オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

結城市でヒビや割れが発生した屋根材アーバニーへのカバー工法


茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
梅雨明けした途端に夏日続きな8月ですが、当社では長梅雨で順延になっていた屋根工事が次々に着手されています。
今日は、そんな数ある現場の中から、結城市での旧クボタ製アーバニー屋根材へのガルバリウムカバー工法の着手の様子をお届けいたします。

アーバニー(細かい切れ目が特徴のウロコ状屋根材)

細かいウロコ状のスリットの入った結城市の現場のアーバニー屋根材
先ずは、施工前の結城市の屋根の状態です。
屋根材は旧クボタ社製(現ケイミュー社)の屋根材で、細かいウロコ状スリットが入ったアーバニーと言う屋根材です。
現場調査時の画像でもご覧いただけるように、屋根材が所どころ脱落し、屋根塗装面の表面剥離も激しくコケやカビも発生していました。
お客様にお話を伺うと、昨年の台風時に脱落が始まり強風の翌日には常に屋根材の欠片が庭先に落ちているとの事でした。
結城市の現場の足場に設置した街の屋根やさんの足場幕
結城市のお客様は屋根塗装を検討されていましたが、現行の屋根材アーバニーの状態は割れやヒビも多く発生しており、屋根塗装をお勧めできる状態ではありませんでした。
アーバニーは、屋根のお手入れ時期を見誤ると、お洒落感を演出するその独特な細かい切れ目のウロコ状屋根のスリットに割れやヒビが入る特徴があります。
また、屋根材は目視で確認できる割れやヒビ以外に隠れ破損が潜んでおり、屋根塗装時の高圧洗浄の際には目視以上の破損が出てきますので、目視で割れやヒビが多く確認できる場合、アーバニーにはカバー工法での施工がベストな選択となります。

棟板金の解体からスタートします。

結城市のアーバニーに設置されていた棟板金を解体
棟板金の全ての撤去が完了した結城市内の屋根
今回結城市で行う屋根カバー工法は、既存の屋根材を撤去せず今の屋根材の上からカバーする施工方法で、平たんな既存屋根材であれば可能な屋根工事工法です。
カバー工法の際は、平部の屋根材は屋根の頂点に位置する棟の下まで屋根材が葺かれいる為、棟部はカバーではなく唯一交換が必要なり下地の貫板から交換となります。
※棟部は雨漏りの原因となり得る可能性をひめる部位なので、棟の交換は事前の雨漏り対策にもなります。カバー工法をご検討のお客様は覚えておかれると良いかもしれません。

解体した棟

結城市で解体した裏返った棟板金と水濡れした貫板
棟部の解体が終り、2階屋根から全ての解体廃材を降ろしました。
屋根材の荷物の上げ下ろし作業は、現場毎に作業方法が異なりますが、今回は近隣の状況を鑑み、足場の昇降階段で全ての上げ下ろしを行いました。
手持ち作業の若い作業員は棟の廃材を降ろすだけで足がガクガクになっていました。

結城市のカバー工法で使用する粘着式防水シート

結城市内の現場で使用する田島社製タディスセルフカバー
今回、結城市のアーバニーへのカバー工法を行う際の防水シート(ルーフィング)には、粘着式防水シートである、田島社製タディスセルフカバーを使用します。
このタディスセルフカバーは軽量で、合成繊維不織布を使用しているため、既存の屋根材の段差等でも破れる心配がなくカバー工法に適した防水シートです。
また、粘着式である事から破損がある屋根材にも密着してくれ、強度や釘穴シーリング性にも優れた防水シートですので屋根下地を一段と強化してくれます。

粘着式防水シートを施工します。

フィルムを剥がしながら粘着式防水シートを貼る二人の作業員
ズレないように微調整しながら防水シートを貼る作業員
粘着式防水シートは、通常の粘着層のない防水シートと異なり粘着面のフィルムを剥がしながらの施工となる為、通常よりも一手間多くなりその分時間もかかります。
ただ、屋根施工で大切なのは屋根材そのものよりも屋根下地です。
現場毎に異なる屋根の状態を見極め、最善の施工方法を提案する事がお客様から求められている事だと思いますので屋根業者として妥協はできない部分です!

屋根の下地である防水シート施工が完了しました。

雪山のように見える防水シートを貼り終えた結城市内の屋根
防水シートの施工が完了しました。綺麗に貼れています^^
今日は3名の作業員が入っての施工ですが、炎天下の中の作業は熱中症対策として塩飴と水分をとりながらの過酷な作業でした。
明日からは太陽の照り返しで更に苛酷になる、ガルバリウム鋼板の金属屋根カバー葺き作業です。進捗状況は再度ご報告いたしますので楽しみにお待ちください。
【屋根工事、屋根カバー工法は】※茨城県内一律料金
街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

結城市の工場屋根でベンチレーターを撤去し金属板金で穴を閉塞

8365
8356
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
工場
使用素材
GLカラーt=0.35(ガルバリウム鋼板) ボルトキャップ
築年数
建坪
保証
3年
工事費用
34.3万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391