オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市で雨漏り調査後にブルーシートで応急処置


日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

日立市のスレート屋根のお客様より、雨漏り調査のお問い合せを頂きました。
お問い合わせ内容
『築25年のスレート屋根の建物で建築後2~3年で雨漏りするようになり
建築業者に何度か依頼するも雨漏りが止まらないので調査を頼みたい』

本日は、室内と外部に分かれスレート屋根の雨漏り調査を行います。
雨水がどこから浸水しているのか?徹底的に調べあげます ヽ(^o^)丿

日立市のスレート屋根雨漏り調査でお伺いしたスレート屋根のすてきな平屋
こちらが雨漏りの調査依頼を頂いた日立市の住宅です。

平屋造りの住宅なので、屋根からの雨漏りは生活にも支障をきたします。
雨漏りの発生から、かなりの年月が経過しているので屋根の下地も心配です。
今回は屋根裏(小屋裏)から、屋根の下地の調査も行います。

室内天井の雨漏り被害

日立市のスレート屋根雨漏り調査で天井の雨染みを確認していきます
日立市のスレート屋根雨漏り調査で小屋裏雨漏り調査をします
雨漏り調査のスタートは、天井雨染みの状況と小屋裏の
雨漏り状況を確認していき、雨漏りの浸水口を探していきます。

約4.5mの廊下の天井に雨染みができており、ご主人様に確認すると
『自分で小屋裏に登りブルーシートを敷いて漏れないようにしてある』との事。
※小屋裏は足場が不安定な為、緊急時以外は業者にお任せ下さいませ※

早速、廊下の上部に当たる部分を確認する為、クローゼットの天井部から
小屋裏に上がらせて頂き、雨漏り状況と雨水の浸水口の調査を開始します。

スレート屋根からの雨漏りを小屋裏から確認します

日立市のスレート屋根雨漏り調査で小屋裏の奥に入り雨漏りを探していきます
日立市のスレート屋根雨漏り調査で小屋裏調査で分かった雨漏り箇所
スレート屋根からの雨漏り箇所を判断する為、業務用照射LEDライトを
照らしながら、躯体である梁(はり)の上を渡り歩き奥に進んでいきます。

小屋裏から屋根の頂点である棟下の母屋(もや)を見上げると、スレート屋根の
下地であるラーチ合板が黒ずんで広範囲に腐食し白カビも発生しています。
※小屋裏から調査したことにより、この場所が雨漏り箇所である事が判明※

屋根からの雨漏り調査を開始します

日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から雨漏り調査をしていきます
雨漏り調査の為に屋根に登ったスタッフ
屋根裏からの雨漏り調査で凡その雨漏り箇所が確認できたので
次は屋根の上から雨漏りの浸水箇所を調査していきます。

今回、雨漏り調査の御相談を頂いた日立市の住宅は平屋住宅ですが
日立市には多い高台に建築された住宅で、南面にあたる裏面は
眺めのよい断崖絶壁です。
建物の南側は風よけのない建築立地
風を遮る物が一切ないので、台風時期などには必要以上に風が伴い
通常では雨があたらない箇所への雨水が廻ってしまう建築条件です。

屋根からの雨漏りは、建築条件によっても浸水箇所の想定は変わります。
理屈で理解できても、こればかりは経験が物を言います。
屋根からの雨漏りは、屋根を熟知し雨漏り調査の経験豊富な業者を
選択する事が大切です ヽ(^o^)丿

屋根材全体の状態

今回の日立市の屋根材はセメントが主原料の平板スレートです。

スレート屋根材は、基材への雨水浸水を防ぐ為に表面に塗装を施し
雨水を弾いてくれる役割をもたせていますが、日立市の現場の屋根は
全体的に塗膜が剥離しており不健康な状態です。

次の画像は日立市の現場屋根と新品のスレート屋根材との比較です。

1-66-columns2
今回の日立市の屋根の状態
新品のスレート屋根の状態
新品のスレート屋根材(他現場)
比較すると一目瞭然で、塗膜が全て剥離しています。

この屋根材は10年~15年で屋根塗装を施す屋根材です。
塗膜が剥離してしまうと、基材自体に雨水が浸水し屋根材の反りや破損が
起こりやすくなってしまいます。

反りや破損は屋根材の飛散にも繋がり、最悪は雨漏りに発展してしまう事も
あるので、屋根のメンテナンスが必須の状態です。

屋根の雨仕舞い板金を確認します。

次は、屋根裏からの調査で雨漏りが起こっていた部分を重点的に調査します。
屋根裏の雨漏り箇所の上に位置する屋根の部位
屋根裏からの調査で判明した雨漏り箇所の上部はこの部分です。

お洒落な形をしている屋根は、屋根形状が複雑なため、屋根の凹凸部や
屋根につなぎ目部分が多くなります。

そのような部分には、雨水の浸水を防ぎ雨の流れを作る為の雨仕舞(あまじまい)や
雨押さえの対策が施されます。
下地・板金・留め具・コーキングで構成されていますが、建築後2~3年からの
雨漏りなので、雨仕舞対策が不十分だったのだと思います。

日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所は以前の業者さんがコーキングで雨仕舞いをしてましたが雨漏りは解消されていません
日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所はケラバ板金からの雨水浸入からの雨漏りの可能性が高いです
調査に結果、こちらの画像部分が雨漏り原因である浸水口と判明

スレート屋根の雨漏り箇所である棟板金とケラバ板金部には、防水対策の
コーキングで雨水の浸入を防ぐ雨仕舞いが施されています。
コーキングを施す事は良い事ですが、奥までコーキングをしっかり入れた
雨仕舞いでないとケラバ板金から水が入り棟板金から雨漏りしてしまいます。

日立市での雨漏り調査の結果

全体的にスレート屋根材の塗膜剥離がある日立市の屋根
調査の結果、雨漏りの浸水口は判明しましたが、屋根材全体がメンテナンス
時期に来ているので、部分的な補修ではあくまでも応急処置的処理です。

屋根の雨漏り補修は、今の屋根の状態やお客様の御予算によっても変化しますが
屋根全体の状態が悪い場合は、局部的な微補修を行っても隣接部分から再発し
幾度も微補修を繰り返す住宅も少なくありません。

最終的な判断はお客様次第ですが、屋根業者の見解としては屋根材の耐久年数や
屋根下地の状態から見ても、屋根の葺き替えが先々の為にもベストな工事です。

今日はコーキングとブルーシートで応急処置

日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所はケラバ板金からの雨水浸入がありコーキングで応急処置
日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所はケラバ板金からの雨水浸入がありコーキングえお奥まで詰めて応急処置
お客様に屋根全体の工事見積もりを提出する事になりましたが
梅雨入り後は雨の日が多いため、今日はコーキングとブルーシートを
掛け応急処置を行っていきます。(雨漏り調査無料・ブルーシート処置¥5,000)

先ずは古いコーキングは撤去し、新しいコーキングを奥まで充填し
横からの雨水浸入も許さないよう施工します。
また、奥までコーキングが打ちづらい板金緩衝部へは、ヘラを使用して
板金の奥までコーキングを詰め打ちし応急処置しました。

ブルーシートをかけ、雨漏りの応急処置完了です

日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所でブルーシートに土嚢を載せ応急処置
日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所でブルーシートを使い応急処置
更に、コーキング後に板金部をブルーシートで養生し、土嚢(どのう)袋を積み
ブルーシートの飛散対策を行い雨漏りの応急処置は完了です。

雨漏り対策としてブルーシートに土嚢袋を積んだ現場をよく見かけますが
土嚢袋は両側をひもで縛り落ちないようにしなくては大変危険です。
また、土嚢袋は紫外線劣化する為、3か月程度の応急処置だと心得て下さい。

まとめ

日立市のスレート屋根雨漏り調査で屋根上から判明した雨漏り箇所でブルーシートに土嚢を載せ応急処置しました
屋根の一番の雨漏り対策は、定期的なメンテナンスですが
それでも雨漏りが発生してしまった場合は、放置をせずに直ぐに屋根業者に
雨漏り調査の依頼をして下さい。

雨漏りの放置は被害を広げます。8月からは本格的な台風シーズンなので
屋根の破損・雨漏りしているお客様はお早めにメンテナンスしましょう (^O^)/

街の屋根やさん水戸店の無料調査を活用して下さい

街の屋根やさん水戸店の無料調査を活用して下さい。

当店では、屋根リフォーム相談・屋根のトラブル調査・雨漏り調査・お見積りを
無料で賜っております。
屋根工事は茨城県内一律料金制なので、日立市のお客様にも大変ご好評です。
お客様の御要望やご予算によってアドバイス!
急な出費にも負担軽減の低金利のリフォームローン取り扱い店ですヽ(^o^)丿

屋根工事・雨漏りの事なら街の屋根やさん水戸店へお気軽にご相談下さい。

日立市のお客様から頂いた声をご紹介します。

日立市のお客様と担当者のツーショット写真
森さん・田村さんの説明も良く、見てもらったその日にここだと思った。

MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
親切で丁寧。
本音で話していただけたところが良かった。


日立市のお客様と担当者が玄関前で撮影
補修の中で誠に細やかな仕事で仕上て頂き、とても満足しています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で波型スレート屋根の交換と外溝フェンス修繕工事が完了

屋根工事を行う前の水戸市内の破損した波板スレート屋根
新しい波板スレートで交換が完了した水戸市内のボンベ庫の屋根
工事内容
屋根補修工事
倉庫
使用素材
【波型スレート】ノンアスベスト大波スレート・ステンレス製フックボルト【外溝フェンス】リクシルハイブリットフェンス・フェンス台ブロック・砕石等
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
火災保険適用工事(全額)
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での外壁クリヤー塗装でレンガ調外壁の光沢が甦りました

塗装前の日立市の住宅
新築時の様に外部が綺麗になりました
工事内容
外壁塗装
使用素材
【外壁塗料】ピュアライトUVプロテクトクリアー【付帯部塗料】クリーンマイルドシリコン、ケンエースG-Ⅱ、【コーキング材料】ノンブリートタイプ変成シリコーン
築年数
12年
建坪
約45坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

日立市での切り妻屋根工事は脱落寸前の巴瓦を強化棟で7寸丸被せ

屋根修理前の状態の日立市の瓦屋根
日立市の瓦屋根は棟の取り直しが完了です
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
耐震棟金具、樹脂製棟垂木、なんばん、7寸丸瓦(銀黒)、防水パッキン付きビス
築年数
約40年
建坪
約30
保証
3年
工事費用
15.4万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

倒木による屋根破損が起きた鉾田市の住宅


鉾田市のお客様より、街の屋根やさん水戸店のホームページをご覧になり、御相談がありました。鉾田市のお客様から頂いた御相談内容セキスイハイム住宅なのですが、隣地の林の木が倒れ屋根が破損してしまった。メーカーさんでも見積もりを取っ...........

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

台風被害を受けた瓦屋根を調査します

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は台風被害を受けた瓦屋根の修理依頼になります。今回のお問い合せ内容2019年の台風19号で瓦がズレていたようですが、最近まで気づかず他業者さんのご指摘により判明したようです。瓦屋根はパラペットがあり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391