曲げたオダレ加工を施し、集水器と軒樋の接合部にも、ズレ防止のワンポイント接着を行いました。
雨樋職人により、オダレ加工の施工方法は異なりますが、雨水を軒樋から集水器に流動する穴とオダレ加工はセットです。この違いだけで雨樋に不都合が生じるので、雨樋施工は見るよりも簡単ではありません。

雨樋補修作業は15分で完了

竪樋と呼び樋を接着剤を塗布して接合
呼び樋をPマスに接続して補修完了
今回、外れてしまった呼び樋は、2階の西側の呼び樋で隣接住宅もない風の当たりやすい場所に付いていました。
再度、落下してはいけないので、今回は呼び樋の連結部に接着剤を塗布して納めました。
集水器が風でズレないように軒樋との接合部にワンポイント接着
更に、穴の位置も正常の位置に合わせ、軒樋と集水器の接合部にもワンポイント接着を施したので、これで雨樋補修は完了です。
低予算・手持ちの材料でその場で補修して欲しいとのお客様の意向もあり、今回の内容となりましたが、雨樋防止用のストッパー部材もメーカーさんに依頼すれば取り寄せられるます。
帰りがけに、将来的に必要であればまたご連絡下さい!とお伝えし、東海村の現場をあとにしました。

雨樋補修をご検討のお客様は街の屋根やさん水戸店へ

雨樋は、お家を守ってくれる大切な部位です。
高所での作業を見よう見まねで行うのは大変危険ですので、雨樋補修が必要なお客様は、雨樋施工を熟知した業者に依頼するようにしましょう。
『雨樋修理』『雨樋交換』は、街の屋根やさんが得意とする工事です。
一度、街の屋根やさんに相談してみてはいかがですか。
【茨城県内全域一律料金】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

オーバーフローしてしまうと相談を受けた二階屋根に取付けられた雨樋

日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年に入り、日立市のお客様から屋根修理や雨樋修理の依頼を頂けるケースが多くなり、従業員も大変喜んでおります。ありがとうございます。さて今回は、日立市のお客様より御依頼のあった雨樋修理依頼です...........

雨樋の歪み変形による機能不良が起こっている結城市内の雨樋

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、結城市内での雨樋交換工事の様子をご報告いたします。この様なブログで使用する画像は、お客様担当者と現場の職人が全て現場で実際に撮影しています。職人もブログで掲載されるのを理解しているため、細かい作...........

雨天時に雨が溢れてしまうと雨樋交換の依頼があった現場

水戸市内で雨樋交換のご相談を頂いたお客様宅での事例をご報告いたします。お客様にお話を伺うと、数年前の積雪時に屋根から雨樋に落雪して雨樋が変形してしまい、雨量が多い時には雨樋から雨が溢れ出てしまうとの事でした。雨樋破損の原因が積雪時に起こった...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391