オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

稲敷郡で屋根工事後一か月で雨漏りが再発したとの御相談


稲敷郡の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今回は、他業者での屋根工事後一か月で雨漏りが再発したとの御相談です。

稲敷郡のお客様からのお問い合わせ内容です。
昨年末に他業者さんで瓦屋根からアスファルトシングルに葺き替え工事を行ったが
施行後一か月で雨漏りが再発し、施工業者に『施工は問題ない』と言われ困って
いる。本格的に調査をするか?カバー工法等で対応するか?を相談したい。
と街の屋根やさんに御相談頂きました。

お客様へヒアリング

屋根工事後一か月で雨漏りが再発生した稲敷郡の屋根
先ずは、稲敷郡のお客様へ現況をヒアリングさせて頂きました。

元々雨漏りしていた瓦屋根に『葺き替えを行う事で雨漏りが止まる』と業者に
言われ、アスファルトシングルで屋根葺き替え工事を行いました。
(屋根葺き替え工事金額と聞くと、当店の3倍以上の施工金額( ゚Д゚))

屋根工事後、約1ヵ月で雨漏りが再発し、今まで漏れていない箇所からも
雨漏りが発生するようになってしまった。

天井には、広範囲に雨漏りの痕跡が残る
他業者の対応

施工店の対応・・施工上問題ないのでこれ以上の対応は出来ない
他業者A・・施工不良じゃないですか?(カバー工法で見積り提出)
他業者B・・施工の問題だと思います(カバー工法で見積り提出)

3社の対応に満足いかなかったお客様は、インターネットで検索し街の屋根やさんへ
ご相談頂きました!無料調査ではありますが私と社長の二人で伺いました。

雨漏り調査を開始します

調査前の天井を遠赤外線サーモグラフィーで見た様子
雨漏りの原因を特定するため
赤外線サーモグラフィーを使用します。

この赤外線サーモグラフィーは、
温度を感知してくれ、温度の変化によって色で識別してくれる優れものです。

他業者さんがどこまでの調査を行って施工上の問題だと言い放ったかは分かりませんが、4社目に指名された経緯もあるので、今日は文明の利器も使用しますヽ(^o^)丿

今回の調査内容
①屋根上での施工状況確認
②怪しい部分への散水試験
(ホースを伸ばし水を掛ける調査)
③赤外線サーモグラフィー調査
雨漏りしている上部にあたる屋根
雨漏りしている上部の屋根
アスファルトシングル葺きの屋根に設置された谷板金と水切り板金
複雑ですが、正常に施工されています
屋根の凹凸部や緩衝部は雨漏りリスクが高くなります

私達が雨漏り調査を行う際に、真っ先に疑うのが屋根の凹凸部や緩衝部です。
この画像で分かり易く解説すると、アスファルトシングル材が葺かれている屋根面
よりも、板金が施工されている部分や緩衝部の方が雨漏りリスクが高くなります。

実際に屋根に登って調査をしましたが、施工上の問題は見当たりません。
次は、怪しい部分への散水調査に移ります。

お客様が疑っていた谷板金と水切り板金部へ散水調査を開始
散水調査箇所目
屋根と立ち上がり漆喰部へ散水を行う
散水調査箇所目
本格的な散水調査には時間が掛ります(半日や一日、数日掛かる事もあります)

散水調査を開始しましたが、無料調査の範囲内(約1時間)で行いたかったため、
一か所に付き10分間での散水ですが、雨漏り染みから想定するに、その時間でも
雨漏り浸入箇所にピンポイントにあたれば出ると言う、経験上の判断ですヽ(^o^)丿

一か所目はお客様が最も怪しんでいた場所へ10分間の散水。
二か所目は少しづらした場所への散水を10分間行いました。

遠赤外線サーモグラフィーには変化が起きていない
各10分ずつ散水を行いましたが、反応は出ていません。

屋根下地の施工画像を見せて頂いた限りは、屋根材が葺かれた平部での
浸水は考えにくいと判断しています。

雨漏り染みのある天井からは少しズレますが、雨水は伝ってくるものです。
到着時に、私達が怪しんでいた場所へ散水を開始してみます。

雨漏りの原因浸水口を特定

屋根の化粧くぼみ部分へ散水を行う
調査員が怪しんだ箇所へ散水
河内町の雨漏り原因の浸水口
雨漏りの原因箇所です
一生懸命になりすぎて、肝心な散水画像がありませんが・・(;^ω^)

この箇所が、雨漏り原因の浸水箇所です。
この箇所は屋根とは関係のない外壁との立上りの化粧垂木の緩衝部分です。

赤外線サーモグラフィーに雨漏りの反応が出た
赤外線サーモグラフィーでの映像です。

青くなっているのが、雨漏りしている部分で、温度が19℃と示されています。
正常時は24℃だったため、水の浸水で5℃下がっているのが分かります。

ここまでの作業で約1時間!無料調査内で原因が判明して本当に良かったです。
商売にはなりませんでしたが、長くやっていればそんな事もあります(^^♪

調査からの当店の見解

縁側の廊下天井に残る雨漏り跡
屋根工事の必要はありません。

屋根工事は必要ありませんが、外壁と化粧垂木の取り合いへのお手入れは必要です。

調査をしたのか否かは分かりませんが、『施工不良』を名目に屋根葺き替え後一か月
の屋根に、カバー工法を提案するのは如何なものかと私は思います。

屋根工事は、不具合の原因究明が最優先です。
ご覧の皆様も、今回の事例を参考にして頂き、必要のある工事を行って下さい。

まとめ

街の屋根やさん水戸店は、原因を追究した上で御提案します。

お客様から沢山の御依頼を頂きますが、雨漏りや難しい案件は必ず役職者が
責任をもって対応させて頂きます。

屋根工事前に適切な調査を行う事で、不具合の再発を防止し必要以上の出費を
抑える事にも繋がります。当店の無料調査を上手く活用して下さいねヽ(^o^)丿

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査を行う、結城市の貸テナント

結城市の皆さんこんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は結城市のテナントのオーナー様からのご依頼で雨漏り調査を行いました。梅雨の時期に入る前に何とか雨漏り対策は済ませておきたいものですね!

化粧棟の曲がり?崩れ??

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回のお問い合せは常陸太田市のお客様より、『棟の瓦がずれてるんだよね~。一度無料調査で見て頂きたいんですけど、大丈夫ですか?』もちろん大丈夫です!これからは梅雨や台風シーズンの季節がやってきますので、早...........

飲食店店舗内の天井の雨漏り状況

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、水戸市内のテナント飲食店店舗様で雨漏り調査を行ってきました。最近は毎週末雨模様の空で、今週末は『春の嵐』になるのではないか?との予報!飲食店の店舗様なので早めに改善したい所ですね。先ずは原因を調...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391