オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で寿命が60年?の釉薬瓦屋根からの雨漏りを部分葺き直し


昨年の台風により雨漏りし、12月に調査させていただいた水戸市在住のお客様宅での施工です。
お客様が自然災害の申請をされ、決定するまで時間を要しましたので施工に入る迄時間がかかりました。

今年に入ってからは、そこまで強く雨が降る事もなく雨漏りも沈静化しているとの事で
『あんた達も忙しいんだから梅雨前にやってくれれば、ついでの時で良いよ』と奥様に言われていたので、少し甘えさせていただき今日施工となりました。
一部葺き直し作業を行う2名の職人
今回は一部葺き直しなので、午後から職人を2名入れ当日に仕上げます。

瓦の寿命と防水シート(ルーフィング)の寿命は同じではありません。

既存の釉薬瓦を剥がす
瓦を外すと防水シートが破損しています
この和瓦は、釉薬(ゆうやく)瓦と言う種類の瓦で、表面を釉薬で化粧した粘土瓦です。
見た目はツルツルしている瓦で、発色が良く釉薬なしの瓦と比べて耐久性があると言われており、寿命は60年程度と言われている瓦です。 ※雨が降ると、表面はいっそうツルツルし滑りやすくなる瓦ですので、朝つゆ等が残る時期には注意が必要な瓦でもあります。

室内天井への屋根からの雨漏りの多くの原因は、防水の最後の砦である防水シート(ルーフィング)の破損です。台風時等、雨が吹き付けられた際に屋根材内部まで浸水した場合に防水シートが食い止めてくれるのですが、防水シートが破れてしまっています。

防水シートの破損が5か所
あちこちに破損が見られる防水シート
こちらのお宅は、築38年目のお宅ですが瓦を一定範囲捲ると壁際を中心に破損が点在しています。
もちろん、防水シートは新品な状態では先ず穴が開いたりするものではありませんが、防水シートが劣化してしまった状態はお客様が思うほど丈夫な状態ではありません。
防水シートの寿命は約20年で、過ぎて明くる日から突然雨漏りするわけではありませんが、大雨時などは注意が必要になる要素が潜んでいます。
既存の6列の瓦桟
瓦屋根特有の、瓦を引っかけズリ落ちないようにする為の瓦桟を、葺き直す部分だけカットします。
瓦桟を撤去していく職人を下から撮影
今回葺き直すのは、約1坪(3.3㎡)分です。業者さんによっては少量では受け付けてくれない業者さんもあると思いますが、多少のお時間の猶予を頂ければ当社は喜んで施工いたしますので、御気軽にお問合せ下さい。
新しく敷き直したTAJIMAの防水シート
既存の瓦桟と新規の瓦桟を繋ぐ
新しい防水シートにもしっかり重ね代を作り、既存の瓦桟に防水シートを潜り込ませ、ここにも重ね代を作ります。

【瓦屋根一部葺き直しをご依頼の際の注意点】
今回の様な部分的な葺き直しは、下地の高さが変わってしまう為、防水シートの下地の野地板にラーチ合板を重ね張りする等の施工方法が取れず、防水シートが全面新しくなるわけではありません。
修理費用の面では、安価な瓦屋根の修理方法にはなりますが、再度隣接した屋根部での雨漏りが発生するリスクは残りますので慎重にご検討下さいませ。



今回一部葺き直しした下屋根を斜線表示
今回、一部葺き直しさせて頂いた場所ですが、その他の部分は防水シートが経年のままです。
下屋根の南面
葺き直し等は、面での葺き直しでご検討頂くことをお勧めいたします。
【葺き直し(ふきなおし)】※今回の施工方法 ←詳しい説明はclick
葺き直しは、瓦屋根のみ可能な屋根の修理方法です。ガルバリウム屋根・スレート屋根等、瓦屋根材以外の屋根材で行う事は出来ませんのでご検討の際はご注意ください。
※瓦屋根材下地(防水シートや野地板)を新しくし、再度既存の瓦を使用する修理方法です。
【葺き替え(ふきかえ)】←詳しい説明はclick
下地(防水シートや野地板)を新しくし、新しい屋根材を新調する、屋根のリフォーム工事です。

屋根に関するご相談は、街の屋根やさん水戸店へ

<屋根工事のご相談フリーダイヤル>
0120-270-981
<24時間メール受付窓口> ← こちらをclick

同じ工事を行った施工事例

施工事例

小美玉市で梅雨前に解消!和瓦谷部からの室内雨漏り補修工事完了

和瓦下ろし下地腐れ酷い状態
瓦葺き直し完了画像
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
ラーチ合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・谷板金(ガルバリウム製)・防腐処理瓦桟・谷板金クッション材
築年数
42
建坪
36坪
保証
1年
工事費用
15万円
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

水戸市でモニエル瓦葺き直しと小屋根のスレート葺き替え同時施工

雨漏りしている部屋の上の屋根が陥没している
葺き直しが完了したドーマー部分
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
アパート
使用素材
【葺き直し】既存モニエル瓦【葺き替え】コロニアルグラッサ
築年数
28年
建坪
62坪+小屋根8㎡
保証
10年
工事費用
2,800,000

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市で大棟熨斗瓦(のしがわら)脱落による強化棟七寸丸へ変更

9741468289689
9741466711581
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦
築年数
48年
建坪
8m
保証
1年
工事費用
13.2万円
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

水戸市ルーフィング破損雨漏りをガルバリウム金属屋根カバーで解消

屋根に荷物を揚げる職人
ガルバリユムカバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
足場
使用素材
横暖ルーフS(メーカー名:ニチハ)
築年数
築26年
建坪
26坪
保証
10年
工事費用
85.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市の東日本大震災で倒壊した棟部分を妻側から撮影

茨城県内のお客様各位様【4月12日の地震4月13日の強風雨による屋根修理・雨漏り修理】お問合せが急増しておりますが、順次、お問い合わせ順にて早急に対応させて頂きます

屋根裏天井調査②

小美玉市で昨年12月に雨漏り調査をさせて頂きました。昨年10月の台風15号・19号で防水シート穴空きや谷板金の破損がありましたので本日工事を行う予定です。瓦を剥がしてみないと分からない部分が多少ありましたが、屋根裏から状況も確認していました...........

お客様が撮影された台風15号当日の台所雨漏り画像

茨城県水戸市で、昨年の台風による雨漏りで室内天井材に穴が空いてしまったT様邸の施工です。今回は、室内天井張替えに職人2名、屋根葺き直し施工に職人3名を同時に入れました。室内と屋根で同時に入れるメリットは、雨漏り箇所を余すことなく探り当てるの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391