オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

桜川市の折板重ね葺きはサビ取りブラシソケットでの下処理から


先週末に仮設足場を設置した桜川市の倉庫は、今日から折板重ね葺き工事が着手されました。
桜川市の現場は、既存の折板屋根に新しい折板屋根を重ね葺く工法ですが、長年雨にさらされた折板屋根の留め具であるボルトはサビてねじ山を塞いでしまっています。
初日の今日は、ボルトのサビ取り作業からスタートします。

桜川市の大きな折板屋根

とても大きな桜川市にある倉庫の折板屋根
こちらが桜川市の折板屋根ですが、屋根面積は972㎡あるとても大きな屋根です。
30坪程度の屋根面積は、凡そ60㎡弱の屋根面積なので、その大きさがお分かりになるでしょうか?
今回は、この既存の折板屋根に新しいガルバリウム鋼板製の折板屋根を重ね葺く為の下処理の様子です。

ユニック車での荷揚げ作業

荷揚げ用のユニック車と作業員が登り下りする昇降足場
ユニックで荷揚げ作業を行う様子を屋根上から撮影
屋根材や機材等の荷揚げ作業は、クレーン付きトラック(ユニック車)にて行い、作業員の上り下りは昇降用足場を使用して行います。
今日は、ボルトのサビ取り等の下処理作業ですが、下処理が終れば、沢山の屋根材が運ばれてきますので、ユニック車は欠かせない存在です。

下処理で使用する、今日の一押しアイテム

現場で使用するサビ取り用ブラシソケット
今日使用するのは、留め具のボルトサビを取る『サビ取りブラシソケット』です。
既存の折板屋根材を留めているボルトはサビが酷く、ねじ山を塞いでしまっていました。

サビによって、ねじ山が塞がっていたボルト

既存の折板屋根のねじ山がサビで塞がっている
折板重ね葺きは、既存の屋根材の上に新しい折板屋根を重ねる為、既存のボルト留め具では留められません。
その為、既存のボルトに副資材を付けなくてはならないのですが、サビでねじ山が塞がっているため、つける事が出来ない状態でした。

折板屋根への重ね葺きに使用する断熱金具ダンボ66

既存のボルトに施工する副資材金具ダンボ66
断熱金具であるダンボ66金具
こちらが、既存のボルトに取り付けたい、断熱金具のダンボ66です。
既存のボルトへのねじ込み式になっており、これを全てのボルトに付けるのですが、その前にサビ取り作業が必要です。

サビ取り作業開始

サビ取り用ブラシソケットをインパクトドライバーに装着
インパクトを廻しねじ山のサビをとっている
サビ取りブラシソケットをインパクトドライバーに装着し、サビ付いているボルトにはめ込み、ねじ山に埋まっているサビを除去します。

ボルトの山が復活しました。

サビ取りを行った折板屋根のボルト
重ね葺きの為の金具であるダンボ66を設置
先程まで取り付けられなかったねじ山が復活し、ワイヤーブラシで擦った後にダンボ66を取り付けると、無事に取付けする事が出来ます。
ダンボ66をモンキーレンチで締めこむ職人
一列に並ぶボルトに金具を取り付けていくスタッフ
ダンボ66を手締めした後にモンキーレンチで締めこめば、折板重ね葺き用のボルトの取付が完了です。
この作業は、972㎡ある折板屋根の全てのボルト部分で行われます。
屋根工事と言うと大きな工事と思われがちですが、この様な細かい手作業の上に成り立っているのが屋根工事です。

まとめ

屋根は、その工法や要領によって施工されます。
特に既築の屋根リフォームは、今の屋根の状態や屋根材、下地によっても提案する施工方法は異なりますので、屋根工事は経験に基づく判断が求められます。
『家の屋根は、どんな屋根材が良いの?』『家の屋根は、どんな直し方が良いの?』等、屋根工事をご検討されているお客様は、街の屋根やさん水戸店にご相談してみてはいかがでしょうか。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

桜川市での倉庫屋根雨漏りは折板屋根カバー工事で解消されました

太陽光を設置する折板屋根の事前調査で中間ボルトが錆びている画像
桜川市の倉庫で折板屋根カバー工事が完了いたしました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
倉庫
使用素材
折板屋根ルーフデッキH88、ダンボ66、エスロンV300
築年数
25年
建坪
約300坪
保証
10年
工事費用
924万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

雨漏りしている室内天井画像をバックに雨漏り調査についてのタイトルバック

ひたちなか市の皆様へ、当店の雨漏り調査について解説して行きます。街の屋根やさん水戸店は、ひたちなか市を含む茨城県内全域で雨漏り調査を無料で行っており、毎年沢山のお客様から雨漏り調査の御依頼があります。雨漏りの発生原因で一番多いのは屋根の不具...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391