オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
オンライン相談の詳細ページへ

鹿嶋市の瓦屋根、経年と風雨による棟の漆喰破損と葺き土の崩れを調査


茨城県鹿嶋市のお客様より「屋根から漆喰や土のようなものが落ちてくる」とご連絡をいただきました。
数日に渡り雨が降り続いた後、風が強くよく晴れた日に奥様が2階のベランダで洗濯物を干していると、1階の屋根に白っぽいセメントのような欠片や土の塊がいくつも落ちていたそうです。
以前より屋根の漆喰がもろくなっていると指摘を受けていたため心配になり、どのような状態になっているのか調べてほしいとのご依頼でした。
棟漆喰剥がれ
棟漆喰が完全に剥がれた部分が至る所にあり、中の葺き土が露出しています。
大棟の葺き土
冠瓦が浮き、剥離した漆喰が大小の欠片となって屋根に点在しています。
まず最初に大棟の調査を行いました。大棟とは勾配のついた屋根の最も高い部分を言います。
いくつかある棟の中でも屋根の頂上部分にある水平な棟を指し、陸棟とも呼ばれています。

お客様のご心配通り、大棟の漆喰が大きく剥がれてしまい、露出した中の葺き土もぱらぱらと崩れていました。
辛うじて破損を免れている漆喰もかなりもろくなっており、いつ剥離するか分からない状態です。
大棟より斜め方向に下がっている隅棟も同様の破損状況でした。
隅棟の漆喰剥がれ
隅棟も漆喰が剥がれ、乾燥した葺き土がむき出しになっています。
隅棟の漆喰破損
隅棟の下方部分も漆喰の剥離やひび割れが見られ破損が広がっています。
鬼瓦の漆喰破損
深刻だったのは鬼瓦です。劣化して剥がれた漆喰が大きな塊となって今にも落下しそうです。
鬼瓦の葺き土
こちらの鬼瓦はすでに漆喰がなくなり、指で少し触れただけでも葺き土が細かく崩れました。
鬼瓦は「雨仕舞い」という大切な役割があります。
「雨仕舞い」とは家屋に雨水が入らないようにする構造や設置等の仕組みを指します。
棟のなかには土(葺き土)は入っており、両端から蓋をすることにより雨水の侵入を防ぐのです。

棟や鬼瓦は漆喰で固定されているため、漆喰の劣化や欠落等が起こってくると瓦浮きが生じて、雨漏りの原因を作ってしまうことになります。
強化棟と熨斗瓦
以前は熨斗瓦を2段3段と積んで棟を高くする家が主流でしたが、最近は支持金具を使用して下地と瓦を固定する「強化棟」が増えてきました。
地震や台風に強く風の影響を受けることが少ない上、下地が強くなり屋根が長持ちすることが理由でしょう。ただし鬼瓦が付けられないため、こだわりのある方は選択が難しいかもしれません。

お客様の隣のお宅がちょうど強化棟でしたので、手前のお客様の棟と比較できるように撮影してみました。
屋根に漆喰が落下
屋根を重点的に調査しましたが、実は雨樋にもかなりの量の漆喰や葺き土が溜まっていました。
雨樋に漆喰の欠片
比較的影響が少ないと見ていたところにも、最近剥離したと思われる漆喰が落ちていました。
雨樋が詰まってしまうと、十分な役割を果たすことができなくなります。
雨水を受けることができずに外壁が汚れたり濡れやすくなり、特に築年数が経っている建物は小さなひび割れから内部へ水がしみ込んでしまうケースも考えられるのです。

漆喰の劣化は予想以上だったため、雨樋の交換を含めた早目の補修工事をご提案しました。
棟瓦をすべて撤去し棟を作り直す方法と、新たに強化棟に作り替える方法の2通りの見積書をお出しする予定です。
ご主人は比較的雨が少ない冬場に工事を済ませたいと希望しておられますので、お話し合いを重ね早急に対応していきたいと思います。

漆喰は葺き土を雨から守り、瓦を繋ぎ合わせる重要なものです。
使用している部分が少ないからか、ついついメンテナンスを後回しにしまいがちですが、心配のない快適な暮らしを送るためにも15年~20年で補修を行うことが望ましいのです。
二次災害を防ぐためにも、また余計なコストをかけないためにも、適切なメンテナンスは大事ですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で大棟熨斗瓦(のしがわら)脱落による強化棟七寸丸へ変更

9741468289689
9741466711581
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦
築年数
48年
建坪
8m
保証
1年
工事費用
13.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

風切丸で覆う袖瓦と桟瓦部分を画像で解説

龍ヶ崎市の現場も4日目に入りました。今日は、入母屋の風切丸瓦(袖瓦と桟瓦を覆う丸瓦)取り直し工事の様子をお届けいたします。※風切丸瓦の場所は次の画像をご覧ください。

倉庫全景画像

東海村のお客様よりお電話頂きまして「倉庫屋根のグシ(棟)が崩れているので見て下さい。瓦はセメント瓦で築50年ぐらいたっています。」翌日の午後でしたらお客様が都合良いそうなので、スケジュールを調整しお伺いすることになりました。セメント瓦は現在...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391