オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市で太陽光設置のパミール屋根材にカバー工法で見積り


茨城県ひたちなか市の皆さん、こんにちは!今回のお問い合せは、ひたちなか市在住のお客様よりニチハのスレート材パミール屋根材のカバー工法お見積もり依頼です。
パミールといえばサイディングの一流メーカーのニチハさんから販売されたスレート屋根材で、ノンアスベスト屋根材の先駆けとして販売された屋根材です。
しかし、施工後数年で「層間剥離」や、「釘の腐食」といった不具合報告が消費者より相次いだ屋根材で、パミール屋根材がズレ落ちて落下する事例も報告されました。

現場調査開始です!

ひたちなか市でニチハパミールのカバー工法見積り依頼です
お客様のお宅に到着し、ヒアリングを致しました。
4月13日の強風(水戸市は最大瞬間風速29.6m/sでした。)でパミール屋根材が2.3枚落ちてきたそうで、たまたま外に出ていたご主人様が目撃。
落下した屋根材がご主人様に当たらなかくて本当に良かったです。
ひたちなか市でパミール屋根材のカバー工法をするのに屋根を確認したらパミールが差し替わっていました
ひたちなか市で元々太陽光パネルの下に隠れていたパミール屋根材は傷みが少なかったようです
4月13日の強風被害は、茨城県内から沢山のお問い合せがを頂いております。
今回のひたちなか市のパミール屋根材は、層間剥離現象も出てしまっているそうなのでパミール屋根材の下地である野地板の状態が気になります。
今回のご依頼は、ガルバリウムカバー工法なので小屋裏から屋根下地の状況も確認していきました。

小屋裏から既存の下地調査

ひたちなか市でカバー工法行う前の小屋裏調査
ひたちなか市でカバー工法行う前の小屋裏調査で下地材の異常はありませんでした

カバー工法なのになぜ小屋裏を確認するの?と聞かれますが、屋根カバー工法には2パターンの工事方法がございます

①直接下葺き材葺き張りカバー工法

パミール屋根の上に防水シートと新しい屋根材を重ね張りする工事方法です。
防水シートには田島ルーフィング社の「タディスセルフ」や「タディスセルフカバー」のように裏側が粘着層になっている粘着式下葺き材を使用します
剥離現象が起きているパミール屋根材に粘着式防水シートを貼る事で密着度を高め、タッカ(針の様な留め具)を使用する事もない為、パミール屋根材への負担も軽減できます。

②野地板増し張りカバー工法

パミール屋根の上に野地板(のじいた)とよばれる合板を張り、その上に下葺き材と新しい屋根材を張る工事方法です。しかし、新しく野地板を張る手間と材料費がかさむ為に、直接下葺き材を張るカバー工法と比べて工事金額が割高になり屋根重量も増します。
この方法はパミール屋根の損傷が激しい場合や、既存の下地で野地板にまで雨漏りしが及んでいる場合に適用します。野地板ごと屋根を交換したい場合には適した工事方法です。

太陽光設置屋根のパミール確認

ひたちなか市で層間剥離の症状が出ているニチハのパミール
ひたちなか市でニチハのパミールが強風で飛ばされ、交換していました
やはり層間剥離の症状が出ていました。ミルフィーユ状にパミールの層が剥がれてしまっています。層間剥離進むと釘頭の腐食もパミールでよくある不具合です。
パミールに使用されている留め釘は、釘頭が錆びて無くなってしまうことが確認されており釘が効かなくなったパミールはズレ落ちてしまいます。
これが釘の腐食です!こちらのひたちなか市の現場は層間剥離と両方の症状が出ていますので、今回ご依頼のパミールへのカバー工法で強い屋根に生まれ変わります。

設置年数が経っている太陽光の再設置リスク

ひたちなか市でパミールカバー工法の工事でお客様が太陽光再設置を望んでいます
ひたちなか市でパミールカバー工法の工事でお客様が太陽光再設置を望んでいますがリスクを伴います
お客様のご希望では、パミールにガルバリウムカバー工法を行い太陽光を再設置したいとの希望です。お客様の太陽光は設置されて20年以上が経過しております。再設置となると新規で太陽光設置するのと比べ労力は、2倍以上になってきます。
また、今まで長く通電していた太陽光パネルを切断し、再び太陽光設置すると通電不良や動作不良を起こす事例が数件あります。
経年した保証期間のすぎた太陽光パネルの再設置にはリスクが伴いますので、全てを考慮された上でお客様が判断する事になります。

金属屋根「横暖ルーフS」でご提案します

ひたちなか市でパミールをカバー工法を横暖ルーフで工事します
ひたちなか市でパミールをカバー工法を横暖ルーフで工事しますが、お客様のご希望に合わせお見積もりします
屋根材はお客様の希望により「横暖ルーフS」でお見積もり致します。
横暖ルーフSは金属系ガルバリウム屋根材ですので、屋根にかかる重みを軽減しメンテナンスサイクルの長い屋根材です。
耐久年数も長くメンテナンスコストを抑える事が出来る為、20年・30年単位のトータル費用でご選択されるお客様が多い屋根材です。

まとめ

お客様から外壁の塗装見積もりも同時に御依頼頂きました。
パミール屋根材へのカバー工法も外壁塗装も、足場を使う工事になりますので同時工事は足場費用の節約にもなりますね。
【お見積もり内容】
①ニチハのパミール材屋根カバー工法 横暖ルーフS使用
②太陽光の脱着工事
③外壁塗装工事
しっかりとしたお見積もりを作成致します!!
梅雨入り前・台風シーズンに向けてお家のお手入れしてみては如何でしょうか?
【茨城県内全域同一料金】
※パミール屋根材・屋根カバー工法・外壁塗装・太陽光発電に関する工事は
街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市ルーフィング破損雨漏りをガルバリウム金属屋根カバーで解消

屋根に荷物を揚げる職人
ガルバリユムカバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
足場
使用素材
横暖ルーフS(メーカー名:ニチハ)
築年数
築26年
建坪
26坪
保証
10年
工事費用
85.8万円
施工事例

水戸市でプレハブ小屋の凹み屋根に折板カバー工法工事

へこんだ折板屋根
折板屋根葺き替え
工事内容
屋根カバー工事
倉庫
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
15年
建坪
保証
1年
工事費用
165,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

ひたちなか市で142mの漆喰詰め直しと鬼巻き漆喰施工が完了

ひたちなか市の漆喰詰め直し施工前の大棟
ひたちなか市の現場で漆喰詰め直しが綺麗に完了した大棟
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰(白)
築年数
36年
建坪
屋根漆喰詰め直し116.2m 鬼漆喰(鬼巻き)18箇所 葺き止め漆喰25.9m
保証
3年間
工事費用
61.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

城里町のパミールへのカバー工法に使用するタディスセルフカバーの粘着度はどのぐらい?検証結果

茨城県の皆様こんにちは!街の屋根やさん水戸店です。城里町で本日よりニチハ社のパミール(スレート屋根材)へのガルバリウムカバー工法が始まります!防水シート(下葺材)に田島ルーフィング社の「タディスセルフカバー」という粘着式防水シートを使用しま...........

東茨城郡城里町の調査現場の風景

茨城県東茨城郡城里町のお客様より、ニチハ製パミール屋根材へのガルバリウムカバー工法の他社様との相見積もりのご依頼を頂きましたので現場調査にお伺いしました。屋根の葺き替えやカバー工法は、お客様は相応の出費になりますので相見積もりのご依頼は多く...........

スレートの屋根を東側から撮影

東海村のお客様から『台風19号で屋根が壊れてしまったので、この際、屋根を新調したいので相談したい』とのご連絡を頂きました。数ある屋根業者の中から当社を選んだいただき感謝いたします。既存スレート屋根材へガルバリウム金属屋根材を、被せ葺き(カバ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391