オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!


工事のきっかけ

数年前から玄関に雨漏りしており、地元の職人さんに何度か見てもらったが雨漏りが止まりません。
孫娘がインターネットで検索してくれて、『街の屋根やさん水戸店さん』に相談してみると、無料調査なのに二人のスタッフさんが、屋根裏の調査や水を掛けた調査までしてくれて、とても良い対応をしてくれたので、工事もお願いしました。

常陸太田市 屋根補修工事,雨漏り修理,その他の工事 壁捨て水切り板金

ビフォーアフター

before
雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
horizontal
after
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨漏り修理,その他の工事
施工期間
2日間
使用材料
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
施工内容その他
壁捨て水切り板金
築年数
築40年程
保証年数
1年
工事費用
18.7万円
建坪
ハウスメーカー
before1
雨漏り原因である鼻隠し板金と瓦の緩衝部の隙間
こんな小さな隙間から雨水が浸水し、雨漏りが発生!!
horizontal
after1
鼻隠しの銅板を外して壁捨て水切り板金を施工

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了しましたのでご報告です。

今回の常陸太田市での雨漏り改修工事は、入母屋玄関の壁際からの雨漏りで、壁捨て水切り板金や谷板金も緩衝している厄介な場所からの雨漏り改修工事です。

屋根からの雨漏り改修工事は、雨水の流れを計算した上での施工が大切です。
画像を元に、施工状況も分かり易く解説して行こうと思いますので、入母屋玄関から雨漏りがあるお客様は、ぜひ参考にしてみて下さい。

雨漏り調査の様子

屋根に登り散水をして雨漏り試験を行うスタッフ
雨漏りテストで水染みが出てきた玄関ホールの壁
しっかりした雨漏り改修工事を行うには、徹底した雨漏り原因調査が必要です。

外からの調査は雨漏りしている上部の屋根に登り、疑似的に雨が降っている状態を再現する為に、屋根の部位毎に散水を行い雨漏り箇所を追究していきます。

雨漏り原因調査は天井裏の調査も実施します

天袋の天板を開けて業務用ライトで屋根裏を見るスタッフ
天井裏にライトを照射して雨漏り浸水口を捜索
同時に、天井裏から屋根の下地の状態や、外光が射していないか?雨染みが出てこないかを確認していきます。
初動調査は無料で行っていますが、街の屋根やさん水戸店の屋根からの雨漏り調査は必ず2名体制で行い、室内と外屋根から同時に行う雨漏り調査を実施しています。

ここまで徹底した雨漏り調査は時間の掛かる調査ですが、金額の問題ではなく、数ある中から街の屋根やさん水戸店を御選択頂いたお客様への恩返しです。

常陸太田市での雨漏り改修工事範囲

玄関入母屋屋根の雨漏り浸入口と改修工事部を解説する画像
こちらの画像が、今回の雨漏り改修工事の範囲です。
雨漏りは、ほんの些細な隙間や亀裂、小さな穴からも浸水してしまいます。
また、今回の入母屋玄関のような複雑に絡み合う屋根は、雨漏り原因箇所の改修は元より、絡み合う屋根部も改修工事範囲になります。

雨漏り改修工事は、調査から導き出した雨漏り箇所をどのように改修し、雨漏り改修工事後の完成図を明確に頭に描くことができる業者でなくてはなりません。

雨漏り改修工事① 周辺瓦の解体

玄関入母屋屋根の主棟の解体に入った職人
雨漏り改修工事を行う屋根部を撤去した様子
雨漏り改修工事の始まりは、改修工事部周辺の瓦屋根の解体からです。

簡易的すぎる中途半端な雨漏り改修工事は雨漏りの再発を招きますが、かといって必要以上の雨漏り改修工事はお客様にご負担をかけてしまう事に繋がります。
今回の常陸太田市での雨漏り改修工事は、複雑な屋根の部位です。どこからどこまでの改修を行うのがベストなのか?は、当社の経験と知識に基づき判断させて頂きました。

雨漏り改修工事② 雨漏りの原因箇所である壁際の捨て板金施工

鼻隠しの銅板を外して壁捨て水切り板金を施工
壁捨て水切り板金を施工した様子
雨漏りの浸入口である壁際に、鼻隠し銅板を剥がして壁際水切り板金を施工。
その際に、壁際に雨水が浸水しないように遮蔽板(しゃへいばん)の役割として、板金に立上りを作って潜り込ませて施工しました。

雨漏りの発生原因は、屋根と屋根の繋ぎ目や、この様な壁際での発生が多いので、雨漏りが再発しないよう、特に雨水の遮蔽性を重視しました。

雨漏り改修工事③ 変形していた谷板金改修工事

壁際方向に流れる状態の変形した銅製の谷板金
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
次に、雨漏りの浸水箇所方向へ雨水が流れてしまっていた谷板金の改修工事です。
屋根の傾斜や谷板金(谷樋とも言う)は、家屋への雨水の滞留や雨水を外壁に流れないように排水する為の物です。

常陸太田市の銅製の谷板金は変形し、流れが雨漏り原因箇所方向に流れていたので、ガルバリウム鋼板製の谷板金に交換し、正常な流れるように改修しました。
常陸太田市で使用する谷板金の副資材である谷シーラー
ガルバリウム製の谷樋に谷シーラーを施工
谷板金は、雨漏りの発生箇所として数えられる場所ですので、改修時には再度ルーフィング(防水シート)を施し、谷板金と瓦の隙間から雨水が侵入しないように、谷シーラーも施工し防水対策も施しました。

近年は、銅板製谷板金部からの雨漏り相談件数が多くなっています。和瓦屋根の銅製谷板金をご利用のお客様がご注意ください。

雨漏り改修工事④ 解体した棟瓦を葺き直します

なんばん漆喰で段積みの棟を積み直している
八段積みの棟を施工している職人
今回の常陸太田市での雨漏り改修工事は、壁際の雨漏り原因箇所である壁際水切り板金と、壁際に雨水が流れてしまっている谷板金の改修が主でしたが、付帯工事として緩衝する入母屋屋根の棟の解体も必要でした。

棟も解体せざる追えなかったので、葺き直しの際には土台を強固にするため、なんばん漆喰を使用した強固な土台で葺き直しを行いました。棟も同時に強化されました。

雨漏り改善工事⑤ 完了後に最終散水テスト

シャワーホースで谷板金に散水を行う様子
雨漏りテストを実施している入母屋屋根の谷板金部
雨漏り改修工事完了後、お引渡し前に再度最終の散水テストを行います。

疑似的な雨でテストする散水テストを雨漏り発見の為に行った場合は、工事完了後に再度テストを行う事を当社では徹底しております。
before1
雨漏り改修前の散水試験で出た壁の水染み
horizontal
after1
散水テストを行っても水染みは出ないと言う解説画像
雨漏り改修工事後に散水テストを行っても水染みは出てきていませんね。
常陸太田市のお施主様にも、状況を確認していただきお引渡しです。

次回、強い雨が降った際に、再度雨漏りが無い事が確認出来たら『玄関ホールの天井材を交換して欲しい』との御相談もいただきました。
心底、御納得いただけたらで結構です^^またのご依頼をお待ちしております。
K様、この度は、街の屋根やさん水戸店へご依頼いただきありがとうございました。

【工事完了後】

雨漏り改修工事が完了した入母屋玄関屋根風景
雨天の日ばかりではないので、『次で良いか~』と先延ばしされる事も多い雨漏りですが、放置は進行を広げてしまうのも雨漏りです。
早期発見!早期改善!が雨漏りの対処法です。

お見積もり=ご契約 ではございません。
屋根でお悩みのお客様は、先ずは御相談から始めて見て下さい。
御相談・調査・お見積り無料ですので、お客様が全てにご満足頂けましたらご検討下さい。
街の屋根やさん水戸店 ご相談:0120-270-391






同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

茶錆が出ているパミール屋根
ガルバリウム鋼板のカバー工法で施工したひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム依頼のあった調査対象屋根のパミール

今回は、筑西市のお客様からの屋根リフォーム見積り依頼です。筑西市の現場屋根材は、調査の結果、塗装できないニチハ社製のパミールと言う平板スレート材である事が判明しました。屋根材や屋根下地によっても施工法が異なるのが屋根リフォームです。詳しく解...........

腰葺き屋根銅板葺き替え工事

常陸太田市で屋根工事をご検討のお客様へ、今回は屋根修理関連の施工事例をご紹介させていただきます。ここ半年ほど、常陸太田市にお住いの方より屋根に関するご相談が増えてまいりました。ご参考になればと思い、施工前と施工後の比較と気になる料金も併せて...........

棟板金の釘が抜けて変形している

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のひたちなか市の現場は雨樋交換の現場ですが、私達が気になったのはご契約内容には無い屋根の棟板金の釘浮きです。屋根業者として見て見ぬふりは出来ません。お客様に事前に了解をいただき、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391