オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市の屋根塗装(スレート)は微補修を含めた下塗り工程


茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今日は、ひたちなか市で施工中の屋根塗装現場の様子をお伝えします。
屋根塗装は、屋根工事と比べれば予算を抑える事が出来るのが特徴ですが、街の屋根やさん水戸店では、屋根材の種類や劣化状態により塗装が可能か否かを判断し、お客様にとっての最善策を御提案します。
ひたちなか市の現場屋根材であるスレート屋根材は、微補修は必要でしたが屋根塗装が可能であった為、屋根塗装で御提案差し請け負わせて頂きました。

スレート屋根での高圧洗浄機を使用(当日は雨模様)

小雨の中で屋根の高圧洗浄を行う塗装職人
軒先部分に高圧洗浄を行う職人
先ずは、屋根塗装の始めの工程である高圧洗浄作業です。
この高圧洗浄作業は、屋根材に塗布された古い塗料を剥ぎ取り、新たな塗料を屋根材に密着させる為の大切な作業ですので、高圧洗浄は不慣れな職人では務まりません。
当社の職長曰く『屋根塗装などの高圧洗浄は水洗いではなく旧塗膜を剥がす作業!この作業に不備があると、折角の屋根塗装も剥がれやすくなる』との事。

業務用のエンジン式高圧洗浄を使用

屋根洗浄で使用したエンジン式の高圧洗浄機
ポリバケツに水を溜めて汲みあげ式高圧洗浄機と連結
最近は家庭用の高圧洗浄機も流通していますが、旧塗膜を剥ぎ取るほどのパワーはありません。塗装のプロは家庭用高圧洗浄機を絶対に使用しません。
塗装のプロであれば、画像の様なエンジン式の高圧洗浄機を使用し、水道からの引き込み水量では間に合わない為、バケツに水を溜めて汲みあげる方式をとりますので、屋根塗装をご検討のお客様は覚えておかれると良いと思います。
※屋根塗装などの見積もりを依頼した際に、業者に確認してみると良いですね。

屋根塗装前にスレート屋根材を微補修

破損したスレート材に変成シリコンを塗る
スレート屋根材の割れ部分を変成シリコンで接着
ひたちなか市の現場で葺かれている屋根材は、セメントに繊維を混ぜて板状に成形したスレート屋根材で、割れやヒビが発生しやすいのが特徴の屋根材です。
その為、屋根塗装前に全てのスレート屋根材を点検し、画像の様な破損があれば、変成シリコンやパテなどを使用して微補修を行います。
表面に出ていない隠れヒビも、高圧洗浄作業を行う事で表面に出てくるため、高圧洗浄後に微補修を行うのが基本です。

屋根塗装の塗料塗布工程で最も大切な下塗り工程

足場の脚を廻しあげて隙間に下塗り塗料を塗布
バルコニー下の狭い空間へもローラーでしっかり下塗りを行う
微補修が完了し、塗料塗布で最も大切な下塗り作業に入りました。
スレート屋根材への屋根塗装は、基本的に下塗り・中塗り・上塗りの3工程での作業となり、1工程ごとに塗料メーカー推奨の乾燥時間を設けて作業していきます。
下塗りは、スレート屋根材と新たに着色する塗料を密着させる接着の役目をする塗布作業なので、この工程をお座成りにすると塗装剥がれに繋がります。
簡単に見えるローラー塗布作業ですが、均等に塗布するには熟練の技が必要なんです。

下塗り工程が完了です。

下塗り工程が完了したひたちなか市の差し掛け屋根
下塗り作業が完了し一面白くなった下屋根の様子
下塗り工程が完了しました。均等に斑なく塗られているのが分かりますね。
高圧洗浄から始まりスレート屋根材微補修・下塗り工程までの報告ですが、ここまでの工程は普段皆様が目にする着色塗料を行う前までの作業でとても大切な作業です。
施行と名のつくものは、機械や道具はサポート役で人間が施工を行います。
私達は、お客様が普段目に出来ない工程をお任せいただいている立場です。
最終最後まで常にお客様の満足度を考えて、責任を持って仕上げたいと思います。

まとめ

屋根塗装を行えば、出来上がった瞬間には綺麗に見えます。
ですが、見栄えもさることながら屋根塗装の本質である耐水性や密着度が屋根塗装には一番重要であることを忘れてはいけませんね。
屋根は、塗装して良い屋根と不向きな屋根!今の屋根材の状態によっても判断は異なりますので『家の屋根は屋根塗装できるの?』『屋根工事と屋根塗装で迷っている』などがあるお客様は、一度、街の屋根やさん水戸店へご相談してみてはいかがですか。
【茨城県全域一律料金】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円
施工事例

水戸市での三階建て屋根塗装は暑さ対策にもなる遮熱塗料仕上げ

屋根部分補修が完了した水戸市内の屋根
水戸市の三階建て屋根塗装が完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
エスケーマイルドシーラーEPO、遮熱塗料クールタイトSi、樹脂製貫板タフモック、ガルバリウム製棟板金、ケイミューコロニアルクヮッド
築年数
18年
建坪
約48坪
保証
塗膜保証10年
工事費用
71.5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高圧洗浄中に破損してしまった、コロニアルネオ

笠間市のお客様からの御相談です現在、塗装を行っている最中なのですが、屋根の高圧洗浄中に屋根材の破損が激しく、急遽ガルバリウムカバー工法での屋根工事をしなくてはなりません。塗装を依頼した会社さんでもカバー工法の見積りを取ったのですが、見積り金...........

屋根の高圧洗浄は飛散防止対策で近隣住宅に配慮

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。現在屋根塗装中の水戸市の現場より、塗装前洗浄の様子をお届けします。対象となる現場は、居住者様がお住いの集合住宅でテナント様もあります。住人様の往来もあるので、出来る限り洗浄水の飛散防止対策を行う為、今回...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391