オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市でスレート屋根をドローン撮影した業者からの屋根調査依頼


水戸市で、アパートの化粧スレート屋根をドローン撮影した業者様からの屋根調査依頼です。
街の屋根やさん加盟店でも、初期調査にドローンを使用している店舗もあり、初期調査としてはとても有効ですね。水戸店でも導入を検討しています。
ただ一方で、登る事が可能な屋根であれば、本格的な調査は屋根上での目視確認が重要です。屋根計測も人的要素が必要ですので、今回は屋根に登って調査します。

ドローンで撮影した化粧スレート屋根の画像

水戸市内の現場屋根をドローンで空撮した画像
実際にドローンで撮影した化粧スレートの屋根画像です。
動画撮影を静止画に変更した画像ですが、綺麗に撮影できるものです。
ドローン撮影で判明した化粧スレートの破損
ドローン空撮で確認できた化粧スレートの複数の破損
今回、業者さんが行ったドローン撮影は、屋根塗装を希望される建物を事前に調査する為に行われました。
その際、無数の屋根破損が確認でき、屋根塗装が可能か否かの確認と、現状の屋根材の状態を調査して欲しいとのご依頼です。
屋根の不具合は、画像で判断できるケースもありますが、実際手で触れた屋根の具合や覗き込み作業を行わないと判断できないケースも多々ありますので、実際に屋根に登り調査を行います。

二連梯子を掛け、屋根に登ります。

二連梯子を赤いロープを引きながら伸ばすスタッフ
二階屋根にハシゴを掛け終わった画像
屋根に登る為、7.8mまで対応できる二連梯子を軒先まで伸ばします。
長尺の梯子は、二連梯子と三連梯子がありますが、双方登る際には梯子がかなり揺れますので、屋根調査はプロにお任せください。
ヘルメット着用と腰袋をさげ梯子を上っていくスタッフ
梯子を上るスタッフを地上から見上げながら撮影
当社では、屋根に登る作業や雨漏り調査は2名体制で行うのが基本です。
屋根に登る際には1名がサポートしながら1名が登り、雨漏り調査は室内や天井裏を1名が担当し、屋根上にもう1名登り内外から連携しての調査を行っています。

屋根の勾配(傾斜)

水戸の化粧スレート屋根に勾配系をかざすと4.5寸勾配を指している
屋根の勾配(傾斜)は4.5寸勾配(角度24.2°)を指しています。
4寸や4.5寸勾配は理想の屋根勾配と言われ、水はけが良く屋根工事を行う際にも屋根足場を必要としない為、スムーズな屋根工事を行う事の出来る屋根です。
とは言え、屋根は絶対に滑ってはいけない場所です。
恐怖を感じない滑り台の角度は30°以下との事ですが、屋根専用の靴を履き、暑い陽射しの中でもヘルメットを着用して作業を行います。

外壁付きのパラペット風屋根にどぶ溝が設置された屋根

パラペット風屋根のどぶ溝と化粧スレート屋根
水戸市の現場屋根は、外壁が立てられたパラペット風屋根で、屋根の軒先に取り付けられる雨樋の役割をする『どぶ溝仕様』でした。
屋根の軒先『どぶ溝』は、歩行する事の出来る幅があり安全性も確保できます。
おかげで通常の屋根以上に調査効率も上がるので、とても助かる屋根形状でした。

地上から見た屋根 VS 屋根の上で見た屋根

水戸市で行った化粧スレート屋根を地上から見た画像
地上から見た屋根
西側の化粧スレートには無数の破損
屋根上で見た屋根
屋根上で調査を行うと、化粧スレートである屋根材破損が無数に確認できます。
これだけの破損が屋根上では確認できても、地上からの確認は難しいのが現実です。
画像からもお分かりになるように、地上から見た屋根と、屋根上で見る屋根とでは、見え方にハッキリした違いがあります。
何事もなければ普段から屋根を見上げる事もそうそうありません。そういう意味では気軽に屋根点検を依頼できる『街の屋根やさん』は、皆様にとってとても便利な存在なのかもしれません。

通常は見えてはいけない防水シートが見えています。

化粧スレートが破損し軒先スターターを下地の防水シートも露出
化粧スレートが破損し下地の防水シートまで確認できる状態
化粧スレートの葺き始めに使用される軒先スターターが露出し、下葺き材である防水シート(ルーフィング)も見えています。
通常この部分は、①野地板②防水シート③軒先スターター④化粧スレートの順に屋根施工されていますので、軒先スターターも防水シートも画像の様に見えてはいけません。
この状態を放置すれば、紫外線劣化で防水シートに破損が起こり雨漏りに繋がります。
早急な屋根補修が必要です。

浮きが発生している化粧スレート

化粧スレートが反り上がり浮きが発生している
破損が起こっている化粧スレートは、その殆どで画像の様なスレート浮きが発生しています。この様な細かい症状は、ドローンでは確認が困難かもしれません。
化粧スレート浮きは、表面の塗膜が剥がれ、屋根材自体に雨水が浸透した事による反り現象により起こります。
化粧スレート浮きを確認する為下から上にあおりながら撮影
一度反った化粧スレートは屋根塗装しても元には戻らず、その浮き部分の隙間に突風や強風を受けると化粧スレート破損に繋がります。
屋根塗装は、美観を保つ意味もありますが、一番の理由は屋根材を保護する為の塗膜維持にありますので、ご覧の皆様は10年に一度のメンテナンスを心掛けて下さい。

屋根調査の結果

屋根の実寸を測るため屋根の棟からスケールを伸ばし計測するスタッフ
最後に、屋根寸法を実寸法で計測し、今回の屋根調査は完了です。
結果は、化粧スレート破損が大小合わせて142箇所あり、屋根材浮きも多数確認が出来る為、屋根塗装を行える屋根の状態ではないと判断します。
こちらの現場は、他業者さんで塗装見積もりが出ているとの事でしたが、8割の塗装業者さんが断る屋根の状態で、当社でも屋根塗装依頼ではお断りせざるをえない状態です。

まとめ

屋根は、多種多様な素材が存在し、屋根工事も様々な方法があります。
屋根メンテナンスをご検討の際に優先されるのは、現状の屋根の状態を確認する事ですので、ご覧の皆様は覚えておかれる事をお勧め致します。
『屋根を調査して欲しい』『屋根を修理したい』等、屋根での相談は、街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
屋根の傾斜に耐えながら屋根の状態を確認するスタッフ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391