オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市での屋根工事依頼は昨年の台風での棟板金飛散


ひたちなか市のお客様からの屋根工事依頼です。
台風9号や、これから日本に上陸してくると言われている台風10号は、とても勢力が強く警戒が必要なレベルです。
屋根は、雨漏りに直結するだけではなく屋根材が飛ばされ、近隣家屋や車両などに被害が広がるケースも考えられるので、屋根に不具合を感じたら屋根補修や屋根工事をご検討ください。

屋根工事依頼のあった、ひたちなか市の現場風景

ひたちなか市の調査対象の屋根
こちらが、屋根工事依頼のあった、ひたちなか市の現場です。
築30年前後の2階建てのお宅ですが、2階の屋根に直線的に梯子を掛けられる場所がない為、先ずは下屋根に登り、下屋根自体に脚立を掛け2階屋根まで登ります。

屋根から飛散した2枚の棟板金

台風で飛散した、ひたちなか市の現場の棟板金
昨年の台風で飛ばされた2枚の棟板金
お客様が、屋根工事を依頼されるきっかけになったのは、昨年の台風の翌日に屋根の頂点に取り付けれている棟板金が2枚飛ばされて落ちていたからです。
昨年の台風後にも屋根工事業者を探したそうですが上手く見つからず、日々ニュースで目にする台風情報を見て怖くなり、ネットで検索して街の屋根やさん水戸店に連絡いただきました。

屋根調査前の準備

下屋根に高さ調整可能な伸縮脚立を準備するスタッフ
2階の屋根に登る為、下屋根に屋根の傾斜でも安定するように足が伸縮する脚立を準備しました。
屋根の形状は現場毎に異なり、使用する梯子や脚立も現場の屋根の状況によって変わります。
屋根の調査段階では、足場等は設置されていない為、作業には経験と実績が必要です。屋根上での作業に失敗は許されません。
屋根工事や屋根調査は私達にお任せください。

ひたちなか市の化粧スレート屋根の棟になたがるスタッフ
2階の屋根に登り調査を開始します。
こちらのひたちなか市の屋根材は、化粧スレート(コロニアルやカラーベストも同様)で、三角屋根の頂点に位置する部分が棟板金です。
画像で、スタッフがまたがっている部位です。

屋根の棟板金が無くなっています。

棟板金が飛ばされて下地の貫板が剥き出しになっているひたちなか市の屋根
棟板金が飛ばされて無くなってしまっているスレート屋根
屋根を確認すると、棟板金が飛ばされて無くなり、下地である貫板(ぬきいた)が露出した状態になっていますので、早急な屋根工事が必要です。
下地に防水シートは施工されていますが、棟板金が無い状態を放置すると、紫外線劣化を起こし、雨漏りに繋がっていまいます。
化粧スレート材で屋根工事を行う際、屋根の頂点の重なり棟部には必ず隙間が生まれる為、下地である貫板に板金を被せて釘止めやビス止めを行い包みます。

棟の下地である貫板の状態

屋根の頂点に位置する棟下地である貫板が木割れを起こしている
屋根工事や外壁工事は、まずは下地を作り(普段は見えません)、その上に屋根材や外壁材を被い下地に向かって釘やビスで留めていくので、屋根工事の際は、屋根下地が使用可能か否かの判断が重要です。
今回のひたちなか市の屋根下地である貫板は、雨水を木材が吸収し、反りや木割れを起こしていますので、屋根工事の際には下地である貫板からの交換工事が必要です。
※火災保険の自然災害申請を、お客様と検討しています。

屋根の棟板金飛散には、前ぶれや初期症状が必ず存在します。

釘浮きは棟板金飛散の初期症状
強風等が入ると捲れてしまう状態のひたちなか市の棟板金
毎年、多くの屋根で棟板金が飛散していますので注意が必要です。
棟板金の飛散には、前ぶれや初期症状が必ず存在します。ひたちなか市の現場は、飛散箇所以外にも、放置すると飛散してしまうだろうと言う箇所もいくつかありました。
①棟板金の釘浮きは棟板金飛散の初期症状
②捲れかかった板金部を放置すると、突風や強風にあおられ飛散します。
早急な屋根工事が必要な症状です。

まとめ

屋根修理や屋根修繕等の屋根機能を回復する為の屋根工事の依頼前には、必ず前ぶれがあります。放置時間に比例して被害は広がりますので注意して下さい。
『屋根から変な音がする』
『屋根からカタカタ音がする』
『台風が怖いから屋根を点検して』等々
些細な屋根の異常や屋根に不安を感じたら、大事になる前に街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。適切な屋根工事をご提案させて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

雨漏りしている室内天井画像をバックに雨漏り調査についてのタイトルバック

ひたちなか市の皆様へ、当店の雨漏り調査について解説して行きます。街の屋根やさん水戸店は、ひたちなか市を含む茨城県内全域で雨漏り調査を無料で行っており、毎年沢山のお客様から雨漏り調査の御依頼があります。雨漏りの発生原因で一番多いのは屋根の不具...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391