オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市で雨漏り調査依頼


水戸市で雨漏り調査依頼

水戸市在住のお客様より雨漏り調査のお問い合せを頂きました。
和室8畳間の目透かし天井から雨漏りが発生しているようです。

本日はお客様ご不在ですので、内部からの雨漏り調査ができない為、
外部から雨漏り究明となります。

和瓦葺きの大きな家屋なので、隅々まで雨漏り調査をしていきます。

では見ていきましょう(^^ゞ


雨漏り調査は和瓦葺きの大きい家屋

水戸市で雨漏り調査をしていきます
50坪以上ある大きなお家ですがお客様から聞いている情報ですと、
西側の和室にて雨漏りが発生しているようです。

本日は内部から雨漏り調査ができませんので、屋根中心に雨漏り調査を進めます。
雨漏りの原因になりやすい壁と屋根の取り合い部や、谷部も多くあります。

ただ、外部のみの診断ですので原因が分からない可能性も考えられてきます(--;)

雨漏り調査に使う打診棒

水戸市雨漏り調査で漆喰を打診棒で叩いてみる
雨漏り調査に使用する打診棒
水戸市雨漏り調査で漆喰を打診棒の先に付いているボール
打診棒の先端部は球体
本日の雨漏り調査に使用する道具ですが打診棒という器具です。

壁やタイル、モルタルやコンクリートなどが浮きや剥離などを起こしていても、
肉眼ではなかなか確認できないことがあります。
その際に叩いて音を聞き分け、内部の状態を判断する際に使用する
専用の棒を打診棒と言います。

打診棒はグリップの付いた細長い金属の棒の先に、金属でできた丸い球が
付けられていて壁やタイルではなく、今回は屋根の漆喰部を確認します。


打診棒で降り棟の漆喰を雨漏り調査

水戸市雨漏り調査で漆喰を打診棒で叩くと分かる音
打診棒を使用して雨漏り調査をする箇所
降り棟の漆喰を打診棒を使用し雨漏り調査を行ないます。

この打診棒で叩いてみると漆喰がしっかりしている所は、固い高音で「カンカン」
漆喰が剥がれそうな所を叩くと低音で「ブニュブニュ」と音が出ます。

また手に伝わる振動でも判断が付きます。漆喰の剥がれや漆喰部に雨水の浸入
雨漏りの原因になりますので、時間をかけて一つ一つ調べます。


瓦屋根の谷部漆喰が剥がれて落ちています

水戸市雨漏り調査で見つかった谷の漆喰剥がれ
漆喰が剥がれ落ちそうな谷部
水戸市雨漏り調査で分かった雨の浸入口
谷部に雨水の浸入痕がありました
瓦屋根の谷部漆喰を確認すると剥がれて落ちそうになっていて、
手で触ると今にも脱落しそうな感じです。

雨漏り調査で原因を究明する為に漆喰を外し確認すると、真新しい
雨水の浸入痕があります。

この下にはちょうど雨漏りがある部屋の真上ですが、本日はお客様がご不在ですので
散水試験は出来ませんが、十中八九ここで間違いなさそうです(^_^;)

※雨漏り調査には通常散水試験を行います。後日散水試験を行う予定です。

谷部には板金が入っており、その板金を通って雨水は屋根の外に排水されるのですが、水の浸入を防ぐため瓦と板金の間に漆喰を詰めます。
こちらのお宅では、その漆喰も劣化により剥がれ落ちていたのが雨漏りの原因です。

雨漏りは棟や谷などの緩衝部が多くなっています

水戸市で雨漏りの原因である谷の調査をしました
雨漏り調査は判明した瓦屋根の谷部
水戸市雨漏り調査で2階屋根の状態を確認する
高所棒を使用して撮影するスタッフ
雨漏り調査で原因はほぼ分かりましたが、お客様在宅時に再度散水試験を行い
屋根全体の雨漏り調査を行う予定です。

今回の雨漏り調査にて屋根全体の漆喰に痛みが多く、剥がれそうな所や剥がれている
所が多数ありましたので、漆喰の詰め直しをお客さまにご提案致します。

屋根の漆喰は15年~20年が対応年数です。防水シートの対応年数も同じく長くても
20年ですので、屋根のメンテナンスは必要不可欠になります!

雨漏りや漆喰が気になる際は、屋根のプロフェッショナルである
「街の屋根屋さん水戸店」に雨漏り調査をご依頼下さい\(^_^)/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

雨漏りは皆さんが思っているよりも大きな被害を住まいに与えてしまいます。
改めてその危険と原因を理解し、雨漏り対策に努めていきましょう(^_^)

雪が降るシーズンでの雨漏りも大変多くなっています。
他社さんで原因が分からない雨漏りは当社にお任せ下さい!!


街の屋根やさん水戸店のメール派のあなたはこちらへ

現場担当者が、24時間以内に
親切丁寧に返信します。
街の屋根やさん水戸店のお電話派のあなたはこちらへ
0120-270-391

『ネットで見たんだけど・・』でOK!
スタッフが親切丁寧に対応します。
スタッフ画像の入った私達がお伺いします
日立市のお客様と担当者が玄関前で撮影

補修の中で誠に細かな所
まで仕上げて頂きまして
立派な仕上がりで
満足しております。

お客様とお客様担当スタッフとのツーショット画像
職人さんも感じが良く
丁寧だった。
お店の改装も相談にのってもらっている。

41F71FE6-5E3C-4FED-86BF-2033F6ED76DC-columns3

外観写真を確認しよく仕上がり、今後の保証についても信頼があり依頼して良かったと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大洗町で南蛮漆喰の剥がれによる補修とテラス屋根のポリカ交換工事

ビフォー
漆喰工事完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰・ポリカーボネイト板
築年数
20年
建坪
32坪
保証
1年
工事費用
28.6万円
施工事例

笠間市での棟瓦の葺き直しは強力なんばん漆喰仕様で土台を強化

笠間市で化粧棟から木?隅棟から草?棟や桟瓦にラバーロックしてあります
主棟を温存した化粧棟と隅棟の葺き直しが完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
強力なんばん漆喰・水シャット・緊結銅線
築年数
築40年
建坪
保証
3年
工事費用
約92万円
施工事例

ひたちなか市で142mの漆喰詰め直しと鬼巻き漆喰施工が完了

ひたちなか市の漆喰詰め直し施工前の大棟
ひたちなか市の現場で漆喰詰め直しが綺麗に完了した大棟
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰(白)
築年数
36年
建坪
屋根漆喰詰め直し116.2m 鬼漆喰(鬼巻き)18箇所 葺き止め漆喰25.9m
保証
3年間
工事費用
61.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__2646070_0333

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店の田村です。今回のお客様は、半年ほど前に中古住宅を買われ初めての屋根メンテナンスです。中古住宅を買われる際に、内装や外装を良く確認すると思いますが、屋根の上や棟漆喰の状態までの確認は中々できません...........

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで現場調査にお伺いしました

城里町の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、城里町での雨漏り現場調査です。築40年以上の立派な入母屋(いりもや)造りのお宅を小屋裏と屋根の内外から徹底的に調査します。今年の梅雨は期間が長びいており、雨漏り被害調査に呼ばれる機会...........

銅樋の大きなお宅

茨城県水戸市にお住いのお客様より、銅製の雨樋についてご相談をいただきました。先月の調査の模様とその後に行った雨樋の交換工事、さらに屋根の棟漆喰の部分補修の様子をお届けいたします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391