オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市での三階建て屋根塗装は暑さ対策にもなる遮熱塗料仕上げ


工事のきっかけ

強風が吹き荒れた4月の春の嵐の際に、三階の屋根から異音がしたとお問い合わせを頂き、調査させて頂きました。調査時にスレート屋根材破損と棟板金の腐食や釘抜けが確認できたので、お客様とお話をさせて頂き火災保険の自然災害申請を行いました。申請の結果、足場の費用も認められたので、屋根の傷みも激しい事から、屋根を補修しながらの屋根塗装を行う事になりました。

水戸市 棟板金交換,屋根塗装,足場 仮設足場385㎡ 飛散防止用メッシュシート

ビフォーアフター

before
屋根部分補修が完了した水戸市内の屋根
horizontal
after
水戸市の三階建て屋根塗装が完了

工事基本情報

施工内容
棟板金交換,屋根塗装,足場
施工期間
14日間(実働8日間)
使用材料
エスケーマイルドシーラーEPO、遮熱塗料クールタイトSi、樹脂製貫板タフモック、ガルバリウム製棟板金、ケイミューコロニアルクヮッド
施工内容その他
仮設足場385㎡ 飛散防止用メッシュシート
築年数
18年
保証年数
塗膜保証10年
工事費用
71.5万円
建坪
約48坪
ハウスメーカー
パナホーム

水戸市での三階建て化粧スレート屋根塗装の施工工程をご紹介します

水戸市での三階建ての化粧スレート屋根塗装が完成しました。
梅雨入りのよる天候不順で工期スケジュールが伸び、足場施工から屋根塗装完了まで2週間の工期となりました。
仮設足場設置から上塗り完了までを、工程毎の画像と共にわかり易く解説し、ワンポイントアドバイスも記載していきますので、最後までご覧くださいませ。

現場調査時の屋根の状態

施工前の水戸市内の化粧スレート屋根

水戸市の屋根塗装工事内容と工程

【水戸市の屋根塗装工事内容と工程】
工程1 385㎡の仮設足場
工程2 棟板金と貫板を交換(ガルバリウム鋼板製棟板金、樹脂製貫板)
工程3 割れのある棟際の化粧スレート屋根材の部分差し替え
工程4 屋根洗浄(高圧洗浄を弱めに)、ひび割れ補修
工程5 屋根塗装下塗り
工程6 屋根塗装中塗り
工程7 屋根塗装上塗り

水戸市の屋根塗装に使用する塗料

水戸の現場で使用する下塗り材のマイルドシーラーEPO
水戸市の現場で使用する屋根用遮熱塗料クールタイトSi
今回、三階建てのスレート屋根塗装には、劣化で弱まった屋根下地を補強する為にエポキシ樹脂系下塗り材のマイルドシーラーEPOを使用しました。
☆屋根材と塗料基剤を密着させる為の下塗り材ですが、屋根材の状態によっても変化するので、しっかり選ばなくてはいけないのが下塗り材です。
更に、日差しに近い三階建て住宅なので、中塗り上塗り工程には遮熱用塗料クールタイトSiを採用し、太陽光からの近赤外線を反射させる暑さ対策も行います。

工程1、385㎡の仮設足場

水戸市の3階建て住宅に足場を組む2人の職人
三階建て住宅に2名の職人が一日かけて足場を架設しました。この画像は、隣人様に屋根洗浄時の飛散や塗料の飛散を防止する為の養生ネットをかけている画像です。
当社は、足場費用と飛散防止用ネットを別々に見積書に記載いたしますが、業者さんによっては合算で組み込まれているケースがあるのが養生ネットなので確認が必要です。
☆また、三階建て住宅は二階建て住宅と比べ、足場の荷揚げも困難となり2階以上の高所作業となる為、足場単価が割増しになる事も付け加えておきます。

工程2、塗根板金と貫板の交換

水戸市の現場で交換する棟板金
棟板金を捲り上げると貫板が見えてきた
水戸市の現場の棟板金は裏側にまで錆が広がっている
水戸市の現場の貫板は腐食を起こし留め具であるビスもボロボロ
こちらの画像が、交換前の棟板金と下地である貫板の状態です。
強風や台風時に飛散被害が多発する棟板金は、板金内部に貫板と言う下地が入っており、板金を被せて下地の貫板に留め打ちして固定しています。
☆貫板の多くは木材を使用した貫板である為、水を吸収してしまった貫板は固定力を失い棟板金の飛散に繋がりますので、強風雨時の化粧スレート屋根は注意が必要です。
棟際のコロニアルを張替え棟下地の貫板に樹脂製貫板を採用
部分的なコロニアル張替えが完了した屋根
棟板金の下地である貫板には、木製貫板と比べて腐食しにくい樹脂製タフモックに交換しました。また、棟板金にはガルバリウム鋼板製貫板を使用し、シーリングパッキン付きのスクリュービスで留める事により従来の釘止めよりも固定力と防水性を高めます。
☆近隣の住宅よりも高い三階建て住宅の屋根は風よけがなく、風速も二階建て屋根に比べて風速を強く感じます。棟のメンテナンスは屋根塗装時に同時に行う事がベストですね。

工程3、割れのある棟際の化粧スレート屋根材を部分差替え

水戸市で交換する棟板金と棟際で割れているコロニアル屋根材
棟際に新しいコロニアルを葺く職人
水戸市の化粧スレートと屋根には、破損やヒビ割れが方々に見られました。
棟板金の交換も行った際、棟際に近い化粧スレート屋根材は、下地を傷つける事なく化粧スレート屋根材の差替え行う事が出来ます。
☆屋根塗装で屋根の劣化症状は改善しないので、棟際の破損している化粧スレートのみを部分的に差し替えました。
水戸の3階建て住宅の屋根に使用するコロニアルクァッド
屋根部分補修が完了した水戸市内の屋根
今回、新しく差替えを行った屋根材には、ケイミューさんの化粧スレート材であるコロニアルクァッドを2束分(1束8枚×2=16枚)用意しました。
☆屋根の不具合は凹凸部に多く現れますので、棟際の化粧スレートの部分差替えで今まで以上に強い屋根になってくれればと思います。

工程4、屋根洗浄

水戸市でスレートに高圧洗浄を行う職人
屋根に高圧洗浄を行いながら雨樋にも洗浄をかける
屋根洗浄を行います。
屋根洗浄は、屋根の汚れや苔等を落とし必要のない古い塗膜を剥がす作業です。
通常、塗装洗浄の吐出圧力は100~150kgf/㎡で行いますが、水戸市の現場の化粧スレート屋根は劣化が激しい為、圧力を調整しながら洗浄を行いました。
☆屋根洗浄は高圧であれば良いのではなく、屋根の状態によって調整する事が必要です。
洗浄後にひび割れたスレートにコーキングを施す職人
下処理でひび割れたスレートにコーキングした屋根
化粧スレート屋根材は、セメントに繊維素材を混ぜて薄い板状に加工した物です。
こちらの水戸市の化粧スレートは欠けや微細なヒビも確認できたので、下塗り前にコーキングにて処理しました。
下処理はしっかり行ったので、これでようやく屋根塗装下塗りに入れます。

工程5、屋根塗装下塗り

棟際の接合部を刷毛で下塗りを塗布する職人
新しく交換した棟板金にシーラーを塗布する職人
それでは屋根塗装の下塗り工程に入ります。
下塗りは、屋根部と新しく塗布する塗料とを密着させる為の云わば接着剤の役割を果たしてくれます。
☆下塗りのムラや塗装メーカーが推奨している塗る量を守らず薄くするなどの手抜き施工を行うと、中塗りと上塗り塗料の剥離にも繋がりますので、この工程は技術と信用が浮き彫りになる工程です。
屋根の半分にシーラーを塗布した画像
水戸市で屋根塗装施工中の現場は下塗り工程まで完了
しっかり屋根材に密着塗布され綺麗に塗れていますね。
あとは規定時間以上乾燥させる事が大切です。
乾燥時間を守らないと塗料の性能を最大限に発揮できなくなりますので、当日は下塗り作業を完了させ現場を引き上げました。
☆塗装は規定を守りながらしっかり施工する事が最も大切な事ですので、工期が早すぎる塗装工事には注意しましょう。

工程6、屋根塗装中塗り

水戸市の現場で使用する屋根用遮熱塗料クールタイトSi
煙突の凹凸部に刷毛で塗り込む職人
換気用煙突にローラーで遮熱塗料を塗布する職人
下塗りを十分乾燥させ、中塗り工程に入ります。
中塗りと上塗りには、屋根用遮熱塗料クールタイトSiを使用します。
この画像は、パナホーム住宅さんで良く見かける換気用煙突部に中塗りしている場面ですが、凹みの中の部分には刷毛を使用して凹みの中まで塗り込みます。
更に、平面部はローラーに持ち換えてしっかり密着させることにより、凹凸部にもムラのない出来栄えになります。
屋根の半分にシーラーを塗布した画像

工程7、屋根塗装上塗り

換気煙突へ遮熱塗料の上塗りを行う職人
刷毛を使用し細部にまで塗布を行う職人
仕上げの上塗り作業に入りました。
☆屋根塗装や外壁塗装は、下塗り1工程と仕上げ塗り(今回は遮熱塗料クールタイトSi)2工程の計3工程で行うのが基本です。
遮熱塗料クールタイトSiを屋根に上塗りする職人
軒先部分に刷毛を使用して細かく塗布する職人
では、なぜ同じ仕上げ材塗りを2工程行うのか・・?
それは、塗りムラを許さない為の作業です。均一に塗る事やムラなく塗る事は、とても技術の要求される作業で、熟練の塗装職人たりとて万が一の塗りムラが出てしまう可能性は0ではありません。
遮熱塗料を塗布した屋根の差し棟
下塗りで工程でも書きましたが、塗りムラは剥離にもつながります。
以前、他の現場のお客様より『下塗り1階と上塗り1回で良いので安くして欲しい』とのお話を頂きましたが、お受けできないとお話をしました。
最終的には3工程で施工させて頂き、お客様にも満足いただきましたが、リフォームには工法や工法、守らなくてはいけない基準がありますのでご覧の皆様もご理解いただければと思います。

お客様担当者による最終チェツク(店長チェック)

屋根塗装が完了し最終チェツクを行うヘルメットを被ったスタッフ
水戸市での屋根塗装が完了し、お客様担当者による最終チェックを行います。
お客様とのお約束通りに施工されているを厳しくチェツク。
無事、最終チェツクも合格し屋根塗装工事が完了です。

三階建て屋根塗装が完了です

遮熱塗料クールタイトを塗装した化粧スレート
お客様にも、画像と動画で確認していただき、とても満足いただけました。
これから梅雨が明ければ夏本番で、暑さ対策にもなる遮熱塗料の本領発揮です。
出来栄えもさることながら、昨年の夏場との違いを実体験して頂ければ、更に満足度も倍増する事でしょう^^
秋に屋根の状態を確認にきますので、実体験した感想をお聞かせ願えれば幸いです。

【工事完了後】

遮熱塗料を塗布し見事な出来栄えの水戸市内の屋根
今回は水戸市での屋根塗装を報告してみましたが如何でしたでしょうか。

屋根塗装は、ただ塗れば良いと言う物ではなく、屋根の状態を見極めた上での施工が必要です。

屋根を知り尽くした街の屋根やさんだからこその屋根塗装!ぜひ皆様のご検討材料の一つにし考えて見て下さい。
皆様からのご相談、スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心

日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
築年数
40年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
12.7万円
施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

ひたちなか市の調査対象の屋根

ひたちなか市のお客様からの屋根工事依頼です。台風9号や、これから日本に上陸してくると言われている台風10号は、とても勢力が強く警戒が必要なレベルです。屋根は、雨漏りに直結するだけではなく屋根材が飛ばされ、近隣家屋や車両などに被害が広がるケー...........

棟の調査を行う水戸市内の大きな屋根

水戸市内の塗装工事中の現場から『塗装足場を掛けたら屋根の棟板金が破損していたのですが、火災保険の申請は出来ますか?』との御相談です。風災、台風、雪災、降雹などで家屋に損傷をきたした際に、手厚く保証されている事の多い火災保険ですが、申請するあ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391