オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で屋根修理をご検討のお客様へ(4つの屋根修理法で解説)


水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回は、水戸市で屋根修理をご検討のお客様へ、屋根修理について解説してみます。

屋根の修理は、既存の屋根の状況による判断となる為、全ての屋根修理をお伝えする事は叶いませんが、今回は修理規模を4つに絞り込んで解説して行きますので、屋根修理を検討される際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

4つの屋根修理方法に分けて解説していきます

ケラバを折り水切り策を施しています
【4つの屋根修理方法に分けて解説して行きます。】

①軽微な屋根修理   ズレを修正・部分的な差替え・板金で塞ぐ・コーキング等
②部分交換の屋根修理 屋根の破損部等を部分的に交換する屋根修理
③中規模な屋根修理  既存の屋根材を再度使用して屋根下地を修理する屋根修理
④大規模な屋根修理  新しい屋根材を使用した屋根葺き替え工事・カバー工法等
屋根修理を規模に応じて分類し、屋根修理方法や凡その修理金額も記載していきます。

屋根修理方法や凡その修理金額

①軽微な屋根修理 
¥10,000~¥50,000(最も多い屋根修理料金帯)
②部分交換の屋根修理
¥35,000~¥200,000(最も多い屋根修理料金帯)
③中規模な屋根修理
¥200,000~¥500,000(最も多い屋根修理料金帯)
④大規模な屋根修理
¥700,000~¥1,500,000(最も多い屋根修理料金帯)

①軽微な屋根修理

ケラバ板金の先端から雨水が浸水している事を確認
スレート屋根の板金部からの雨漏り
屋根裏から雨漏りの状態を確認すると広範囲の雨染みを確認
天井裏から見る雨漏りの様子
①軽微な屋根修理事例部分的な応急処置)
スレート屋根の棟板金部とケラバ板金部が緩衝する所からの雨漏りでした。雨漏りはだいぶ前から起きており、コーキングでの補修痕があります。

補修がピンポイントでないようなので、今も雨漏りが起きていました。雨漏りは天井裏と屋根とで確認しなくては、特定が難しくなっています。
お客様と相談し、コーキング処理とブルーシートの軽微な屋根修理となりました。

屋根修理はコーキング処理とブルーシートにて

ヘラを使用してコーキングを奥まで詰める作業
コーキングで雨の浸入口を塞ぎます
雨漏り部をブルーシートで養生し土嚢をロープでくくる
ブルーシートで養生しました
こちらの屋根修理は、コーキング処理とブルーシートで行いました。
ブルーシートは太陽光や雨風の影響で2~3ヶ月程度で劣化しますので、一時凌ぎになります。その後は適切な方法で屋根修理をする事をお勧め致します。

こちらの事例は、コーキング処理で雨仕舞いをしましたが、軽微な屋根修理は他にもございます。板金を使用しての雨仕舞いや、屋根材の部分的な差し替えなど様々です。
屋根材や状況により、屋根修理方法も変わりますので屋根業者に相談しましょう。

②部分交換の屋根修理 

棟板金に錆による穴あきを確認
スレート屋根の棟板金不具合
水戸市の現場の棟板金は裏側にまで錆が広がっている
棟板金下地の貫板腐食
②部分交換の屋根修理事例(スレート屋根の棟板金交換)
スレート屋根の棟や降り棟に設置されています。棟板金には錆による穴あきが発生しており、棟板金を留めている釘のほとんどがこの様に抜け掛かっている状態でした。

棟板金を捲り上げると、棟板金の裏地にまで錆が出ています。錆びは、発生すると止まる事を知らず広がってしまう厄介な物質です。交換にて対策を致します。

部分的な屋根修理は棟板金の交換

棟の下地である貫板を樹脂製貫板に変更した様子
棟板金の下地は樹脂製のタフモック
IMG_2071-columns2
棟板金と併せて交換されたスレート材
こちらの部分交換の屋根修理は、棟板金の交換とスレート材の差し替えを行いました。棟板金の下地には、樹脂製の腐食が起こらないタフモックを使用しているので、台風シーズンでも安心できます。割れが発生してたスレート材も部分交換致しました。

部分的な屋根修理は、屋根材に限らず行う事が出来ます。破損状態の放置は、屋根が重症化する恐れがありますので、早めに対策しましょう。

③中規模な屋根修理

天井材を撤去すると屋根部から光が見える
下地から漏れる光(雨漏り原因)
和瓦を葺き直している二人の職人
屋根修理は瓦の葺き直し工事
③中規模な屋根修理事例(雨漏り修理で行った屋根の葺き直し)
築43年の住宅は、防水シートに割れや亀裂があり、雨漏りが起こっていました。防水シートの寿命は長い物で20年なので、雨漏りも仕方なく感じます。

葺き直しは、既存の屋根材を再利用し行われる工事です。下地(防水シートや野地板)を交換し、雨漏対策として行われます。

防水シートを交換し行った屋根修理

瓦屋根の部分葺き直し作業中の職人
防水シートを交換しました
葺き直しの下地工事が終わり既存の瓦を葺き直す職人
瓦を戻し葺き直しが完了します
今回の屋根修理は、防水シートから交換をして葺き直し工事が行われた事例です。
下地の野地板には傷みがありませんので交換は行いませんでした。葺き直しも、下地の状況を確認し行われてきますので、物件ごとに施工内容も変わってきます。

金属屋根やスレート屋根は、今回のような既存屋根材を使用して行う葺き直し工事はできません。葺き直しは瓦屋根特有の屋根修理方法となります。

④大規模な屋根修理

細かいウロコ状のスリットの入った結城市の現場のアーバニー屋根材
剥がれ落ちているスレート材「アーバニー」
棟板金の全ての撤去が完了した結城市内の屋根
棟の解体が進むスレート屋根
④大規模な屋根修理事例スレート屋根へのカバー工法)
カラーベスト「アーバニー」という細かいウロコ状スリットが入ったスレート屋根材で、剥がれ落ちていく報告が多い商品です。

このアーバニーは、お手入れ時期がかなり経過しており、剥がれや苔が多く発生し屋根塗装では対応できないほどの劣化症状がみられました。
その為、既存屋根材の解体や処分が無いカバー工法にて施工しました。

粘着式防水シートを使用して密着性と防水性を高めます。

雪山のように見える防水シートを貼り終えた結城市内の屋根
粘着式防水シートが貼られたスレート屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
カバー工法で金属屋根に生まれ変わりました
存屋根材との密着性を高める為、粘着式防水シートを使用しました。
粘着面のフィルムを剥がしながらの施工は通常よりも一手間多くなり時間もかかりますが、この一手間が防水性も高め、強い屋根にすることができます。

大規模な屋根修理は他に、屋根の葺き替えといった屋根材を新しい物に交換する工事もあります。屋根材によって屋根工事方法は変わる為、屋根修理をご検討のお客様はお気軽にご相談下さい。

屋根修理のまとめ

棟にまたがり抜けている留め具である釘を叩いているスタッフ
今回は、4つの屋根修理方法を解説してみましたが、この4例以外にも沢山の修理方法が存在するのが屋根修理です。
どんな屋根修理法が最適なのか?お客様の御要望をお聞きした上で屋根調査をさせて頂きます。
屋根の不具合は雨漏りに直結してしまう症状です。屋根に不具合を感じたら、一度、街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

茶錆が出ているパミール屋根
ガルバリウム鋼板のカバー工法で施工したひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の瓦屋根修繕工事が完了!もう雨漏りの心配はいりません

15
16
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・ガルバリウム製谷板金・谷シーラー・その他
築年数
45年
建坪
保証
3年
工事費用
67.1万円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム依頼のあった調査対象屋根のパミール

今回は、筑西市のお客様からの屋根リフォーム見積り依頼です。筑西市の現場屋根材は、調査の結果、塗装できないニチハ社製のパミールと言う平板スレート材である事が判明しました。屋根材や屋根下地によっても施工法が異なるのが屋根リフォームです。詳しく解...........

腰葺き屋根銅板葺き替え工事

常陸太田市で屋根工事をご検討のお客様へ、今回は屋根修理関連の施工事例をご紹介させていただきます。ここ半年ほど、常陸太田市にお住いの方より屋根に関するご相談が増えてまいりました。ご参考になればと思い、施工前と施工後の比較と気になる料金も併せて...........

棟板金の釘が抜けて変形している

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のひたちなか市の現場は雨樋交換の現場ですが、私達が気になったのはご契約内容には無い屋根の棟板金の釘浮きです。屋根業者として見て見ぬふりは出来ません。お客様に事前に了解をいただき、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391