オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

坂東市で内装リフォーム中に雨漏りが発生した屋根の修復現場調査


茨城県坂東市で、他社様が内装リフォームを行っている現場からの雨漏り修復依頼です。
室内全面のクロス張替え施工中の現場ですが、一昨日の雨で雨漏りがあり困っているとのご依頼です。

午前中に水戸市内での現場調査を2件済ませ、高速で坂東市まで向かいました。



クロスを剥がし終わった壁と天井
現場に到着です。築30年前後と言ったところでしょうか。
内装の全面リフォーム中で、ちょうど壁紙を全面剥がしてた工程の際、一昨日の雨で雨漏りがある事がわかり『街の屋根やさん水戸店』へご連絡いただきました。

職人さん:『こんな直ぐ来てくれると思わなかったよ~助かるよ~^^』
私:『茨城県内の雨漏りは出来る限り素早く対応しています!今は高速も便利なので^^』

調査に入ります。

屋根からの雨漏りのある現場を東面から撮影
屋根からの雨漏りのある現場を西側から撮影
先ずは、外観の形状や屋根形状をチェックし、屋根や外壁などに大きな損傷がないかチェックします。
壁紙を剥がした天井の雨漏り跡
雨漏りにより腐食していた天井材の下地
オーナー様の依頼で、今までは設置されていなかった天井裏への点検口を施工中に雨漏りに遭遇したそうです。
自然が相手なので、強い雨はいつ降るのかわかりません。壁紙を貼る前に雨漏りに気づいたのは不幸中の幸いでしたね。
※たまたま、点検口をつけてくれていたので私としてはとても助かりました。
雨漏りのある広く大きな天井裏
天井裏から雨漏りを場所を捜索
天井裏に登らせていただき、業務用照射ライトでくまなくチェックします。

ここが、漏れている箇所です

屋根の下地であるバラ板の広範囲に雨漏り跡
軒先方向に雨漏り跡が伸びている野地板
かなり広範囲にわたり雨漏り跡があり、手で触っても湿っている状態でした。
屋根のてっぺんにある棟から南側に下り、軒先方向までつながってしまっています。
※これは酷いです。
小屋裏から見たバラ板と防水シート
以前は、湿気を考慮したバラ板が多く使われていましたが、最近は防水シートの(ルーフィング)の性能が良くなったのであまり使われなくなった野地板です。

隙間がある分、防水シートに破損が起こるとダイレクトな雨漏りになってしまう場合があります。現に雨漏りが起こっているため一時防水である防水シートからの施工が必要です。
ラーチ合板画像
因みに、今はこのような一面にはるラーチ合板を施工するのが一般的になっています。

屋根を葺き替える場合等は、増し張りと言ってバラ板の上からこのラーチ合板を張るのが一般的です。二重の野地板になり野地板撤去費用・廃材処分費も掛かりません。
※この施工方法が可能になったのも防水シートの性能が向上したからです。

屋根の上を調査です。

軒先から撮影した屋根風景
珍しいM型の瓦です。これはヱビス瓦工業さんの『モニエース』と言う防災瓦ですね。
一部が廃盤品になった商品だと思いましたが、メーカーさんに在庫があるか確かめてみないといけない商品です。


浮きの症状があるモニエース瓦
棟へ緩衝している桟瓦部
手前の瓦は浮いており、頭頂部にある棟際の桟瓦が抜け板金を差し込み応急処置してあるようです。
棟際の瓦浮きが東側にそって出ていますので、ここから侵水し傾斜にそって軒先まで雨漏りが伝っている状態です。

おそらく棟際の桟瓦を補修するには、棟を解体して補修しなくてはならないので、費用を軽減する為にこの状態なのでしょうが、この様な補修は他の部分にまで支障をきたすようになってしまいますので、当社だと行わない施工方法です。
今回雨漏りに繋がったので、きちんと直しておけば2度手間にならなかったかな~?と私は思います。

今回の屋根補修方法

今回は、一時防水である防水シートからの施工が必要となり、棟際から手を入れなくてはならないので、最低屋根の葺き直しと棟の取り直しが必要です。

予算を考慮すれば区切りを入れて葺き直すこともできますが、防水シートの寿命は約20年である事を考えると、全面葺き直すことが賢明な判断になるのだとは思いますが、そこには予算もあります。
これからお客様が、何年を目安にどのように使っていきたいのかをお聞きしプランに合ったご提案を差し上げようと思います。

【屋根からの雨漏りのご相談も 街の屋根やさん水戸店へ】
フリーダイヤル : 0120-270-391 笑顔で対応します^^

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

飛び込み業者さんでラバーロック工事をご提案された水戸市のお客様宅

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、お問い合せを頂きました水戸市のお客様宅に現場調査でお伺いしました。飛び込み業者さんで屋根の不具合を指摘され、高額な工事(ラバーロック工事)を契約してしまったそうで、適正価格か判断をして下さいとの事...........

ひたちなか市の雨漏り修理依頼のあった作業小屋の風景

ひたちなか市で、作業小屋の屋根から雨漏りしているとのご相談があり、秋台風前に雨漏りの修理を完了させたいとの御相談で現場調査に行ってまいりました。昨今、秋台風がニュースでも取り上げられ、秋台風は勢力が強い事が多いと言われていいるので、お客様も...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391