オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市の雨樋修理依頼は逆勾配で止まりから雨水がオーバーフロー


日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今年に入り、日立市のお客様から屋根修理や雨樋修理の依頼を頂けるケースが多くなり、従業員も大変喜んでおります。ありがとうございます。
さて今回は、日立市のお客様より御依頼のあった雨樋修理依頼です。
現場の雨樋は、水の流れを作る勾配※こうばい(傾斜の事です)が逆勾配の為に、止まりから雨水がオーバーフローしていました。画像を元に解説していきます。

雨樋修理依頼を頂いた日立市の現場に到着です。

オーバーフローしてしまうと相談を受けた二階屋根に取付けられた雨樋
日立市のお客様にお話をお伺いすると、オーバーフローしている雨樋はこの部分です。
雨樋修理のご依頼は、この様な雨樋からのオーバーフロー、雨樋の詰まり、雨樋破損、雨樋の連結部からの雨漏り等があり、状態により微細な雨樋修理で済むか、交換や付属工事が必要かの判断になります。
それでは早速、オーバーフローのある雨樋の現状を確認してみましょう。

二階の端部分なので、二連梯子を使用して調査を開始します。

社用車から二連梯子を降ろす準備をするスタッフ
二階の瓦屋根の軒先に二連梯子を掛けた様子
梯子を降ろす風景を撮影した所、なぜか店長の田村が笑顔でした。写真撮影の時の癖でしょうか?(笑)
屋根の軒先までの高さは、凡そ6m。頑丈な二連梯子を使用していますが、梯子に登る際には、かなりの梯子揺れが生じます。
私たちは、日々梯子での作業を行っていますので揺れには慣れていますが、4mを超える梯子の昇降作業は初体験のスタッフでも恐怖を覚えるほど揺れます。
※この様な雨樋修理等の高所作業は、我々業者にお任せください。

雨樋の状況を確認します。

横倒れを防止する為に梯子を緑色のバンドで固定
逆勾配により止まり方向に雨水が滞留している
梯子は、横倒れしないようバンドを固定して安全を確保して行います。
オーバーフローしている雨樋を上から覗き込むと、雨水が滞留して流れていないのが確認でき、軒樋ギリギリまで溜まっていました。

勾配計(こうばいけい)で水の流れが正常かを確認

勾配計を軒樋にあてると逆勾配になっている事が判明
水の流れを作る為には、流したい方向へ傾斜をつけなくては流れてくれません。
雨樋に勾配計をあててみると、流したい方向への勾配ではなく、逆方向へ流れる逆勾配がついています。
この状態では、たて方向に流すための集水器や竪樋方向に水は流れないので、軒樋内に滞留した雨水はオーバーフローしてしまいます。

雨樋の勾配は、支持金具によって調整されています。

逆勾配により半丸軒樋に雨水が滞留している
化粧垂木に横打されていた雨樋用五丁流れ支持金具
雨樋の勾配は、雨樋を支える支持金具によって作られており、勾配基準となる支持金具施工の際に、水勾配を測って設置するのが基本です。
では、この逆勾配は施工不良なのか?と言うと、そうでもありません。
日立市の現場の瓦屋根は、屋根土台からかなり変形しており、支持金具が取り付けられている化粧垂木(けしょうたるき)にも歪みが見られるので、逆勾配に至ったのは、この屋根の歪みも原因の一端であると思います。

今回の雨樋修理は、集水器と竪樋を増設

日立市で雨樋勾配不良のある二階部分の雨樋
日立市の雨樋逆勾配修理にあたっては、将来的な事を考慮すれば、集水器と竪樋を増設するのが得策だと判断します。
現行でも屋根に歪みが生じているので、将来的な事を考慮すると、支持金具の調整では雨樋不良が再発する恐れがあります。また、全体の支持金具調整となれば、軒先までの仮設足場設置が必要となり、作業の割合よりも足場料金がお客様の負担になります。
一方で、集水器と竪樋の増設は、梯子で作業を行う事が出来ますので、経済的であり、左右に集水器を接しますので、逆勾配は功を奏しオーバーフローも改善されます。

雨樋修理は街の屋根やさん水戸店へ

今回は『日立市の雨樋修理依頼は逆勾配で止まりから雨水がオーバーフロー』と題し、雨樋修理に至った現状と、改善する為の改善案を記載してみましたが如何でしたか。
お客様の立場にたてば、どの程度の修理でどの程度の修理費用が掛かるのか?が争点になるのだと思います。
出来る範囲での判断にはなりますが、プロとして、お客様の意をくんだ提案をこれからも差し上げていこうと思います。雨樋修理は街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
【茨城県内全域一律料金】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円
施工事例

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心

日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
築年数
40年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
12.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ひたちなか市の屋根塗装で使用するクールタイトSiと秤

ひたちなか市で行っているリフォーム工事が最終工程に入りました。【ひたちなか市の現場で請け負わせて頂いているリフォーム工事内容】①屋根リフォーム(棟板金補修・スレート屋根材差替え・屋根微補修・屋根塗装)②破風板ガルバリウム鋼板巻き(鼻隠し含む...........

二階の呼び樋を補修する為に二連梯子で軒先まで登るスタッフ

東海村のお客様より『雨樋(呼び樋)が外れてしまい、雨がジャバジャバ漏れてくるので修理して欲しい』との御連絡を頂きました。雨樋修理のご依頼は年間数多くありますが、その中でも今回ご紹介する呼び樋(よびどい)が外れてしまうと言うケースも数多くあり...........

雨樋の歪み変形による機能不良が起こっている結城市内の雨樋

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、結城市内での雨樋交換工事の様子をご報告いたします。この様なブログで使用する画像は、お客様担当者と現場の職人が全て現場で実際に撮影しています。職人もブログで掲載されるのを理解しているため、細かい作...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391