オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

常陸太田市で近年問い合わせ急増のノンアスベストパミールを調査


今回は、近年問い合わせ急増のノンアスベスト屋根材として販売されたニチハ製パミールの調査風景と、調査から紐解くご提案方法もお伝えできればと思います。
因みに、ニチハ社は外壁材の最大手で屋根材も手掛けているメーカーさんです。
ニチハ社製パミールはアスベストを含まないノンアスベスト屋根材の第一号として1996年~2008年まで販売していた屋根材です。
※アスベスト(石綿)屋根材は2004年に出荷が原則禁止になりました。

太陽光パネルが設置されたニチハ製パミール屋根材

常陸太田市で調査した太陽光が設置されたニチハ製パミール屋根材
こちらが常陸太田市の現場屋根ですが、太陽光パネルが設置されています。
パミールを使用した屋根材と太陽光パネルとの愛称は良くありませんが、太陽光パネルのブームと重なった時期に販売されていた屋根材なので、当社にお問い合わせを頂く約2割のパミール屋根には太陽光が設置されています。

パミールの独特な特徴

赤いパミール屋根材の表面が剥がれ基材が露出している
画像のように、パミールはミルフィーユのように何層も重ねられた屋根材なので、屋根塗装を施しても表面が剥離してしまうため屋根塗装には不向きな屋根材です。
建築時や引き渡し時に、屋根材まで確認されるお客様はそうそういらっしゃいません。その為、屋根塗装を行おうと塗装業者さんに見積もり依頼をした際に、初めてパミールだと認識するお客様も多くいらっしゃいます。
※知識不足の塗装業者さんで、そのまま塗装されているのを目にする事もあるので、注意が必要な屋根材です。※皆様も仕様書などで屋根材をご確認下さいませ。

屋根下地を屋根裏から確認します。

天井裏に雨水が伝った跡が確認できる
留め具から雨水が浸水したものと思われる雨染み
当社で屋根を調査する際は、可能な限り屋根裏を拝見しています。
お施主様のお話を伺うと、今現在雨漏りは無いとの事でしたが、屋根裏を確認すると雨水が伝った跡がクッキリ残っていました。
幸い木材で吸収できる程度の浸水で、釘などの留め具を伝った微量な雨水の浸入でしたが、気づくのが遅くなる時間に比例して被害は広がります。今回の屋根メンテナンスは良いタイミングだったと思います。

太陽光パネルのサイズを計測します。

屋根に設置された太陽光パネルをスケールで計測
太陽光パネルやメジャーで計測
太陽光パネルが設置された屋根へのメンテナンスは、太陽光パネルと架台の脱着が必要になりますので、現在太陽光パネルを設置されているお客様や、今後太陽光パネルの設置を検討されているお客様は注意が必要です。
※この記事をご覧の皆様が、太陽光パネルや太陽熱温水器等の給湯システムを設置の際には、屋根材に詳しい業者や屋根のメンテナンスまで考慮して提案をしてくれる業者を選択するようにして下さいね。

南北の屋根を比べてましょう。※切妻屋根の南側

赤いパミール屋根材が設置された南面屋根
パミール屋根材に設置された太陽光からパネル下を覗き込む
こちらの常陸太田市の屋根は、雨漏りしにくく経済的な南北に流れる切妻屋根(きりづまやね)です。俗に三角屋根とも言われます。
先ず南面屋根ですが、パミール屋根材の先端を中心に剥離現象が起きているのが分かります。

南北の屋根を比べてましょう。※切妻屋根の北側

切妻屋根の北面屋根の破損状態
表面剥離し、表層が捲れあがっているパミール屋根材
こちらは、北側の屋根面です。
南側と比べ、破損も激しく剥離現象が進行してしまっているのが分かります。
パミール屋根材の様な、化粧スレート(コロニアルやカラーベストとも呼ばれる)は、材質表面に塗装が施してあり、屋根基材本体に雨水が浸水しない塗装されていますが、パミールは表面剥離を起こしている為、基材自体が水分を吸収し被害を広げてしまっています。北側は陽当たりが悪く水分が抜けにくいからでしょうか?差は歴然ですね。

ご提案内容

屋根全体に破損が見られる常陸太田市のパミール屋根材
今回の常陸太田市の現場は、三社相見積もりとの事です。
お客様は、ガルバリウム鋼板でのカバー工法とアスファルトシングル葺きをご検討されていましたが、当社の提案はガルバリウムカバー鋼板でのカバー工法です。
常陸太田市の現場の近隣は自然が多く残り、風を遮る物が少ない建築立地です。また屋根材パミールは破損が酷く、屋根裏にも微量の雨水の浸水があるとなると、防水シートには粘着式防水シートを採用し、ガルバリウム鋼板でカバー工法を行うのが、一番の得策だと当社は判断します。

まとめ

当社での屋根リフォームは、既存の屋根の状態(屋根材の特定、屋根の状態、屋根勾配)や屋根下地の状態、建築状況や近隣等、様々な視点から最善策を導き出します。
屋根は屋根業者に依頼するのが一番です。
屋根修理や、屋根のメンテナンスは街の屋根やさんにお任せください。
※今回の常陸太田市の現場は三社相見積もりで、街の屋根やさん水戸店にお任せいただける事になりました。A様ありがとうございます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

常陸太田市で雨漏りによる瓦の葺き直しと銅板谷板金の交換

土瓦の降り棟 工事前
なんばん漆喰で形成された降り棟
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
谷板金(ガルバリウム鋼板製)、なんばん漆喰、改質アスファルトルーフィング、谷シーラー
築年数
120年
建坪
保証
1年
工事費用
47.9万円
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391