オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

笠間市での屋根葺き替えご検討は凍て割れした瓦と雨漏りが原因


今回は、笠間市のお客様からの屋根葺き替えのお見積り依頼です。
築50年経っている入母屋(いりもや)造りの立派な住宅です。

茨城県ではあまり見る事のない、凍て割れ(いてわれ)の症状がある瓦と雨漏りが発生していましたので、ご自宅の屋根に同様の症状が見られるお客様も参考にして下さい。

凍て割れとは何?

凍て割れした瓦
凍て割れした瓦
屋根葺き替えのご検討は瓦の凍て割れから
屋根葺き替えのご検討は瓦の凍て割れから
画像の瓦の症状が、凍て割れ(いてわれ)や凍害(とうがい)などといいます。
外的な衝撃で割れているわけでなく、内部から起こっている症状です。
瓦は土を材料としているので、経年で水分を含みやすくなり、気温が下がると瓦に含まれた微量の水分が凍結・溶けるを繰り返し、水分の体積が膨張して瓦の表面が割れてしまいます。

茨城県では、余り見る機会のない凍て割れの症状が笠間市で起こっていました。

葺き替えご検討のきっかけ

勾配計は5寸を指しています
勾配計は5寸を指しています
急斜面の入母屋
急斜面の入母屋
笠間市のお客様が屋根葺き替えを検討したきっかけは、2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災のようです。
茨城県でも震度6弱あり、当時は瓦屋根に影響はなかったようですが、次にあの規模の地震がきたらもうダメだろ~と思ったそうです。

重い屋根は重心位置が高く揺れが大きく、建物の倒壊リスクが高まります。笠間市の屋根は約10tの瓦が屋根に載っているので、屋根を軽量化したいとのご相談内容です。

雨漏りの有無も確認します

瓦を捲ると防水シートの破れがありました
瓦を捲ると防水シートの破れ
ザラ板にも雨染みがあります
ザラ板にも雨染みがあります
笠間市のお客様より、雨漏りの発生もあるとお聞きしていたので、瓦を捲り屋根下地の状況も確認致しました。
築50年の笠間市の住宅の防水シートには破れた箇所があり、おそらく屋根裏には雨漏りしています。いつ室内に雨漏りが起きていてもおかしくない状態です。

大正時代から使われ始めた防水シートの歴史は深く、年々進化を遂げているとは言え、寿命は長くても20年程です。破れるのも仕方はない事と思います。

なぜ防水シートは破れるの?

なぜ防水シートが破れるの?
経年劣化や地震等で屋根が揺れ、防水シートに亀裂が生じ下地材である防水シートが傷んで穴が空き破損する為です。
防水シートが破れるとどうなる?
防水シートには、雨水が瓦の隙間から侵入しても屋根の下地材に水を浸透させない、という重要な役割がありますので、機能が失われると雨漏りに繋がります。

屋根葺き替えのご提案は2種類のご提案を致します

①ガルバリウム鋼板での葺き替え工事
下地合板を増し貼りし、新しい防水シートを敷いてガルバリウム鋼板製の屋根材で葺き上げる工事方法
②ステンレス鋼板での葺き替え工事(お客様ご希望)
下地合板を増し貼りし、新しい防水シートを敷いてステンレス鋼板製の屋根材で葺き上げる工事方法
入母屋造りの住宅
笠間市の入母屋造り住宅
棟から見た入母屋造りの住宅
棟から見た入母屋造りの住宅
今回の屋根葺き変え工事のお見積もりは、2パターンのご提出予定です。
お客様が耐震部分を大変気にされているようでしたので、屋根の重みが約10分の1程度になるガルバリウム鋼板葺き替えとステンレス鋼板葺き替えの2種類になります。

お客様は葺き替えのご検討の際に、葺き替えについて色々調べたそうです。ステンレス鋼板はガルバリウム鋼板よりも耐久製に優れていると知り、当社に無料調査を依頼してお見積もりを希望されました。

葺き替えををご検討の皆様へ

屋根葺き替えの現場調査
屋根葺き替えの現場調査
和風建築特有な屋根の反り
和風建築特有な屋根の反り
今回の様な入母屋造りの屋根葺き替えの際には、屋根を知り尽くした職人でなければ施工が困難です。屋根の反り、棟や谷が入り組んでいる箇所など雨仕舞い等です。
雨漏りは止まったので今度にしようかなと思っていても、状況は日々進行しています。大規模な工事になってしまう事もありますのでお気を付け下さい!
屋根に異常が無くても10年程のメンテナンスをお勧め致します。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

屋根の耐震や軽量化をご検討のお客様は、街の屋根やさん水戸店までご相談ください。
土日祭も対応させて頂きます。(年末年始・GW・夏季休暇は除く)
屋根の耐震や軽量化をご検討のお客様は【街の屋根やさん水戸店】にお任せ下さい!
 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

茨城町の防災瓦での屋根葺き替えは瓦全数釘打ちで耐震強度アップ

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
防災瓦で葺き替えが完了した茨城県内の屋根
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
防災瓦(スーパートライ2)、REVO2(防水シート)、樹脂製瓦桟、強力棟垂木、なんばん、ゴムパッキン付きビス
築年数
40年
建坪
保証
3年
工事費用
127万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

笠間市での棟瓦の葺き直しは強力なんばん漆喰仕様で土台を強化

笠間市で化粧棟から木?隅棟から草?棟や桟瓦にラバーロックしてあります
主棟を温存した化粧棟と隅棟の葺き直しが完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
強力なんばん漆喰・水シャット・緊結銅線
築年数
築40年
建坪
保証
3年
工事費用
約92万円
施工事例

笠間市で和瓦葺きからガルバリウム鋼板に屋根リフォームしました

地震で崩れて雨漏りしていた入母屋の和瓦屋根
ガルバリウム鋼板葺き替え画像
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
地震
使用素材
カラーGL鋼板、エスロン半丸120
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
180万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事施工前の鉾田市のトタン波板

鉾田市の屋根工事が着工となりました。今回の屋根工事は、作業小屋への雨漏りが起因でしたが、屋根下地である野地板(のじいた)からの葺き替えが必要です。鉾田市の現場屋根は、築3年目での屋根工事です。建築された屋根工事の状況と、今回当店が葺き替える...........

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

火災保険で認定された大波スレート破損のロゴ

水戸市で、昨年の台風によりガスボンベ倉庫の大波スレートが破損した為新しい大波スレートで張り替えを行いました。今回の現場は、台風・突風・積雪などで家屋が損傷した場合に申請可能な火災保険の自然災害申請を行い、認定されての張り替え工事です。加入さ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391