オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

桜川市の折板重ね葺きはサビ取りブラシソケットでの下処理から


先週末に仮設足場を設置した桜川市の倉庫は、今日から折板重ね葺き工事が着手されました。
桜川市の現場は、既存の折板屋根に新しい折板屋根を重ね葺く工法ですが、長年雨にさらされた折板屋根の留め具であるボルトはサビてねじ山を塞いでしまっています。
初日の今日は、ボルトのサビ取り作業からスタートします。

桜川市の大きな折板屋根

とても大きな桜川市にある倉庫の折板屋根
こちらが桜川市の折板屋根ですが、屋根面積は972㎡あるとても大きな屋根です。
30坪程度の屋根面積は、凡そ60㎡弱の屋根面積なので、その大きさがお分かりになるでしょうか?
今回は、この既存の折板屋根に新しいガルバリウム鋼板製の折板屋根を重ね葺く為の下処理の様子です。

ユニック車での荷揚げ作業

荷揚げ用のユニック車と作業員が登り下りする昇降足場
ユニックで荷揚げ作業を行う様子を屋根上から撮影
屋根材や機材等の荷揚げ作業は、クレーン付きトラック(ユニック車)にて行い、作業員の上り下りは昇降用足場を使用して行います。
今日は、ボルトのサビ取り等の下処理作業ですが、下処理が終れば、沢山の屋根材が運ばれてきますので、ユニック車は欠かせない存在です。

下処理で使用する、今日の一押しアイテム

現場で使用するサビ取り用ブラシソケット
今日使用するのは、留め具のボルトサビを取る『サビ取りブラシソケット』です。
既存の折板屋根材を留めているボルトはサビが酷く、ねじ山を塞いでしまっていました。

サビによって、ねじ山が塞がっていたボルト

既存の折板屋根のねじ山がサビで塞がっている
折板重ね葺きは、既存の屋根材の上に新しい折板屋根を重ねる為、既存のボルト留め具では留められません。
その為、既存のボルトに副資材を付けなくてはならないのですが、サビでねじ山が塞がっているため、つける事が出来ない状態でした。

折板屋根への重ね葺きに使用する断熱金具ダンボ66

既存のボルトに施工する副資材金具ダンボ66
断熱金具であるダンボ66金具
こちらが、既存のボルトに取り付けたい、断熱金具のダンボ66です。
既存のボルトへのねじ込み式になっており、これを全てのボルトに付けるのですが、その前にサビ取り作業が必要です。

サビ取り作業開始

サビ取り用ブラシソケットをインパクトドライバーに装着
インパクトを廻しねじ山のサビをとっている
サビ取りブラシソケットをインパクトドライバーに装着し、サビ付いているボルトにはめ込み、ねじ山に埋まっているサビを除去します。

ボルトの山が復活しました。

サビ取りを行った折板屋根のボルト
重ね葺きの為の金具であるダンボ66を設置
先程まで取り付けられなかったねじ山が復活し、ワイヤーブラシで擦った後にダンボ66を取り付けると、無事に取付けする事が出来ます。
ダンボ66をモンキーレンチで締めこむ職人
一列に並ぶボルトに金具を取り付けていくスタッフ
ダンボ66を手締めした後にモンキーレンチで締めこめば、折板重ね葺き用のボルトの取付が完了です。
この作業は、972㎡ある折板屋根の全てのボルト部分で行われます。
屋根工事と言うと大きな工事と思われがちですが、この様な細かい手作業の上に成り立っているのが屋根工事です。

まとめ

屋根は、その工法や要領によって施工されます。
特に既築の屋根リフォームは、今の屋根の状態や屋根材、下地によっても提案する施工方法は異なりますので、屋根工事は経験に基づく判断が求められます。
『家の屋根は、どんな屋根材が良いの?』『家の屋根は、どんな直し方が良いの?』等、屋根工事をご検討されているお客様は、街の屋根やさん水戸店にご相談してみてはいかがでしょうか。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740

同じ地域の施工事例

施工事例

桜川市で棟板金の交換工事が完了しました。

交換前の錆付いた降り棟板金
ガルバリウム製の降り棟板金で交換を行った桜川市の現場
工事内容
棟板金交換
使用素材
GLカラー棟板金・防腐処理済み貫板・ステンレスビス
築年数
35年
建坪
棟板金交換31.7m(貫板交換含む)
保証
1年
工事費用
20.9万円
施工事例

桜川市での倉庫屋根雨漏りは折板屋根カバー工事で解消されました

太陽光を設置する折板屋根の事前調査で中間ボルトが錆びている画像
桜川市の倉庫で折板屋根カバー工事が完了いたしました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
倉庫
使用素材
折板屋根ルーフデッキH88、ダンボ66、エスロンV300
築年数
25年
建坪
約300坪
保証
10年
工事費用
924万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391