オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市で震度7にも耐える瓦、スーパートライ110を施工


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

先日、ひたちなか市のブログで御報告した瓦屋根の葺き替え工事現場の第二弾です。
今日は、実際に新しい瓦を葺く工程をお伝えしていきます。

今回、新しく葺く屋根材は瓦屋根材ですが、ただの瓦屋根材ではありません。
使用する瓦材は、三次元振動台試験で阪神大震災と同等の地震波でも破損やズレも
なく震度7クラスの地震でも脱落しないことが証明されたスーパートライ110です。

震度7にも耐える実力を持つ防災瓦

フルフラットでスタイリッシュなスーパートライ110瓦
耐震性能を兼ね備えた瓦です

ひたちなか市のお施主様が選択されたのは、スーパートライ110シリーズの中でも
スタイリッシュなフルフラット形状である『スーパートライ110スマート』です。

屋根材は機能性は勿論の事、形状や風合いなども重要な選択ポイントです。
今まで使用していた瓦形状から一新したいお客様には良いかもしれませんねヽ(^o^)丿

瓦施工に入ります

樹脂製の瓦桟を使用した、ひたちなか市の差し掛け屋根
瓦の重なり列に設置し、瓦がズリ落ちない為に施工する瓦桟

瓦桟には、従来型の木製瓦桟もありますが、耐久性を加味するなら、今回
ひたちなか市で使用した樹脂製瓦桟を使用するのがベストです。

見えない屋根下地に何を使用するか?どう施工するか?は屋根業者の信頼です。
耐久性のある下地を形成し、施工基準を遵守した施工を行い、初めて耐震性能が
発揮されます。屋根工事は材料+施工品質です!皆様も参考にしてみて下さい。

瓦に耐風L字釘を打ち込み、耐風性能を向上
耐風性L字釘を施工
固定力を増す為、一枚の瓦に二本の釘止めを行う
瓦1枚に対して2か所の釘止め
1枚の瓦に3か所の釘止め固定

ひたちなか市の現場で葺いているスーパートライ瓦は耐風性能も兼ね備えています。
瓦と瓦を連結するロック構造の他に、施工の際にも耐風釘を施工するのが規定です。

メーカー施工の基準を順守して、初めて全ての性能を発揮する事ができます。
メーカーの施工基準通りにしっかり施工を行います ヽ(^o^)丿
袖瓦を現場で採寸し切断加工
採寸し、瓦を加工します
切断加工した瓦を、袖瓦に固定する職人
ピッタリ収まります
二段目の施工に入りました

スーパートライ110シリーズは、下の瓦と上の瓦をズラして葺く事で、上下の瓦爪が
重なり合わさってロックされ、振動にも強い瓦屋根に葺き上がります。

その為、袖部分の瓦のサイズが異るので現場での採寸カットが必要です。
ピッタリ収まっていますね(^^♪

地震や台風に強い、強化棟金具を設置

隅棟部に強化支持金具を設置
棟部には、強化支持金具を設置
地震や台風に強い隅棟を作る
地震や台風に強いガイドライン工法
被害を受けやすい棟には強化金具を設置します

瓦屋根に限らず、家屋の雨漏りなど被害を受けやすいのは『継ぎ目』です。
画像では南面から東面につながる棟瓦部分を施工していますが、この様な継ぎ目
部分は平板部分と比べて地震や台風の被害を受けやすい場所です。

昨今の棟瓦施工は、下地に画像のような強化支持金具を入れて施工するのが通例で、
一段積みの棟瓦は、この工法以外の施工法依頼は業者が断るようになりました。

平瓦部は、ほぼ葺き上がりました

平部がほぼ葺き終わった、ひたちなか市の差し掛け屋根
平部は、ほぼ葺き上がりました。

今日はここまでの作業です。平瓦部はほぼ葺き上がりましたが、瓦屋根の
葺き替え工事は、この次からの作業が大切です。

面に目が行きがちな屋根ですが、私達が最も力を入れるのは、雨漏りリスク
高い継ぎ目(棟瓦など)や壁との緩衝部(雨仕舞など)です。
明日からの役物施工も、改めて御報告致しますので、楽しみにしていて下さい。

まとめ

屋根上で踏ん張りながら防災瓦を施工する職人
屋根工事は完成時が全てではなく、20年・30年後を考慮した施工が必要です

選定する材料、固定する留め具の種類や個数、地震対策や台風対策等、
価格だけでは比べられないのが、屋根工事です。

小さな屋根でも数十万円!大きな屋根なら数百万円になる屋根工事もあります。
屋根工事をご検討の際は後悔しないよう是非、参考にしてみて下さいねヽ(^o^)丿

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

街の屋根やさん水戸店は、瓦屋根・スレートコロニアル・ガルバリウム鋼板屋根など
全ての屋根材工事に対応しております。

また、小規模の修理から工場や倉庫の大型屋根にも喜んで対応します!
屋根修理・屋根塗装の御相談も、屋根専門店の街の屋根やさん水戸店までヽ(^o^)丿

しつこい営業・強引なセールスは一切いたしません!
先ずは、無料診断を活用していただき、当店スタッフの対応でお確かめ下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

鉾田市で作業小屋のトタン屋根葺き替え工事が完了

施工前の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
施工後の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
工事内容
屋根葺き替え
倉庫
使用素材
ガルバリウム波板・構造用合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・シーラー・波ビス・防水テープ
築年数
3年
建坪
保証
3年
工事費用
40.6万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

瓦屋根の葺き替え工事を行う、ひたちなか市内の屋根風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。さて今回は、先日着手した、ひたちなか市の屋根葺き替え工事現場から、既存の瓦材を撤去し、屋根下地である野地板と防水紙の施工までの様子です。現場の屋根は、酷い雨漏りを起こしており、下地の状...........

屋根工事施工前の鉾田市のトタン波板

鉾田市の屋根工事が着工となりました。今回の屋根工事は、作業小屋への雨漏りが起因でしたが、屋根下地である野地板(のじいた)からの葺き替えが必要です。鉾田市の現場屋根は、築3年目での屋根工事です。建築された屋根工事の状況と、今回当店が葺き替える...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391