オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東海村で台風により破損したスレート屋根へのカバー工法現場調査


東海村のお客様から
『台風19号で屋根が壊れてしまったので、この際、屋根を新調したいので相談したい』
とのご連絡を頂きました。数ある屋根業者の中から当社を選んだいただき感謝いたします。

既存スレート屋根材ガルバリウム金属屋根材を、被せ葺き(カバー工法する為の現地調査の様子です。
スレートの屋根を東側から撮影
屋根の中央部に奥行きの長いドーマーが二つ
西面から見た大きなスレート屋根
とても大きな屋根で計測すると横幅だけでも12m近くあります。

中央部に2つの長ドーマーが付いており、お洒落感が演出されている立派な屋根です。
ドーマーはヨーロッパ建築に良く見られ吹き抜けの明り採りとしての役割があるものです。

お施主様にお話を伺うと雨漏りは無いとの事なので一安心ですが、私達の経験上ドーマーが設置されている屋根は、雨漏りの温床となるケースが多いので、カバー工法葺きする際にも防水シートの貼り方等々、細心の注意を払って施工したいと思います。
東側の棟巴の破損
捲れあがってしまった東側の棟巴
東側の棟巴(むねともえ)が捲れあがってしまっており、装飾してあった風見鶏も(かざみどり)も止めてあったビス事吹き飛ばされて無くなってしまっています。
台風の翌日辺りを探したそうですが見つけられなかったとお施主様は残念がっていました。
※長年とても愛着があり癒されていた風見鶏だったと寂しそうでした。
飛散してしまった軒先のスレート瓦
こちらは、軒先のスレート材が飛散してしまっていました。

こちらのスレート材は錆が出ているような症状になっているのが画像でお分かりになると思います。

この錆びは、塗膜(塗装のまく)が劣化している証拠で防水保護機能が失われてしまっているので健康な状態ではありません。
台風による猛烈な風雨に耐えきれず、飛散したものと考えられます。
西側の棟板金が浮いてしまっている
こちらは西側の棟巴方向からの画像です。

なにやら頭頂部の棟板金が膨れ上がってしまっています。
これは、屋根材と棟板金の設置部分の隙間から風雨による横風が侵入し浮き上がらせたものだと考えられます。

一度浮き上がった物は、人の手が加わらない限り、症状は悪化の一途を辿ります。
棟板金からの雨漏り事例は多くありますので、こちらも急務な交換が必要となります。
飛散した軒先スレートと下地のスターター
こちらは、台風によりスレート材が飛散してしまった部分をアップで撮影したものです。 軒先部は完全に飛散し下地のスターターが露出してしまっているのがわかります。

カバー工法の場合は、この飛散してしまった部分に新規材を加工し高さを調整した上でのカバー葺きととなります。
お客様に、良くご質問を頂きますので少しだけ解説いたします。

セメントを基材として作られた厚さ約5㎜の屋根材が一般的にスレートと言う総称になっています。
スレート=総称名
カラーベスト=メーカーが製造しているスレートのシリーズ名
コロニアル=メーカーが製造しているカラーベストの個々の商品名になります。
スレートは今現在はケイミュー社さんのみが製造していますので、最近は『スレート』の呼称が一番多くなりました。
北側の雑木林からの落葉樹により詰まってしまった軒樋
北側に雑木林があり、そこからの落葉樹で雨樋が詰まってしまい機能していない状況でした。
今回の施工には、仮設足場を設置いたしますので、同時に雨樋も交換させていただくことになりました。
Q:
カバー工法は屋根が重くなると思うんですが、重さで屋根が抜け落ちるって事はないよね?

A:
今回カバーするガルバリウム金属屋根材は、1枚が約4㎏で1坪(3.3㎡)で43kgです。
一般的な20坪のお宅で860キロとなりますので、もの凄く重い印象を受けると思いますが
畳2枚分(約1坪)に10kgのお米を約4袋・畳1枚分に10kgのお米を約2袋・半畳に約1袋置いたのと同じです。
とお話します。 ※因みに20坪を陶器瓦で屋根を葺くと約3.2tになります。
【施工内容】
①スレート材へのガルバリウム金属屋根のカバー工法
※カバー工法は、既存の屋根解体費用や処分費用が節約できます。
※石綿(アスベスト)含有スレート屋根の解体費用と廃棄処分費は高額です。
②破風板交換(ビスが飛んで穴が空いてしまった部分)
③雨樋全面改修
④仮設足場(壁面全面・屋根足場一部含む)

屋根の事なら是非私達にお任せください。
丁寧な屋根調査・適切なお見積り・親切なご提案を無料で行っております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

茶錆が出ているパミール屋根
ガルバリウム鋼板のカバー工法で施工したひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム依頼のあった調査対象屋根のパミール

今回は、筑西市のお客様からの屋根リフォーム見積り依頼です。筑西市の現場屋根材は、調査の結果、塗装できないニチハ社製のパミールと言う平板スレート材である事が判明しました。屋根材や屋根下地によっても施工法が異なるのが屋根リフォームです。詳しく解...........

屋根工事の風景を実際の現場で撮影した画像

茨城県日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、今年に入り屋根リフォームや屋根工事の相談が増えた日立市の皆様へ、屋根リフォーム工事に特化した内容で解説して行きたいと思います。日立市のお客様のみならず、茨城県内で屋根リフォーム...........

屋根上で作業する職人を地上から撮影

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。水戸市で行っているリフォーム中の屋根工事は、スレート屋根へガルバリウム鋼板でカバーし、屋根役物と言われる屋根頭頂部の棟板金施工や、これからの寒波に備えた雪止め施工を本日は行っていきます。前日...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391