オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

桜川市の三角冠棟取り直し相談はメンテナンス業者の指摘が始まり


今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。

当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。
太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を
受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探しています。
下地の木材の劣化、漆喰の劣化で瓦が乗っているだけの状態になっているようです。

メール文章は部分的に割愛させて頂きましたが、御依頼のきっかけや症状も
把握できるとても丁寧な文章で御相談頂きました。ありがとうございます(*^_^*)

三角冠棟部を調査します

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置
現場に到着しました。

桜川市の現場の屋根は、防災平板瓦のスーパートライ110シリーズの瓦で、
青緑色の青磁(せいじ)カラーのとても風合いのある綺麗な瓦です。

お客様にも再度状況確認をさせて頂いたので、早速実際に屋根に登って
三角冠棟部を調査していきたいと思います。

桜川市の三角冠瓦の棟
屋根の棟瓦は三角冠瓦です(形状が三角な冠瓦)

屋根の頂点部の継ぎ目部分に施されている棟です(ぐしとも言います)
棟瓦は定期的なメンテナンスが必要ですが、なかなかお客様ではチェツクが難しく
雨漏りなど、屋根の不具合が生じて御相談を頂くケースが多い部位です。

桜川市の屋根は、現在雨漏りなどの不具合は生じていません。
屋根は今現場のように、事前にメンテナンスを入れる事がベストです(^O^)/

瓦止めの固定具をチェツクします

三角冠瓦の瓦止めの釘浮き
瓦止めの釘が浮いています
棟瓦の留め釘が浮き始めている様子
釘が浮き始めています
三角冠瓦を固定する釘が、方々で浮いてしまっています

強風の際には、室内にいても雨戸のガタガタする揺れや窓に風雨があたる音がします。
屋根は、家屋の一番高い場所にあり、日々風雨に晒されているので、瓦が揺らされ
少しづつこのような現象が起きてしまいます。

三角冠瓦の釘が抜け落ちれば、瓦の落下や雨水の浸水にも繋がる可能性があります。
普段目にできない場所です。今回の点検は良いタイミングだったと思います。

漆喰の状態をチェックします

漆喰割れが起きている桜川市の棟漆喰
棟の土台部の漆喰が所どころ割れています

メンテナンス業者さんが言われているように、漆喰の傷みは確かに確認できます。

~~下地の木材の劣化、漆喰の劣化で瓦が乗っているだけの状態~~
と言うのは、少しオーバーな伝え方だったと個人的には思いますが・・
築年数的にもメンテナンス時期でもあり、傷みも出ているのは確かです。

今回のタイミングで屋根をメンテナンスされるのはベストだと判断します。
現場の状態が確認できたので、迅速に棟取り直し工事のお見積書を作成します。

棟瓦と谷樋の緩衝部
欠片が落ちてきている棟漆喰
不具合が出る前に事前対策を施すのがベストです

屋根は、外壁と異なり普段目に付きにくい部分です。
その為、不具合の初期症状に気づかず、雨漏りや屋根材の落下などでようやく
不具合に気づき、気づいた時には大きな工事が必要になる事があります。

今回の御相談は、太陽光パネルの点検業者さんの指摘から始まりましたが
快適な生活を過ごす為には『早めのメンテナンス!事前の対策!』
に勝るものはありませんねヽ(^o^)丿

瓦割れが確認できる谷周辺の瓦
お客様が目に触れにくい屋根だから、プロに依頼して下さい

私達は、年間数百の屋根調査を行いますが、10年以上屋根のメンテナンス
されていない屋根は、その殆どで何かしらの不具合があります。

日々の生活の中で、屋根の事を考える事も殆ど無いと思いますが、
10年以上屋根のチェックやメンテナンスをされていないお客様は、
大きな不具合が出る前に、一度屋根の事を考えてみて下さい・・(^O^)/

屋根の事なら街の屋根やさん水戸店へ

屋根を点検する街屋根スタッフ
屋根の御相談は、街の屋根やさん水戸店へ

当店の初動調査は、専属の調査スタッフ(店長クラス)が行っているので、
迅速に対応する事ができ、専属なので初動調査に費用は頂いていません。

『うちの屋根は大丈夫かな~?』『直す費用ってどれ位かかるのかな~?』
など、気をもむ前に、街の屋根やさん水戸店の無料点検をご活用ください。

私達にお任せ下さい。フリーダイヤル
muryoutenken_column1_jup
メールでのご相談は24時間受付中
※24時間以内にご返信します(*^_^*)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740

同じ地域の施工事例

施工事例

桜川市で棟板金の交換工事が完了しました。

交換前の錆付いた降り棟板金
ガルバリウム製の降り棟板金で交換を行った桜川市の現場
工事内容
棟板金交換
使用素材
GLカラー棟板金・防腐処理済み貫板・ステンレスビス
築年数
35年
建坪
棟板金交換31.7m(貫板交換含む)
保証
1年
工事費用
20.9万円
施工事例

桜川市での倉庫屋根雨漏りは折板屋根カバー工事で解消されました

太陽光を設置する折板屋根の事前調査で中間ボルトが錆びている画像
桜川市の倉庫で折板屋根カバー工事が完了いたしました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
倉庫
使用素材
折板屋根ルーフデッキH88、ダンボ66、エスロンV300
築年数
25年
建坪
約300坪
保証
10年
工事費用
924万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391