オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

結城市で塗装が出来ないと言われた屋根材はセキスイかわらU


結城市のお客様から御依頼を頂きました。
『屋根の塗装を考えているのですが、塗装業者さんに屋根塗装が出来ない屋根だと言われたので、一度見てくれませんか。』とのご依頼です。
塗装知識は塗装業者さんには劣りますが、屋根は塗って良い屋根材や屋根の状態により屋根塗装の選択はお勧めできないケースもあります。
塗れる塗れないよりは、屋根の素材の状態です。しっかり見させて頂きます。

外観から屋根を確認

結城市の塗装できないと言われた平屋屋根に施工されたセキスイかわらU
結城市の現場に到着いたしました。
平屋のお宅で、屋根材の色見的には20年前後と言ったところでしょうか。
お客様にお話をお伺いすると、本宅の隣地にあったこちらの平屋を数十年前に中古で購入し、ご主人様の趣味用の家として活用されているとの事です。
屋根は、平屋を購入の際に栃木県の屋根業者で葺き替えたとの事でしたが、最近白っぽく屋根が剥げてきたので気になっているとの事でした。

屋根に登り調査を開始します。

テラス脇にハシゴを掛け屋根に登る準備
結城市内のセキスイかわらUを使用している屋根
屋根に登らせて頂き、『なるほど!』と塗装業者さんが屋根塗装を断った事に納得です。屋根塗装が出来ないと断った業者さんは、良心的な塗装業者さんです。
この結城市の屋根材は、セキスイかわらUです。
知識のない未熟な塗装業者が塗ってしまっているケースもある屋根材です。

セキスイかわらUに見られる代表的な症状①

表面塗膜が剥離し屋根基材が露出している結城市のセキスイかわらU
こちらの画像はセキスイかわらUに見られる代表的な症状です。
表面塗膜が剥がれ屋根材の基材が露出してしまっていますが、この白い屋根基材に水分を吸収すると屋根材が脆くなり徐々に崩れてきてしまいます。
このセキスイかわらUに屋根塗装を施しても、直ぐに塗膜が剥がれてしまうので、屋根塗装は不可能な屋根材です。
アスベスト含有屋根材に健康被害報告があり、ノンアスベストへ切り替えられた初期商品で発生した問題になった屋根材の一つです。ノンアスベスト商品で問題になったのは、セキスイかわらUだけではありません。

セキスイかわらUに見られる代表的な症状②

凹凸に割れが発生している結城市のセキスイかわらU
こちらの結城市の現場で確認したセキスイかわらUの屋根材割れです。
これもセキスイかわらUの症状の一つですが、屋根基材にヒビ割れが起こり、波上の形状凹凸部が砕け割れたような状態が起こってしまいます。
※更にセキスイかわらUの詳しい解説が必要なお客様は下記をご覧下さい。

セキスイかわらUの独特な刻印

結城市の屋根の棟際に刻印されたセキスイかわらUの番号印
こちらは、結城市の現場の屋根にあったセキスイかわらUの独特な刻印です。
セキスイかわらUは1970年~2007年まで発売されたロングセラー商品ですが、1990年8月以降にノンアスベストに切り替わってからが問題となっている屋根材です。
この刻印は『X』の次の数字は西暦の末尾年を表しており、結城市の現場の刻印は『7』なので、1977年、1987年、1997年、2007年の何れかの商品です。
※お客様に確認し、1997年製だと判明したので、やはり前記対象の屋根材です。

北面屋根の破損が激しい

結城市の南屋根と北屋根のセキスイかわらUの破損状況を比較
結城市の現場の南屋根と北屋根を比較した画像です。
南屋根の比べ、北屋根のセキスイかわらUの方が激しく破損していました。
塗膜などの紫外線劣化は陽当たりのよい南面の方が進行しますが、反面北面は湿気が放出されにくいのも原因かもしれませんね。

屋根工事方法

先端から剥がれが起こっている結城市のセキスイかわらU
セキスイかわらUの先端割れが起こりひび割れている
屋根工事としての対応は、屋根の葺き替え工事一択になってしまい、後はお客様のタイミングとなります。
しいて良点をあげるとすれば、以前のセキスイかわらUに葺き替えられた際に、屋根下地である野地板合板を増し張りしており、現在雨漏りしていないと言う点です。
屋根は、下から①野地板②防水シート③屋根材の順に重なり葺かれています。
屋根の下地を拝見させて頂いた所、野地板には構造用合板が使用されており、雨漏りしていない事を鑑みると、防水シートの敷き込みと屋根材交換で葺き替えが可能です。

まとめ

結城市の北側屋根全体に破損が見られるセキスイかわらU
今回の結城市のセキスイかわらUへの屋根工事提案は屋根葺き替えとなり、お客様がどの屋根材を選択されるかにより価格は変動します。
①風合いの瓦屋根②耐久性のガルバリウム金属屋根③初期費用重視の化粧スレート
の3種類のお見積書を作成させて頂きます。
セキスイかわらUは、2020年から計算すると発売から43年で、ノンアスベストに切り替わってからは今から30年~13年前です。該当するお客様は参考にしてみて下さい。
【屋根の御相談・屋根工事は】※茨城県内一律料金
街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の劣化した瓦屋根漆喰補修と軒天補修工事は台風前の事前策

11A2B377-D5E6-4AE5-A5E4-8858D5529F33
水戸市の和瓦屋根の漆喰工事が行なわれきれいに仕上がっています
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
その他の工事
使用素材
漆喰・カラーベニヤ3✕6 1枚
築年数
40年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
13.2万円
施工事例

古河市で台風被害のカーポート屋根をポリカーボネート平板に交換

破損していた古河市のカーポート屋根のパネル
古河市で新しく交換した二枚のポリカ平板クリアー色
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカーボネート平板パネル(770㎜×2365㎜)両面耐候(クリア色)
築年数
25年
建坪
保証
1年
工事費用
4.3万円(諸経費・廃材処分費等含む)
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

結城市での部分的な銅板葺き替え工事は一文字瓦葺き屋根でした

結城市の現場での施工前の銅板屋根の様子
腰葺き銅板屋根と一文字瓦の施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
銅板・構造用合板・タフガード(防水シート)
築年数
32年
建坪
保証
3年
工事費用
38.5万円
施工事例

結城市でステンレス製瓦棒屋根の釘抜けがあり貫板を交換します

貫板のビフォー用画像を職人の足元を入れて撮影
新規貫板と既存棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
杉貫板・SUS釘
築年数
28年
建坪
保証
1年
工事費用
4.4万円
施工事例

結城市での雨樋交換工事で接着剤の塗布方法と穴の開け方を解説

施工前の変形してしまった軒樋
交換工事が終わった軒樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
PanasonicシビルスケアPC50 内吊り金具(勾配)
築年数
28年
建坪
保証
1年
工事費用
火災保険適用+26万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

那珂市で破損した太陽光搭載ガレージ

那珂市在住のお客様からお問い合わせを頂きました。『太陽光発電搭載ガレージのガルバリウム製屋根が破損してしまい、張り替えたいのですが対応できますか?』とのお問い合わせ内容です。太陽光搭載ガレージと言ったせいでしょうか?お客様は方々の業者を探さ...........

霧よけ天井がバサバサに剥がれ計測する作業員

水戸市で施工した、台所の窓上に設置された霧よけ(庇※ひさし)補修の様子をお伝えします。霧よけとは、雨の吹き込みを防ぐ為に窓の上に設置する窓枠幅の庇の事で、霧よけ・霧よけ庇・雨よけ庇と呼ばれている小屋根の一部です。今回は、霧よけ屋根で破損が出...........

結城市の現場の足場に設置した街の屋根やさんの足場幕

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。梅雨明けした途端に夏日続きな8月ですが、当社では長梅雨で順延になっていた屋根工事が次々に着手されています。今日は、そんな数ある現場の中から、結城市での旧クボタ製アーバニー屋根材へのガルバリウ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391