オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

桜川市での大型倉庫屋根メンテナンス方法は折板屋根カバー工法で


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
前回は、折板屋根のボルト部に下地金具のダンボ66を設置して折板屋根カバー工法の下準備をしましたが、本日は軒先W面戸設置と屋根材荷揚げの様子をお届け致します。
大型倉庫屋根の工事なので、一般住宅では見られない大型クレーン車を使用した迫力ある荷揚げの様子などをごらん頂けると思います。

大型倉庫屋根の軒先にW面戸(だぶるめんど)を設置します

桜川市の屋根カバー工法で使用する軒先W面戸
桜川市の屋根カバー工法で使用する軒先W面戸を設置しています
こちらの部材は、軒先に使用するW面戸という商品になります。
既存の折板屋根にこのW面戸を取付けていきますが、この商品の役割はカバー工法なので屋根と屋根の間に空間が生まれてしまいます。
この空間から、鳥や小動物などが入らないようにする為に設置致する部材です。
屋根の両側軒先に設置しますが、合計の長さが57mあるので根気がいる作業です。

折板屋根材の運搬と大型25tラフタークレーン

桜川市の屋根カバー工法で使用する折板屋根を積んできた大型トラック
桜川市の屋根カバー工法で使用する大型25tラフタークレーン
桜川市の大型倉庫に、折板屋根材を積んだ大型トラックと大型25tラフタークレーンが到着しました。
大型トラックが積んできた折板屋根材の長さは、約18mで枚数でいうと約100枚です。
また、大型25tラフタークレーンも大きいので迫力があります。
どのように折板屋根材を荷揚げしていくか楽しみですね~。

折板屋根材の荷揚げ

桜川市の屋根カバー工法で使用する折板屋根を玉掛している
桜川市の屋根カバー工法で使用する折板屋根をクレーンで吊っている場面
大型ラフタークレーンで屋根材の荷揚げが始まりました。
荷揚げ用帯で屋根材を巻いてクレーンで吊っていき、屋根の上に振り分けながら荷下ろしをしていきます。
折板屋根材自体の重みはそれ程ありませんが、長さがあるためにロープを屋根材に巻いて舵取りをしてバランスを取りなが誘導します。

クレーンオペレーターと屋根上職人を繋ぐのは無線

桜川市で大型クレーンで折板屋根を運んでいます
桜川市で大型クレーンで折板屋根を無線を使用しガイドする
大型クレーンオペレーターは、屋根上の状況を確認出来ませんので、屋根職人と無線にて状況を確認して折板屋根材の運搬を行なっていきます。
一昔前ならオペレーターの見える位置に人がいて、誘導してたのを思い出します。
効率良く荷下ろしが出来ていますので、あっという間に屋根材荷下ろし完了です。

荷揚げと平行して行なわれた棟包みの解体

桜川市で折板屋根の棟包み剥がし
桜川市で折板屋根の棟包み剥がし終えた画像
既存の棟包み(屋根の頂点部に付いている板金)を外し、姿を現したボルトにダンボ66を設置していきます。
棟包みを外してみると、他の場所と比べてボルト錆びついてはいませんが、念のため錆び取りブラシソケットを使用してねじ山をキレイにします。
キレイになったらダンボ66を付けて、折板屋根カバー工法の下準備完了です。

折板屋根カバー工事の下準備

桜川市で88折板屋根の画像
荷揚げが終わった折板屋根の画像ですが、写っている屋根材は裏側がアイボリー色で下地にウレタン断熱材が付いております。
お客様が選択された屋根色はグレー色ですので、既存の屋根色よりグレー色は日射反射率が良いので選択されたようです。
太陽光に含まれている近赤外領域の光を、高いレベルで反射することが日射反射率です。屋根面などの温度上昇を抑えることができるので、倉庫室内の温度上昇を抑制し、結果的に省エネもつなげることもできます。

倉庫屋根の水上立上レイシャウト加工

桜川市で88折板屋根に水上立げレイシャウト加工
折板屋根材の水上側に、水上立上レイシャウト(棟際に水が入らないように折り曲げ加工する事)を施し雨仕舞いを行ないます。
水上面戸(みずかみめんど)という、雨が入らないようにする為の部材を使う選択肢もありましたが、雨仕舞いを強固にする為にこの工法で行ないました。

折板屋根カバー工事の下準備は完了です。

桜川市で大型クレーンで折板屋根を運んでいる所
本日、桜川市で行なわれている大型倉庫の屋根カバー工事はここまでになりますが、明日からは屋根の取り付けの様子をブログでお届け致します。
雨漏りしないようにする為にはどうしたら良いのかを、現場調査時の段階で熟考し、最善策を導き出しての提案は我々屋根やさんの使命です。
今回の桜川市の現場屋根は、カバー工法完了後、他業者さんが入って太陽光発電を設置しますので、メンテナンススパンが長く取れるようにお客様にご提案しています。

まとめ

屋根の状況や屋根の劣化進行は一軒一軒異なります。お客様一人一人によって屋根工事のご提案は変わり、屋根工事方法も一つではありません。
『工場の折板屋根を補修したい』『倉庫の折板屋根を改修したい』等、大型屋根から小さな屋根工事まで可能なのが、街の屋根やさん水戸店です。
屋根工事・屋根カバー工法をお検討の皆様は、一度街の屋根やさん水戸店にご相談して頂ければと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

桜川市での倉庫屋根雨漏りは折板屋根カバー工事で解消されました

太陽光を設置する折板屋根の事前調査で中間ボルトが錆びている画像
桜川市の倉庫で折板屋根カバー工事が完了いたしました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
倉庫
使用素材
折板屋根ルーフデッキH88、ダンボ66、エスロンV300
築年数
25年
建坪
約300坪
保証
10年
工事費用
924万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

雨漏りしている室内天井画像をバックに雨漏り調査についてのタイトルバック

ひたちなか市の皆様へ、当店の雨漏り調査について解説して行きます。街の屋根やさん水戸店は、ひたちなか市を含む茨城県内全域で雨漏り調査を無料で行っており、毎年沢山のお客様から雨漏り調査の御依頼があります。雨漏りの発生原因で一番多いのは屋根の不具...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391