オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市の軒裏修理は下地を補修しながら軒天の重ね張りを実施


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今年の花粉は多いのでしょうか?目の痒みと鼻垂れに毎日苦しめられていますが
日々、茨城県内の沢山のお客様に呼んで頂けて感謝いたします ヽ(^o^)丿

さて今回のブログは、水戸市での軒裏修理の現場からの報告ですが、
雨水が廻り木下地にも腐食がありますので、今回は木下地から手を入れていきます。

軒裏とは

軒裏修理を行う、水戸市の軒天の状態
軒裏とは、壁から出っ張っている屋根の裏部分の天井部を指します。

軒裏とも呼びますが、軒天(のきてん)の呼称の方が一般的でしょうか。

この軒裏部分は、屋根の裏面にあたる場所です。
軒裏に水が浸水している場合は、屋根の不具合の可能性が考えられるので、
軒裏修理は屋根業者に依頼するようするのが得策だと思います (^O^)/

全景画像から軒裏の部分を解説した画像
2階部の軒裏修理には仮設足場が必要です

軒裏修理は、下から上方向に向かっての作業となるため
1階のみの軒裏修理は脚立作業、2階の軒裏修理が絡む場合は仮設足場が必要です。

仮設足場は、一度の架け払いでの費用となる為、複数の施工を同時に行うのが
効率的であり、足場費用も無駄にはならずに済みます。
仮設足場が必要な修理や工事をお考えのお客様は、参考にして下さいね (*^_^*)

軒裏天井に手を入れる際に鼻隠しにも手を加えます

腐食した鼻隠し板と、雨水が浸水した軒裏天井
軒裏天井の緩衝部である、鼻隠しや破風板にも手を加えます。

昨今は、窯業系やガルバリウム製が多くなった鼻隠しですが
以前建築されていたのは、画像のような木製鼻隠し板が主流でした。

木製鼻隠し板は、素材を雨水から守る為に定期的な塗装メンテナンスが必要ですが
時期を見誤ると、塗膜が剥がれて木が雨水を吸収し腐食を進行させてしまいます。
雨水が廻って腐食した鼻隠し板を部分撤去
腐食した鼻隠しを撤去
軒裏天井の内部に漏水した様子
軒裏天井の内部から浸水
軒裏天井に雨水が浸水した原因の解消が先決です。

軒裏天井に雨水が浸水した破損の場合は、原因を解消する事から始まります。
虫歯も、その時の痛みを薬で緩和する事ができても、虫歯が治ったわけでは
ありません。何事も、原因を直さなければ意味がありませんよね ヽ(^o^)丿
腐食した木製鼻隠し板
浸水により腐食した鼻隠し板

大工職人が木下地から修理

軒裏の下地を新しい木材で修復
木下地から修理します
※ついでに下地も補強しておきました※
腐食した部分を、部分的に修復した破風板
鼻隠しと破風板を部分的に修理
※後日、ガルバリウム鋼板を張ります※
水戸市の現場は大工職人を入れて作業しています

破風板と鼻隠し板の腐食部を修理しながら、木下地も強化しました。
建築物は、表面材(普段、目に触れる表面)下地(普段目にしない骨組み)
構築されており、耐久性に大きく関わるのは企業の信用性にも繋がる下地です。

木下地(骨格)と言えば、大工職人に勝るものはいません!
どの技術者で作業を行わせるか!?当店の拘りの人員配置です ヽ(^o^)丿

軒天重ね張り

ノコギリで軒天材を切断する職人
電動丸ノコで軒天材を切断する職人
大工職人ミリ単位の切り出し作業

軒裏天井は、その現場によって形状も寸法も異なります。
また、経年の影響で木材に歪みが生じている場合もあるので、現場で実寸を計測し
ミリ単位で切り出し作業を行ったものを重ね張りしていきます。
before1
漏水し、シワシワになってしまった軒天
horizontal
after1
軒裏換気部には有孔ボードを使用し、重ね張りを行った水戸市の現場
軒裏天井を重ね張りするだけでも、家全体が明るく見えますね。

雨水の浸水での軒裏天井破損は、早め早めの対策が被害を最小限に抑えるコツです。
機能性もさることながら、軒裏天井を修理するだけでも美観はアップします。
軒裏に不具合を感じているお客様は、ぜひ参考にしてみて下さい ヽ(^o^)丿


まとめ

軒天材と切断電動工具
今回の水戸市の現場は、軒裏天井の重ね張りだけではなく、破風板と鼻隠し板へ
ガルバリウム鋼板の重ね張りも行いますので、後日再度ご報告いたします。

屋根周りの不具合でお困りのお客様は、ぜひ街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
強引な営業・しつこいセールスは一切行いません!
まずは、無料調査をご活用いただき、当店の対応をお試しください。
田村問い合わせフリーダイヤル
慶野コロナウイルス対策

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市で軒先捲れと化粧剥がれした軒天は化粧合板重ね張りで修繕

水戸市の施工前のプリントが剥がれた軒天
重ね張り施工が完了した水戸市内の軒天
工事内容
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
化粧プリント軒天合板
築年数
建坪
施工軒天82㎡
保証
3年
工事費用
35.5万円※軒天施工費用(足場費用別途)
施工事例

小美玉市での店舗雨漏り修理は屋根の取り合い部を板金で雨仕舞い

交換前のパラペット笠木板金
交換後のパラペット笠木板金
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
木目調プリント板、ガルバリウム鋼板(笠木板金、壁雨押え板金)シーリング付きビス、集成材(ツバメ巣台)
築年数
35年
建坪
35坪
保証
1年
工事費用
22万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市のセメント瓦屋根の調査依頼

こんにちは街屋根やさん水戸店の森です。今回は、水戸市のお客様から御相談を頂いたセメント瓦屋根の調査です。水戸市のお客様からの御連絡内容もうだいぶ昔のセメント瓦の屋根なんですが、ボロボロで屋根の裏の天井も穴が開いているので屋根の工事を考えてい...........

瓦の部分差し替えや調整費用を瓦ズレ画像と共に記載

水戸市の皆様へ、街の屋根やさん水戸店が行っている屋根修理修繕(修理修繕費用も記載)についてご案内いたします。当社には、毎年色々な屋根修理修繕の御相談があります。『こんな屋根修繕でも良いのかな・・??』『こんな小さな修理修繕でも良いのかな?』...........

見積りを希望されている水戸市の修理希望箇所

水戸市のお客様から、破風板と軒天補修のお見積もり依頼です。現状把握と計測を行う為、先ずは無料調査から開始します。水戸市のお客様からの御連絡内容

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391