オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土浦市で棟板金交換のご依頼があり貫板は防腐処理した杉材を使用


土浦市でのガルバリウム製棟板金を防腐処理した貫板から交換していきます。

きっかけは、お隣のお宅で屋根葺き替え中にご主人様に『家のぐし(棟)の板金を交換してくれないか?』とお声がけいただいたのがご縁です。
※当社への問い合わせは、お電話やメールでのお問い合わせが大部分をしめますが、現場にて直接お声がけいただく事も多くありますので、皆様も気兼ねなくお声がけくださいませ。

調査した棟板金の西面
調査した棟板金の東面
大きな屋根に太陽光発電を設置されているお宅で、屋根もとても綺麗ですが、ご主人様曰く『10年に1度は何もなくても交換するんだよ~!最近ハウスメーカーも来ないからよ~。』との事。
破損や症状がなくとも、早め早めのメンテナンスはお家を長持ちさせてくれます。
ご主人様は定期メンテナンスを心掛けており、今回棟板金と貫板を交換させて頂きます。


棟板金の繋ぎ目のコーキングが剥離
繋い目部分のコーキングがボロボロ
棟板金のつなぎ目に施されていた、コーキングは劣化により剥離しています。
屋根の頭頂部に位置する棟板金のコーキングは、紫外線による影響が出やすい箇所ですので定期的なメンテナンスが必要になる部分です。
※コーキングの寿命は5~10年と言われ、早ければ3年~5年で剥離する場合もありますのでご参考にして見て下さい。
既存の棟板金を外した状態の貫板の状態を確認
既存の棟板金を外した貫板の状態です。
前日に雨が降り、貫板にまで雨が浸透した跡が見え多少水分を吸っている状況でした。

この状態が、更に経過すると貫板が腐食し、棟板金の留め具の効きが甘くなります。
貫板の腐食は、棟板金飛散の一因になりますので、棟板金交換時は貫板からの交換を推奨します。
新しい防腐処理した貫板を施工
新しい貫板に交換していきます。
今回お客様には、防腐処理された杉材の貫板をご選択いただきました。

最近は、樹脂製貫板であるタフモックを使用する場合も多くなりましたが、お施主様は定期的なメンテナンスをされている為、ご負担をおかけしない杉板貫板での交換をご提案いたしました。
太陽光発電パネルと杉貫板
グレー色の新しいガルバリウム板金を施工
貫板を健康な状態に戻し、新しいガルバリウム棟板金を施工していき、最後に板金と板金を繋ぎ目にコーキングを打てば完成です。
作業は9:00~16:00で、かたずけが終わるころにはすっかり陽も暮れていました。

【棟板金は雨漏りの温床となりうる箇所です】
棟板金は、屋根の頭頂部に位置する為、風雨にされされ紫外線の影響も一番受けてしまう場所です。
また、屋根の上なので、お客様での判断が難しい箇所でもあります。
屋根の事は屋根屋さんにお任せください。皆様の住宅を健康に保つお手伝いをいたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石岡市に台風直撃で棟板金と雨樋飛散、支給交換工事に対応です

棟板金飛散2
棟板金アフター
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
台風
使用素材
ガルバリウム銅板棟板金・パナソニック製半丸軒樋
築年数
25年
建坪
36坪
保証
10年
工事費用
750,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

土浦市で130㎡の外壁塗装と付帯部塗装が完了し雨樋も同時交換

塗装前のU様邸
塗装が完了したU様邸
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
その他の工事
使用素材
【下塗り】エスケーサーフエポプレミアム 【中塗り・上塗り】エスケープレミアムシリコン 【軒樋】Panasonicアイアン105
築年数
45年
建坪
外壁塗装面130㎡ 軒天53㎡ 破風板88m 竪樋塗装45m 戸袋・雨戸・帯・その他塗装 ※軒樋交換
保証
塗膜保証10年
工事費用
1,180,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

H様現場調査時の棟板金

本日は先週に着工しました屋根・外壁塗装と棟板金交換工事の現場に、進捗状況の確認で訪問しました。弊社では担当者が現場の管理も行っております!!屋根は、塗装前のスレート屋根棟板金工事を行っており、外壁塗装は中塗りの段階です!!外の気温8度の中で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391