オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

常陸太田市の雨漏り修理相談は玄関入母屋の壁の取合い部から浸水


常陸太田市のお客様からの雨漏り修理相談です。
お付き合いのある職人さんに修理を依頼するも雨漏りが改善せず、お孫さんがインターネットで調べて下さり、当社にご相談頂きました。(ありがとうございます)
雨漏り修理は原因の特定が先決です。
雨漏りしそうな場所と、雨漏りしている場所が合致して状態で修理を行えば雨漏りは止まりますが、屋根からの雨漏りは見ただけではわかりません。
屋根のプロとして、先ずは屋根裏調査と散水調査にて雨漏り原因を特定します。

雨漏りしている玄関入母屋

雨漏り相談のあった玄関入母屋の風景
こちらが、雨漏り修理相談のあった常陸太田市の現場です。
情緒のあるこの様な玄関入母屋は、耐風性に強く屋根裏への空気の流れを効果的に作り出す事が出来るので、屋根裏にとってはとても換気が行き届く屋根です。
一方で、複雑な形状の入母屋屋根は、屋根と屋根、屋根と壁などの接合部が多くなるため、潜在的な雨漏りのリスクがあり、修理する際にも費用が嵩んでしまうのが特徴です。

玄関入母屋から雨漏りした室内の状況

玄関ホールの天井材に雨漏りしている常陸太田市の現場
天井材に雨漏りして隙間が開いている状態
こちらは、玄関ホールの天井へ雨漏りした跡です。
お客様にお話を伺うと、『数年前から雨漏りし始め、知り合いの職人さんが何度か修理してくれたが、雨漏りが止まらかった』との事です。
屋根からの雨漏り修理は、屋根業者に依頼するのが一番です!雨漏り箇所を特定する為、我々がしっかり調査させて頂きます。

屋根裏天井から確認します。

北側の天袋から屋根裏に登る準備をするスタッフ
天袋の天板を開ける調査スタッフ
当社では、雨漏り修理相談があった場合は、必ず二名体制で調査します。
1名は天井裏、もう1名は屋根から同時に調査を行う事により、より確実に雨漏り箇所を特定する事が出来ます。(この調査は無料で行っています。)
今回は天袋の天板が開いた北側の天袋をお借りして天井裏に登ります。

天井裏から見ると、自然光が射しているのが確認できます。

天袋の天板を開けた様子を撮影
屋根裏から雨漏りしている上部に自然光が射しているのが確認できる
屋根裏は、梁や柱があって玄関入母屋屋根下までは行くことができませんでしたが、雨漏り箇所の上部から自然光が射しているのが確認できます。
入母屋屋根は、通気の観点からこの様な隙間は存在しますが通常よりも開口が大きいように感じます。
浸水口として疑う箇所ではありますが、この段階では、まだ雨漏り浸水口の特定ではありません。次に屋根上からの調査に移ります。

玄関入母屋屋根を調査します。

玄関入母屋と上屋の緩衝部にライトを照射する
屋根からの雨漏り調査に使用する業務用ライト
先ずは、強い光で照射する業務用の照射ライトを使って調査です。
先程、屋根裏から自然光が射していた部分に、照射ライトを当ててみます。
屋根裏から『そこです!』と言うスタッフの声がしました。

雨漏り浸入口です。

雨漏り浸水口と緩衝する谷板金
鼻隠し板金と瓦の緩衝部の隙間
ここが雨漏り浸水口で、屋根が複雑に絡み合っているのが分かりますね。
また、雨漏り浸水口の横には、上屋から流れる雨水を流すための谷板金(谷樋)も絡んでおり、谷板金が歪み変形も発生しています。
複雑な場所での雨漏り修理です。この緩衝する谷板金にも手を加えなくてはなりません。

雨漏り浸入箇所に散水試験を行ってみます。

散水調査を行うために屋根上にホースを伸ばす調査スタッフ
雨漏り音が確認でき壁にも雨漏り染みが出た
最後に、念には念を期す為に散水試験を行います。
散水試験とは、実際にホースで水を掛け、疑似的に降雨を再現する物です。
先程発見した浸水口に散水を行うと、物の数秒で雨漏りの症状が現れました。
早急な対応が必要な状態です。社に戻り次第、見積書を作成させて頂きます。

まとめ

実際の雨漏り浸水口と補修されていた場所の位置関係
今回は『常陸太田市の雨漏り修理相談は玄関入母屋の壁の取合い部から浸水』と題しお伝えしてみましたが如何でしたでしょうか。
雨漏り修理は、雨漏りの浸水口の特定から始まり、特定してから雨漏り修理内容を精査するのが真の雨漏り修理です。
『雨漏りで困っている』『雨漏りが止まらない』など、屋根からの雨漏りで気に病むお客様は、ぜひ一度、街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
【茨城県全域統一料金】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の半分の板金が飛散してしまったひたちなか市の屋根

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、先月自然災害での火災保険申請を行い、保険会社さんから認めていただいた被害箇所である棟板金の交換を、ひたちなか市で行った様子です。加入されている火災保険の内容にもよりますが、台風...........

高所作業車を軒先まで伸ばしている様子

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。ひたちなか市のお客様から屋根のリフォームと外壁のリフォームの見積もり依頼があり、現地を状況確認した様子です。今回は、パラペット内に葺かれた片流れ瓦棒葺き屋根の調査の様子を重点的にお伝え...........

常陸大宮市のお客様の屋根材がずれています

常陸大宮市のお客様より「瓦に隙間があるので見てください」とのご依頼を頂きましたので、無料調査にお伺い致しました。今までの事例から考え、瓦のズレ等は地震の影響や台風の影響を受けて起こる事が多く、屋根の上で起きている事なので、気づくのも時間が経...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391