オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市の瓦屋根修繕工事が完了!もう雨漏りの心配はいりません


工事のきっかけ

2階の天井に染みがあり、屋根からの雨漏りが原因なのか?天井裏に獣が入ってしまっのが原因なのか?調べて欲しい!とのご依頼がきっかけでした。
お客様の休日に合わて屋根調査を実施させて頂き、雨漏りが原因だと判明。
屋根修繕工事の御提案をさせて頂き、ご依頼いただきました。

水戸市 棟瓦取り直し,雨漏り修理,その他の工事 谷板金交換(谷シーラー施工)

ビフォーアフター

before
15-before
horizontal
after
16-after

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し,雨漏り修理,その他の工事
施工期間
4日間(合計14人工)
使用材料
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・ガルバリウム製谷板金・谷シーラー・その他
施工内容その他
谷板金交換(谷シーラー施工)
築年数
45年
保証年数
3年
工事費用
67.1万円
建坪
ハウスメーカー
水戸市で雨漏りのあった瓦屋根修繕工事が完了しましたので御報告させて頂きます。

今回の水戸市の現場は2階の天井から雨漏り被害があり、無料調査の結果、瓦屋根の谷板金と棟瓦からの浸水と判明し、谷板金と棟瓦の屋根修繕工事を行わせて頂きました。

屋根修繕工事を行うきっかけ

1-54
先ずは、屋根修繕工事を行うきっかけとなった、2階の屋根からの雨漏り状況をおさらいです。このお部屋は、あまり出入りする事のないお部屋で、気づいた時にはこのようになっていたとの事でした。

当社に御相談頂いた際は、『屋根裏に小動物が入ったのか?雨漏りなのか?原因を調べて欲しい』との第一報でしたが、当社の調査の結果、雨漏りと判明し、今回の修繕工事に至りました。屋根雨漏り調査の様子は下記ブログをご参照ください。

瓦屋根修繕工事場所の解体作業

S__10231843-columns2
S__10231879-columns2
お客様から瓦屋根修繕工事のご依頼を頂いてから、実際に修繕工事に入るまでに約1ヵ月の間は、雨漏り防止用のブルーシートを施しましたので、ブルーシートの撤去を行い、棟瓦を解体していきます。
関連記事>>水戸市で屋根工事のご依頼を頂いた和瓦屋根にブルーシートで養生

街の屋根やさん水戸店で行う屋根修繕工事に入る迄の期間は、屋根修繕工事請負契約後、通常時で凡そ2週間~3週間後となりますので、屋根修繕をご検討のお客様は余裕をもった行動をお願い致します。

解体は大棟から行ないます

ラバーロックのされた瓦を解体しています
大棟の解体を行っている
水戸市で行われている屋根修繕工事は、既存の棟を解体しガイドライン工法で7寸丸を使用して行う、棟の取り直し工事です。

大棟の解体は、前の業者さんで行われているラバーロックを切りながらの解体なので、大変な作業です。解体時に出る葺き土は、見ての通りかなりの量になっています。

雨漏り箇所は大棟からでした

雨漏りが発生した棟の解体
雨水の浸入口が判明しました
屋根修繕を行う雨漏り箇所を解体すると、当社の職人が「ここに水が入った形跡があります。土が濡れているので間違いないですね」との事。
天井裏から確認した際も、棟からの漏れを確認していたので原因はこの大棟です。また谷付近からの浸水疑いもあったため、同時に解体を進めます。

雨漏りした大棟は、直線の棟ではなく、棟と棟とを繋ぐ部分だったため、雨漏りのリスクは他の箇所よりも高くなっておりました。

谷板金を交換前の防水シート

新しい谷板金の下には防水シートを敷く
樹脂製の垂木で土台作り
大棟や谷部の解体後は、大量に出る葺き土をきれいに撤去していきます。
雨漏りが心配な谷部にはルーフィングを敷いて雨仕舞いをし、ガルバリウム鋼板の谷板金でカバーします。水が流れる所は慎重に工事を行わなければなりません。

谷板金の設置が完了したら、同時並行で進められていた7寸丸ガイドライン工法の下地である、棟金具と樹脂垂木を設置して屋根修繕を進めます。
棟に使用する垂木は、当社標準品の樹脂製なので腐る心配が無いので安心ですね。

強力棟で強くなる棟

なんばんで固定された強力棟
なんばんで固定された降り棟
今回の屋根修繕工事で行われる7寸丸ガイドライン工法は、土台である樹脂製の垂木の下にも、たっぷりと『なんばん』を入れていきます。最後に、7寸丸の冠瓦を防水パッキン製の留具でしっかりと留めるので、土台がしっかりしていなければなりません。

屋根修繕工事の施工方法である、震度7まで耐えられるガイドライン工法は、施工基準を満たせば地震にも耐えられる強い屋根に生まれ変わります。

7寸丸瓦を固定します

7寸丸瓦の役物
7寸丸瓦の固定
水戸市での屋根修繕工事は、7寸丸瓦を被せて固定していく工程です。
この7寸丸瓦は半円状で、幅が約21㎝ほどあります。なんばんで固定した樹脂製の垂木に丸瓦を被せ、留具にはゴムパッキン付きのビスですを使用して固定します。

のし瓦を積む事も無く鬼瓦を使用しない為、費用を削減しながら工期も短縮され、屋根の軽量化にもなるので耐震をお考えの方にもお勧めさせて頂いている工事です。

屋根修繕で生まれ変わった棟

パッキン付きビスは2本打ち
三つ又部の一体型瓦
ガイドライン工法で水戸市の屋根は、地震にも強い棟に生まれ変わりました。
三つ又瓦部も一体型の部材を使用していますので、スッキリとした屋根に仕上がりになりました。
雨漏りも止まり、併せて屋根の軽量化にも繋がるので、お客様にもとても喜んで頂け、担当者としても大変嬉しく思います。
工事が完了したガイドライン工法被せ葺き
S様、この度は、街の屋根やさん水戸店へご依頼いただきありがとうございました。
今後も定期的なアフタービスにお寄りいたしますので、今後とも末永く宜しくお願いいたします。

【工事完了後】

2145-simple
東日本大震災後に瓦屋根で不安になった方も多いと思います。屋根修繕は、金属屋根などの軽い屋根材に変えることもできますが、同じ瓦を使用しての軽量化も可能です。

お客様の予算等に合わせてのご提案もしておりますので、無料調査をご利用ください。

御相談・調査・お見積り無料ですので、お客様が全てにご満足頂けましたらご検討下さい。
街の屋根やさん水戸店 ご相談:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

茨城町の防災瓦での屋根葺き替えは瓦全数釘打ちで耐震強度アップ

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
防災瓦で葺き替えが完了した茨城県内の屋根
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
防災瓦(スーパートライ2)、REVO2(防水シート)、樹脂製瓦桟、強力棟垂木、なんばん、ゴムパッキン付きビス
築年数
40年
建坪
保証
3年
工事費用
127万円
施工事例

常陸太田市で雨漏りによる瓦の葺き直しと銅板谷板金の交換

土瓦の降り棟 工事前
なんばん漆喰で形成された降り棟
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
谷板金(ガルバリウム鋼板製)、なんばん漆喰、改質アスファルトルーフィング、谷シーラー
築年数
120年
建坪
保証
1年
工事費用
47.9万円
施工事例

水戸市の瓦屋根を台風や地震でも崩れない七寸丸一本伏せで施工

施工前の熨斗瓦がズレている水戸市の降り棟
下屋根棟の七寸丸一本伏せが完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・樹脂垂木・オレフィンパッキンビス
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
84.7万円(残土処分費別途)

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防災瓦の三角棟

利根町の皆様こんにちは!街の屋根や水戸店です。本日は利根町のお客様の屋根で、ガイドライン工法(耐震工法)で施工された三角棟(大棟・降り棟)の取り直し工事を行います。今回の現場は、川沿いという立地もあり、数年前に棟瓦が吹き飛び、脱落してしまっ...........

棟瓦調査のため、屋根に登るスタッフ

筑西市の皆さんこんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は筑西市内のお客様からのご依頼案件をご報告します。なんでも、太陽光パネルのメンテナンスを行った際に、瓦のズレを業者の方に指摘されたらしく、その調査を行ってほしいとのことでした。瓦のズレ...........

化粧棟の曲がり?崩れ??

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回のお問い合せは常陸太田市のお客様より、『棟の瓦がずれてるんだよね~。一度無料調査で見て頂きたいんですけど、大丈夫ですか?』もちろん大丈夫です!これからは梅雨や台風シーズンの季節がやってきますので、早...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391