オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土浦市で雨樋が火災保険で認定され追加工事の外壁塗装下処理実施


茨城県土浦市在住のU様より、雨樋の軒に掛かる軒樋交換外壁塗装のご依頼を頂いております。

当社に問合せを頂いた際『外壁塗装を考えているんだが、雨樋は屋根からの落雪で変形してしまっているので火災保険で申請して認められたらお宅に外壁塗装も頼む』とのご主人様からのご依頼。

自然災害による火災保険の認定は、保険加入状況・被害状況・被害時期による判断となります。
当社での調査の結果、一昨年の雪による被災と判断できたので申請のお手伝いをさせて頂きました。
※当社には、日本損害保険協会に認められた登録鑑定人も在籍しております。

火災保険で自然災害として認定された北側の軒樋
火災保険で自然災害として認定された2階南側の軒樋
こちらの画像は、左の画像が1階北側の軒樋で右の画像が2階南側の軒樋です。

何の圧力も掛からずに、ここまで変形する事はなく支持金具ごと下がる事も先ずありえません。
数日前に降った雨が流れず溜まってしまっているのがこの画像でもお分かりになりと思います。

外装塗装時に雨樋に変形があるまま塗装しているケースを見かける事がありますが、一瞬綺麗に見えても雨樋としての機能は果たしていなく、受けきれなかった雨が外壁に流れ込み、せっかく綺麗に塗った外壁に雨垂れ染みが早めに出来てしまうので、塗装やリフォームの際は自然災害申請に値する箇所が有るか否かを確かめると良いと思います。
※塗装業者さんから、当社に調査の依頼を頂く事も多くあります。
飛散防止シートで覆った仮設足場を西側から撮影
飛散防止シートで覆った仮設足場を東側から撮影
先週、仮設足場を設置し外壁の高圧洗浄まで終わっています。
高圧洗浄後は乾燥の時間に48時間以上空けるのがよく、当現場は先週の金曜日の午前中に終えています。

塗装の目的は、見た目の美しさもありますが機能性の観点からは外壁に被膜を作り雨水を浸透させない事があげられます。
水分が残ったまま作業に入ると塗膜に不具合が現れ、剥離(はがれる現象)にもつながりますので、しっかり乾燥させた後作業に入ります。
※冬場の塗装の場合は霜や夜露の影響もあるので一日の時間に制限がある季節となります。
サッシ上部のヘアークラック
サッシ上部のヘアークラックをコーキングにて補修
サッシ下の取り合いにあるヘアークラック
サッシ下の取り合いにあるヘアークラックをコーキング補修
サッシの取り合い部は、平面外壁部と比べクラック※ひび割れ』が多く発生する場所です。
塗装前の下処理の際、全ての外装を細かくチェックし1箇所1箇所コーキング補修をしていきます。

※万が一、クラックの補修をせず塗装を行った場合、塗装の密着度が低下し、外壁割れ部分からの雨水侵入の危険性が高まります。必ず細かく下処理を行う施工業者を選択してください。

2階の発見しずらいクラックと塗膜割れした破風板
下からでは見えない場所でもクラックが起こっており、破風板は15年前に塗装された塗膜が紫外線による影響で剥離を起こしバリバリとササくれ立っています。
木部のササくれや塗膜の劣化はペーパーやすりでの研磨を行う下処理を行います。
木部に木部専用下塗り材を塗布する職人
戸袋に木部専用下塗り材を塗布
ペーパーやすりで研磨し、既存の塗膜を剥がした後に木部への下塗り作業を行っています。
材料は、SK木部用下塗り塗料を使用しております。
天候にもよりますが、明後日以降に中塗り・上塗りの工程に入っていきますので、再度ご報告いたします。
錆止め材であるエポサビαの一斗缶
こちらは、ガレージの鉄部になります。
鉄部には、錆止めでの下処理となりSK技研の『エポサビα』を使用し、丁寧に職人が塗布しました。


ガレージの鉄部支柱に錆止め材を塗布
お客様が商品やサービスの提供にあたり、『安い』『早い』は1つの選択ワードだと思いますが
塗装に限らず職人が携わる施工には『丁寧』『安心』『適正』が第一ではないでしょうか。

大切なお家のお手入れは、『街の屋根やさん 水戸店』へ是非お任せください。
皆様に喜んでいただけるご提案、しっかりした施工をお約束いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

同じ地域の施工事例

施工事例

土浦市で130㎡の外壁塗装と付帯部塗装が完了し雨樋も同時交換

塗装前のU様邸
塗装が完了したU様邸
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
その他の工事
使用素材
【下塗り】エスケーサーフエポプレミアム 【中塗り・上塗り】エスケープレミアムシリコン 【軒樋】Panasonicアイアン105
築年数
45年
建坪
外壁塗装面130㎡ 軒天53㎡ 破風板88m 竪樋塗装45m 戸袋・雨戸・帯・その他塗装 ※軒樋交換
保証
塗膜保証10年
工事費用
118万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨天時に雨が溢れてしまうと雨樋交換の依頼があった現場

水戸市内で雨樋交換のご相談を頂いたお客様宅での事例をご報告いたします。お客様にお話を伺うと、数年前の積雪時に屋根から雨樋に落雪して雨樋が変形してしまい、雨量が多い時には雨樋から雨が溢れ出てしまうとの事でした。雨樋破損の原因が積雪時に起こった...........

ひたちなか市で雨樋が変形し零れ出る状態の平屋住宅

ひたちなか市の平屋住宅での雨樋交換が完了しましたのでご報告いたします。今回のひたちなか市の既存の雨樋は、既に製造が中止になっている廃盤雨樋です。『同形状の雨樋が未だに流通していれば同品番で雨樋交換を行いますが、廃盤雨樋の場合の雨樋交換はどう...........

高所作業車に乗った職人と屋根上にいる職人が連携して雨樋交換作業

桜川市で行われている大型建物への屋根工事も終盤に差し掛かり、雨とい交換作業に入りましたので、今回は大型建物用雨どい取付けの様子をお伝えします。本来、屋根の軒先に取り付けられる雨どいは、建物の横面での作業となるため、2階屋根などでの雨どい取付...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391