オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市での棟板金交換は予想通り貫板腐食が確認できました


水戸市の皆様こんにちは。水戸市内にある街の屋根やさん水戸店です。
今回は、水戸市内で屋根工事中の現場から棟板金交換の様子をお伝えします。
コロニアル屋根やスレート屋根の屋根頭頂部に使用される棟板金ですが、強風や突風時に飛散被害の多く出る屋根の部位でもあります。
では、なぜ強風や突風での飛散被害に繋がってしまうのか等、画像を使いながらわかり易く解説していきたいと思いますので、最後までご覧になってみて下さい。

棟板金とは屋根のこちらの部位です。

水戸市の現場で交換する棟板金
この画像が棟板金部分です。
ちょうど屋根の頂点である尖っている三角の部分を『棟※むね』と呼び、棟の下地に貫板(ぬきいた)を施工し、板金で包み込んでいるのが棟板金です。
水戸市の今現場は屋根塗装を行いますので、屋根塗装前に手を入れる必要のある屋根の部位を修理交換していきます。今回は、棟板金交換時の棟解体の様子です。

棟板金の施工前の症状

棟板金に錆による穴あきを確認
水戸市の現場の棟板金は釘抜けが起こっている
こちらの2枚の画像が、これから施工する水戸市の棟板金の画像です。
棟板金には錆による穴あきが発生しており、棟板金を留めている釘のほとんどがこの様に抜け掛かっている状態です。
この棟板金の下地(中)には、釘を受けてくれる貫板(ぬきいた)が入っています。
築年数的には貫板には木材が使われているので、おそらく貫板に雨が浸水し貫板腐食が進行している事が考えられます。

実際棟板金を捲ってみます。

棟板金を交換時のくぎ抜きを使用したくぎ抜き作業
屋根材と棟板金の接着面をカッターで外す
先ずは、棟板金を留めている釘を1本1本外し、棟板金と屋根材に接着してあった接着面をカッターで外す作業を行いました。
通常、棟板金を継ぐ際にはシーリングを使用して接着しますが、スレートコロニアル屋根材と棟板金が接着されていたので少しビックリしました。
※横風による屋根材への雨の吹き込み浸水防止対策ですが、過度な密閉は棟板金内部の湿気が放出されなくなる可能性がありますので注意が必要です。
棟板金を捲り上げると貫板が見えてきた
水戸市の現場の棟板金は裏側にまで錆が広がっている
水戸市の現場の棟板金を捲り上げると、棟板金の裏地にまで錆が出ています。
錆びは、鉄のがん細胞とも言われ、ひとたび発生すると止まる事を知らず広がってしまう厄介な物質です。
棟板金を外し貫板の状態を確認するスタッフ
水戸市の現場では屋根塗装も行いますが、劣化症状が出たままの状態での屋根塗装は屋根工事業者として行うわけにはいきません。
屋根が最低限健康な状態であっての屋根塗装です。
屋根リフォームを検討中のお客様は、屋根損傷はないか、雨漏り対策は出来ているか十分に精査してくれる業者に依頼してください。

棟板金の下地である貫板腐食

水戸市の現場の貫板は腐食を起こし留め具であるビスもボロボロ
こちらの画像が、棟板金を捲った貫板です。
貫板に雨が浸水し腐食しているのが確認でき、貫板とスレート屋根材を留める為のビスも錆びきってしまっています。
貫板の弱体化により留め具が効きにくくなると、棟板金の釘浮きの症状が発生し、棟板金飛散の原因にもなります。
また、雨漏り原因ともなり得ますので、定期的に確認しておきたい屋根の部位です。

10年に1度は屋根メンテナンスを行いましょう。

普段は、棟板金に包まれてお客様の目には入らない貫板ですが、貫板腐食等の貫板不良が留め具を緩め、最悪の場合、棟板金飛散被害にも繋がります。
被害が出てからのメンテナンスか?被害が出る前のメンテナンスか?
10年以上、屋根メンテナンスを行っていないお客様は、ご思案してみてはいかがでしょうか。事前の屋根メンテナンスは事前の雨漏り対策にもつながります。
フリーダイヤル:0120-270-391 又は メール受付
腐食した棟板金下の貫板
水分を吸収している貫板は腐食が進行している

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

桜川市で棟板金の交換工事が完了しました。

交換前の錆付いた降り棟板金
ガルバリウム製の降り棟板金で交換を行った桜川市の現場
工事内容
棟板金交換
使用素材
GLカラー棟板金・防腐処理済み貫板・ステンレスビス
築年数
35年
建坪
棟板金交換31.7m(貫板交換含む)
保証
1年
工事費用
20.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-13

かすみがうら市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、かすみがうら市のお客様からの棟板金部の補修依頼です。既存の屋根はスレート屋根材で、三角屋根の頂点に位置するのが棟板金です。屋根の頂点から雨水が浸水すれば、傾斜に沿って屋根材の...........

ひたちなか市の屋根で施工前の主棟の板金飛散状態

やはり気になる屋根修理、屋根修繕費用について

劣化した瓦棒葺き屋根

日立市にお住いの皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は瓦棒葺き屋根工事についてご紹介させていただきます。秋以降、日立市内で瓦棒葺き屋根の屋根工事が続きましたが、それぞれ異なる施工方法で修理を行いました。同じ屋根材を使用していても、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391