オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

日立市の瓦屋根修理は、棟瓦を地震にも強い耐震棟に強化しました


日立市で完了した瓦屋根修理の現場報告です。
屋根の頭頂部に位置する棟※むね(グシ)を地震にも強い耐震棟に強化しました。

屋根修理を行う事になったきっかけは
『2階の瓦屋根の端っこが、今にも落ちてきそうになっている』
と言うご相談を受けたのが始まりです。

現場調査時の様子

斜めに下がってしまっている棟巴瓦
お客様が仰っていた部分を確認する為、ハシゴで屋根に登り確認

この瓦材は巴瓦(ともえがわら)と呼び、棟の鬼瓦よりもケラバ側に取り付けられる物で、正式には棟巴瓦(むねともえがわら)と呼びます。
画像でも、斜めに下がり今にも落ちそうになっているのが分かります。
(緊結銅線でも留っているので、何とか脱落を免れていた状態)

棟瓦の部位を呼称別に記載した画像

巴瓦が取れるとどうなるの?

巴瓦が取れるとどうなる?
屋根の傾斜と傾斜がぶつかる部分は隙間が出来る為、ぶつかる結び目部分を棟瓦で覆い、雨漏りを防止しています。
巴瓦にも同様の役割がある為、巴瓦の脱落は、雨漏りリスクを高める事になります。
なぜ、取れそうになるの?
巴瓦の土台は粘土質の土です。その土が雨で崩れないように漆喰(しっくい)で保護しています。
この様に巴瓦が傾くのは、土台に雨水が浸水して確率が非常に高い症状なので、漆喰の劣化が考えられます。

緊結銅線のおかげで、かろうじて脱落は免れていました。

脱落しそうだという棟巴瓦に歩みよるスタッフ
手で触れてみると簡単に動く脱落しそうな棟巴瓦
本来は手で引っ張っても抜けてはいけない巴瓦ですが、簡単に動く状態です。
予備留めとして銅線で緊結されているので、脱落は免れていましたが銅線も一生物ではなくあくまでもサブなので、切れた場合は脱落していた状態です。。

この状態では、強風時に巴瓦がカタカタ動いていたはずですね~。

棟巴瓦の脱落の原因

日立市の棟巴瓦を持ち上げると土台の葺き土が崩れているのが見える
棟巴瓦を持ち上げてみると
棟巴瓦が傾いていたのと同じように、土台崩れて傾いてしてしまっています。

この状態を放置すれば日を追うごとに悪化し、脱落や雨漏りリスクも高まります。
今回、大事になる前に御相談頂いて本当に良かったです。

棟の漆喰状態も良くありませんでした。

手で押すとパフパフする棟漆喰
棟巴瓦の土台や漆喰だけではなく、棟の漆喰の状態も良くありませんでした。

この画像は、棟に施された漆喰を確認している場面ですが、固まっている漆喰を
手で押すとパフパフしており、今にも剥がれ落ちてきそうです。
お客様に尋ねると、数年前に漆喰を重ね塗りをしたとの事ですので、重ねられた漆喰が下地と上手く密着していないのが原因です。

今回、お客様には2種類のお見積書を提出いたしました。

瓦屋根修理①
棟巴瓦部のみの補修(下地からの補修)
瓦屋根修理②
2階の棟瓦葺き替え(耐震棟にて施工)
瓦屋根修理の見積り書を2種類させていただき、お客様から2階の棟瓦を葺き替える
耐震棟施工をご選択いただきました。

それでは!地震にも強い耐震棟の施工に入らせて頂きます。

地震にも強い強化棟施工

冠瓦を解体した日立市の棟瓦
棟瓦を解体し屋根のつなぎ目の役割を解説する画像
棟瓦を一段一段解体していくと現れる屋根と屋根のつなぎ目です。

こちらの日立市の現場屋根は、両方向に均等に流れる三角屋根(切妻屋根)です。
屋根の傾斜が交わる部分には必ずつなぎ目があります。
【このつなぎ目を防ぐのが棟の役割です】
棟の不具合=雨漏り につながるので注意が必要な部分です。


日立市の現場で使用するバケツに入った強化棟金具
日立市の棟に新たに強化棟金具と樹脂製垂木を設置した場面
耐震棟施工の始まりは、耐震棟金具の施工からです。
棟の中に、この耐震棟金具を入れる事で、揺れにも強い強固な棟になります。

今回の日立市の現場は、棟を積まずに行う【七寸丸一本伏せ】での施工です。
以前は棟の高さを競っていた地域もあるほど、棟瓦は高い程良いとされていましたが
東日本大震災によって、棟の倒壊など多くの住宅で棟瓦に被害が出たため、昨今は高く積む事を好まないお客様がとても多くなりました。

耐震棟の土台を南蛮漆喰で覆い固めた画像
七寸丸一本伏せ施工を行っている日立市の瓦棟
更に強化棟金具と樹脂製垂木ごと、なんばん漆喰で固めて一個体に固めます。
内部に支持金具を設置して固める事で、土台はとても強固に形成されます。
この上から、七寸丸瓦を被せ葺くとまもなく完成です。

七寸丸瓦に打ち込んだ防水パッキン付きビス
一枚の七寸丸瓦に2本のビスを打込む
最後に、防水パッキン付きステンレスビスを、七寸丸瓦の上から土台の樹脂製垂木に向かって固定すれば完成です。

瓦棟の土台も強固になり、七寸丸瓦から樹脂製垂木に打ち込んであるので、瓦の固定力も強化されました。 これで地震や台風でもビクともしません。

ビフォーアフターで比べて見て下さい。

before1
屋根修理前の状態の日立市の瓦屋根
vertical
after1
七寸丸一本伏せが完成した日立市の棟瓦
日立市での屋根修理完了画像に施工金額も記載
完成しました!日立市のお施主様にもとてもご満足いただけたようで、担当者としても嬉しく思います。良かったです^^

今回の日立市の現場のご近所でも、多くの住宅でこの七寸丸一本伏せが採用されているように、震災後にとても多くなった瓦屋根修理法です。
瓦屋根でご利用のお客様は一つの参考にして頂ければと思います。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

今回の瓦屋根に限らず、屋根の不具合や雨漏りの原因は、【屋根のつなぎ目】
殆どの原因箇所です。
ただ、高所である屋根上はお客様での発見が難しくしい部分でもあります。

屋根修理は、早期発見!早期修理が基本です。
全ての屋根材に対応し大小様々なご相談に対応致します。
一度、無料調査をお受けになり、どの程度の頻度の修理が必要なのか?
街の屋根やさん水戸店に相談してみて下さい。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲




同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での外壁クリヤー塗装でレンガ調外壁の光沢が甦りました

塗装前の日立市の住宅
新築時の様に外部が綺麗になりました
工事内容
外壁塗装
使用素材
【外壁塗料】ピュアライトUVプロテクトクリアー【付帯部塗料】クリーンマイルドシリコン、ケンエースG-Ⅱ、【コーキング材料】ノンブリートタイプ変成シリコーン
築年数
12年
建坪
約45坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391