オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市の雨漏り補修工事が完了しました


茨城県水戸市で、以前雨漏り補修の御相談を受けていた現場で
外装部と内装部の雨漏り補修工事を行いました。


今回は雨漏りの原因となった箇所の補修工事の状況をお知らせいたします。
★雨漏り補修内容
雨漏り補修①
外壁サイディングの継ぎ目の浸水口を雨漏り補修
雨漏り補修②
リビングキッチンへの室内雨漏り天井に天井材を増し張り
雨漏り補修③
屋上に這う破損雨樋を再連結した雨漏り補修
雨漏り補修④
倉庫屋根瓦の漆喰を増し詰め補修

サイディングボードの雨漏り補修

サイディングボード浮きと釘外れ
水戸市の現場は、前回の調査で、リビングとダイニングの雨漏り原因として、サイディングボードの出隅部分の浮きと釘抜けを発見しています。

サイディングボードとは建物の外側に貼る仕上げ用の板材のことです。
本来、耐水性が高いのですが、ここまで隙間ができてしまうと、雨水が下地まで浸水し雨漏りの原因になります。

サイディングボードの隙間補修
ご主人様の意向により、雨漏り侵入箇所のサイディングボードを張り替えるのではなく、出隅の補修のみを行いました。

サイディング出隅補修
コーキングを打った後、色味を合わせて製作したL曲げの金具を被せ、補強も兼ねて雨水の漏水を防ぎます。

屋根や外壁から雨漏りを起こした場合の補修方法は、リフォームを兼ねた
雨漏り補修方法と、低予算で応急処置的に行う雨漏り補修方法があります。

その時々の、お客様の御要望をお聞きした上でベストな雨漏り補修方法を
提案するのが街の屋根やさん水戸店です。
雨漏り補修をご検討のお客様は、御気軽にご相談下さいね (^O^)/

室内リビングの天井を増し張り補修

リビングダイニングの天井雨漏り跡
次に室内の雨漏り補修に移ります。

12帖のリビングは窓際を中心に雨染みが広がっており、2メートルほどの雨漏り跡が見られました。

サイディングボードの捲れや破損により、かなりの量の浸水雨漏りがあったの事がうかがえます。
リビング天井張り替え
常に使用するキッチンの為、工期が短い方が良いとのお客様のご希望です。

お客様の意をくみ、今回は新しい天井ボードを上から張る増し張り作業を行いました。
リビング天井上張り
今回使用するのは石膏ボード種である
ジプトーンと言う天井材です。

若干天井の重量は増えますが、強度を確認した上での上張り工法です。
雨漏り跡のあった天井ボードに増し張りした水戸市のリビング天井
室内天井ボードも全て増し張りにて補修し、雨漏り染みも一掃され
リビング全体も明るくなりましたね。

既存の天井材を解体することなく行える天井ボードの増し張りは
解体費用や処分費が削減できて経済的ではありますが
天井下地の強度によって対応の有無が決まります。

★ご検討の際には、天井下地をしっかり判断してくれる施工業者に
依頼して下さいね ヽ(^o^)丿


屋上を這う、破損雨樋を補修

外れてしまった大型這い樋
和室の真上のベランダです。2階の屋根より排水を行うための「這い樋」が完全に外れてしまい破損していました。

前回の調査では、台風等の大雨の際に大量の跳ね水が笠木板金の下より侵入し、和室まで雨漏りしている状態でした。
這い樋の補修完了
這い樋と笠木板金の補修を行った事により、雨水がスムーズに排水されるようになりました。

工期短縮とコスト面を考慮し、和室天井の雨漏り補修は梅雨に入る前に補修する予定です。

倉庫の屋根の葺き止め工事

下屋根の熨斗瓦脱落を発見
こちらはベランダの下に増設した倉庫
屋根の破損による雨漏り箇所です。

抜け落ちた熨斗瓦は1枚でしたが、全体的に固定力が弱まり、他の部分にも浮きやずれが生じています。
下屋根の漆喰落ちを発見
漆喰の破片もあちこちに散らばり
葺き止めの部分を手で押すと、
ぼろぼろと剥がれてしまう状態でした。

密着度が失われて崩れているため
雨漏りの原因にもなっていました。
屋根からの雨漏りにより屋根下地にも影響が出ている水戸市の現場
この水戸市の瓦屋根は、倉庫の屋根で居住スペースではありませんが
雨漏りの放置は、下地である木部を腐食させてしまう事にもつながり
補修程度では済まなくなってしまいます。

補修費用を抑える為にも【雨漏りは気づいた時が補修時です】
ご覧の皆様も、早め早めに対策を心掛けていきましょう。


屋根瓦の葺き止め漆喰補修

屋根南蛮漆喰にて補修
倉庫屋根漆喰補修
瓦漆喰の耐用年数は15年から20年が目安です。

積み瓦の土台に水が浸水しないように保護してくれる役割がある漆喰。
劣化が進むと亀裂やひび割れが起こり、さらにぼろぼろに崩れてしますと
熨斗瓦(のしがわら)の脱落にも繋がり、最悪は雨漏りに繋がってしまいます。


倉庫屋根漆喰補修完了
今回は古い漆喰を取り除き、黒い南蛮漆喰を使用して補修。
南蛮漆喰とは漆喰の主成分の石灰に特殊なシリコンや防水材等を混ぜたもので、
雨水にも強く壊れにくいのが特徴です。

熨斗瓦が緩みズレが無いよう、葺き止め瓦を調整しながら漆喰を塗布すれば
葺き止め部の雨漏り補修が完了です。
雨漏り補修を行った水戸市の日本家屋
今回、ご依頼のあったお客様は、敷地が100坪ほどある立派な日本家屋でした。
構造体である骨組みはしっかりしていますが、築年数がかなり経っており
メンテナンスが必要と思われる箇所がいくつか見受けられました。

全てを直ちに補修するにはいろいろ難しい面もあるかと思いますが
今後もお困りのことが出てきた時にも迅速に対応させて頂きますので御安心下さい。

まとめ

今回は『水戸市の雨漏り補修工事が完了しました』と題し、内装と外装の
様々な雨漏り補修を行った現場からの報告でしたが如何でしたでしょうか。

快適な生活を脅かす『雨漏り』は、人を憂鬱にし家屋の損傷をも広げてしまいます。
雨漏り補修には、大きな補修か工事から小さな補修工事まで多種多様ですが
お客様の御希望や予算に合わせて、雨漏り補修内容を提案するのが水戸店です。

屋根や外壁などで雨漏りにお困りなら、ぜひ街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。


雨漏り補修事例の一部をご紹介(雨漏り補修費用も掲載)

雨漏り補修費用別 雨漏り補修事例3例をご紹介
(現場毎のリンクをクリックすると、雨漏り補修詳細ページをご覧頂けます)

雨漏り修理事例① (67.1万円)

雨漏り修理事例② (3.3万円)

雨漏り修理事例③ (18.7万円)
雨漏りには早急な対応が必要ですをアピールするタイトルバック
お住いの点検案内をするスタッフ画像のある表示広告

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大洗町で南蛮漆喰の剥がれによる補修とテラス屋根のポリカ交換工事

ビフォー
漆喰工事完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰・ポリカーボネイト板
築年数
20年
建坪
32坪
保証
1年
工事費用
28.6万円
施工事例

笠間市での棟瓦の葺き直しは強力なんばん漆喰仕様で土台を強化

笠間市で化粧棟から木?隅棟から草?棟や桟瓦にラバーロックしてあります
主棟を温存した化粧棟と隅棟の葺き直しが完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
強力なんばん漆喰・水シャット・緊結銅線
築年数
築40年
建坪
保証
3年
工事費用
約92万円
施工事例

ひたちなか市で142mの漆喰詰め直しと鬼巻き漆喰施工が完了

ひたちなか市の漆喰詰め直し施工前の大棟
ひたちなか市の現場で漆喰詰め直しが綺麗に完了した大棟
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰(白)
築年数
36年
建坪
屋根漆喰詰め直し116.2m 鬼漆喰(鬼巻き)18箇所 葺き止め漆喰25.9m
保証
3年間
工事費用
61.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市でのサイディング工事で雨漏りの原因を解消しました

「スペシャルティコーヒー専門店 コーヒーアゴーゴー様」
完成した「スペシャルティコーヒー専門店 コーヒーアゴーゴー様」の店舗と看板
工事内容
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
貸し店舗
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜、透湿シート、ノンブリート変成シリコン、笠木板金(ガルバリウム鋼板)
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
173万円
施工事例

水戸市で割れた雨樋を部分的に交換補修してきました

交換補修依頼のあった割れた雨樋
部分的な交換補修が完了した水戸市内の雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
竪樋60パイ・エルボ・ソケット
築年数
築浅の住宅です
建坪
保証
1年
工事費用
7,150円(税込み)
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__2646070_0333

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店の田村です。今回のお客様は、半年ほど前に中古住宅を買われ初めての屋根メンテナンスです。中古住宅を買われる際に、内装や外装を良く確認すると思いますが、屋根の上や棟漆喰の状態までの確認は中々できません...........

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで現場調査にお伺いしました

城里町の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、城里町での雨漏り現場調査です。築40年以上の立派な入母屋(いりもや)造りのお宅を小屋裏と屋根の内外から徹底的に調査します。今年の梅雨は期間が長びいており、雨漏り被害調査に呼ばれる機会...........

水戸市雨漏り調査で漆喰を打診棒で叩くと分かる音

水戸市で雨漏り調査依頼

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391