オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で破損と劣化した銅製の雨樋の交換と屋根漆喰の部分補修工事


茨城県水戸市にお住いのお客様より、銅製の雨樋についてご相談をいただきました。先月の調査の模様とその後に行った雨樋の交換工事、さらに屋根の棟漆喰の部分補修の様子をお届けいたします。

銅製雨樋の調査

銅樋の大きなお宅
白壁が映える堂々とした居住まいの日本家屋です。全ての雨樋が銅製でできており、計測したところ1階と2階を合わせて80メートル以上になりました。

銅は見た目や風格から純和風の住宅に使用されることが多く、軽くて丈夫な上錆に強い特徴があります。100年以上持つと言われるほど耐久性は高いのですが、昨今の厳しい気象条件もあり、環境によっては早めに穴が開いてしまったり破損する事例も報告されています。
銅樋集水器の泥詰まり
集水器に通じる穴が泥により完全に塞がれています。これでは竪樋に雨水が流れずあふれ出てしまいます。
銅樋集水器の詰まり
こちらは枯れた草や葉が大量に入り込んでいます。様形を考えると小鳥が営巣した跡の可能性もあります。
銅樋の泥詰まり
長年溜まり続けたゴミや泥のかたまりがあちこちにあり、スムーズな雨水の流れを妨げています。一度もメンテナンスを行わなかったため、歪みや変形がかなり見られました。
銅樋の割れ
外側に大きく歪んだ箇所が割れ、細長い穴が開いています。ご主人様によると、大雨の日にはひどい水漏れが起き、外壁を広範囲に濡らしてしまうとお困りのご様子でした。

銅と釉薬瓦について

通常の雨水では錆びることのない銅に穴が開く原因として、まず酸性雨が考えられます。光化学スモッグ等により酸性雨が降りやすくなり、その影響で銅製の雨樋の腐食が引き起こされるのです。
酸性雨によるものが大半ですが、こちらのお宅の屋根瓦は「釉薬瓦を使用していました。
釉薬瓦(陶器瓦)とは瓦型の素地に釉薬(うわ薬)をかけ、高温で焼き上げた瓦のことです。多様な色を出せるのが魅力で、また表面の釉薬がガラス質になっているため、水の浸透を防ぎ、長く綺麗な状態を保つことができます。

銅製雨樋と釉薬瓦、美しく耐久性が高いもの同士ですが、実は相性がよくありません。
以前は高級普請用としてセットで建てられることが一般的だったようですが、釉薬には銅を溶かす成分が含まれており、それらが雨等で流れ出し、長期に渡り雨樋の溜まりやすい箇所を腐食していくのだと解明されてきました。

銅製雨樋の交換

銅製雨樋2階交換
ご主人様といろいろ打ち合わせを重ねた結果、釉薬瓦の件もご了承いただき、同じ銅製の雨樋を新しく取り付けることになりました。集水器と竪樋は今までのものを残し、軒樋と樋受け金具を交換しました。
銅製雨樋交換工事
2階の「曲がり」(コーナー)の部分です。
銅製雨樋玄関交換
玄関の庇(ひさし)も綺麗になりました。
銅製軒樋止め
軒樋の先端の「止まり」の部分です。
銅製軒樋交換
軒樋と集水器との連結部分です。
軒樋に集水器が溶接されていると取り外しがかなり大変になるところでしたが、今回は以前と同様に継ぎ手をしっかり接着し、既存の集水器を取り付けました。因みに接着剤やコーキング剤は銅専用のものを使用しています。

銅の色は「銅色(あかがねいろ)」や「赤銅色(しゃくどういろ)」と表現されますが、交換したばかりの銅製雨樋は新品ならではの赤褐色の明るい色合いです。
空気に触れると酸化が始まり、徐々に暗く黒ずんでいき黒褐色になります。さらに年月が過ぎると、最終的に銅錆いわゆる「緑青」をまとった美しい緑青色へと変化し、元々の集水器や竪樋と同じような色味に落ち着くのです。
銅ならではの様々な変化を楽しむのもいいかもしれませんね。

追加で屋根の漆喰を補修

屋根漆喰の剥がれ
屋根の棟部分の漆喰が剥がれてしまい、固定用の導線が外れています。
屋根漆喰の崩れ
漆喰が完全になくなり、中の葺き土と呼ばれる下地が露出しています。
棟漆喰の補修
棟漆喰の部分補修
一度メンテナンスを行ったとのことで、幸いにも崩れは部分的で剥がれた箇所も少なかったため、乾燥して古くなった漆喰を取り除き新たに塗り直しました。

最後に・・・

梯子で銅製雨樋交換
銅製雨樋交換2階
銅製雨樋交換2階梯子
本来は足場を架けて施工するところですが、下屋がかなり張り出していたこともあり、今回は梯子と脚立で対応しました。
横滑りによる転倒を防ぐため、作業中や上り下りの際には必ず下で梯子や脚立を支え、2名1組の計4名で行いました。足場を架けない分コストは抑えられましたが、梯子を少しずつ移動させながらの作業は通常の倍以上の手間がかかりました・・。
安全第一!を常に心がけましたが、ほとんど風がない日でよかったです。
また、銅製品は直接手で触れてしまうと指紋がつき黒ずんでしまうので、作業中は手袋が必須アイテムでした。職人さんいわく、「ものすごく気を使った!」

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大洗町で南蛮漆喰の剥がれによる補修とテラス屋根のポリカ交換工事

ビフォー
漆喰工事完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰・ポリカーボネイト板
築年数
20年
建坪
32坪
保証
1年
工事費用
28.6万円
施工事例

笠間市での棟瓦の葺き直しは強力なんばん漆喰仕様で土台を強化

笠間市で化粧棟から木?隅棟から草?棟や桟瓦にラバーロックしてあります
主棟を温存した化粧棟と隅棟の葺き直しが完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
強力なんばん漆喰・水シャット・緊結銅線
築年数
築40年
建坪
保証
3年
工事費用
約92万円
施工事例

ひたちなか市で142mの漆喰詰め直しと鬼巻き漆喰施工が完了

ひたちなか市の漆喰詰め直し施工前の大棟
ひたちなか市の現場で漆喰詰め直しが綺麗に完了した大棟
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰(白)
築年数
36年
建坪
屋根漆喰詰め直し116.2m 鬼漆喰(鬼巻き)18箇所 葺き止め漆喰25.9m
保証
3年間
工事費用
61.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__2646070_0333

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店の田村です。今回のお客様は、半年ほど前に中古住宅を買われ初めての屋根メンテナンスです。中古住宅を買われる際に、内装や外装を良く確認すると思いますが、屋根の上や棟漆喰の状態までの確認は中々できません...........

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで現場調査にお伺いしました

城里町の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、城里町での雨漏り現場調査です。築40年以上の立派な入母屋(いりもや)造りのお宅を小屋裏と屋根の内外から徹底的に調査します。今年の梅雨は期間が長びいており、雨漏り被害調査に呼ばれる機会...........

水戸市雨漏り調査で漆喰を打診棒で叩くと分かる音

水戸市在住のお客様より雨漏りのお問い合せを頂きました。和室8畳間の目透かし天井に雨漏りが発生しているようです。本日はお客様ご不在の中の現場調査の為、外部から雨漏り究明となります。和瓦葺きの大きなお家のなので、隅々まで雨漏り調査をしていきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391