オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市でニチハ製パミールを調査、屋根塗装不可の屋根材です


水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今回のブログは、水戸市内で調査をした『ニチハ製パミール』屋根材の記事です。
当該屋根材は、一時期問題になった屋根塗装不可の屋根材です。

ニチハ製パミールは、1996年から2008年まで販売されていたスレート屋根材なので
建築時から13年から25年経過しており、昨今メンテナンス依頼の多い屋根材です。

今回は、現場調査の様子を含めながら、パミール屋根材についても解説しますので、
似たような症状がスレート屋根材に出ているお客様は是非、参考にして下さい。

水戸市で塗装不可のニチハ製パミールを調査
先ずは、ニチハ製パミールを簡単に説明をします。

ニチハ社(現ケイミュー)が製造したパミール屋根材は、社会問題にもなった
アスベストを含まない屋根材の先駆けとして製造販売されたスレート屋根材です。

しかし、築後8年~10年と経過するにつれ、表層が剥離してしまう現象が起きる事が
判明し、既に製造は中止されている屋根材で屋根塗装不可なスレート材です。

パミールか否かをお客様が判断するのは難しい

自宅屋根が、ニチハ製パミールだと理解しているお客様は少ないです。

屋根業者であれば、見ただけでニチハ製パミールだと判断できますが、
お客様は屋根材を見ただけで特定するのは難しい事だと思います。

屋根のメンテナンス時に、屋根業者に伝えられて初めて判明するケースが多く、
知識のない塗装業者さんで、屋根塗装されているパミールさえ存在します。

屋根の軒先から見たニチハ製パミール
屋根の軒先から見たパミール
表層が剥離し、基材が見えているパミール屋根材
表層が剥離し、基材が見えています
梯子で屋根に登った際の画像です。

普段お客様が屋根に登る事は、先ず無いと思います。
また、自宅の往来時に屋根を見上げて日々チェックする事も無いのだと思います。

ハシゴで軒先まで登ってようやく異変に気付き、目の前まで行く事ができれば
画像のような状態を確認できますが、お客様では難しい事ですね。

パミールか否かは、建築仕様書を確認して見て下さい。

建築仕様書で確認してみよう
建築仕様書を確認して見て下さい。
仕様書を確認すると、セメント洋瓦である事が確認できる
仕様書に書いてある場合もあります。
お客様ご自身で、パミールかの確認を試みる場合

新築時には、建築図面と一緒になっている建築仕様書を貰っているはずです。
また、屋根葺き替えを行った際には、業者の仕様見積りがあると思います。

ハウスメーカーさんや屋根工事業者による記載方法次第ですが、使用した部材名の
記載があれば、『パミール』の名称が出ていると思いますので調べてみて下さいね。

ニチハ製パミールが塗装不可の理由

塗装しても剥がてしまい、意味がないパミール
パミールに塗装を施しても、表層が剥がれてしまいます。

ニチハ製パミールの特徴は、ミルフィーユ状になった層です。
この状態で屋根塗装を行っても、層が剥がれてしまえば元も子もありません。

現に、パミールに塗装を施している屋根は、直ぐに剥離し同じような症状が
起こってしまいます。今日の段階で13年以上経過しているスレート屋根は、
商品を判明させる為にも、屋根を熟知する業者の調査を受けるようにして下さい。

板金部の釘抜け

棟板金の釘抜けが起こっている水戸市の現場
棟板金の釘抜け
ケラバ板金の釘が外れ掛かっている
ケラバ板金の釘外れ
屋根板金部の釘抜けや釘外れが多数確認できます。

屋根は、日々風雨に晒され紫外線も浴び続けている部位です。
スレート屋根には必ず板金で収めている場所があり、年数の経過と共に
留め具が抜けてしまっている場合があります。特に釘を使用している場合です。

今回の水戸市の屋根は、ニチハ製パミールと確認できるので屋根塗装は不可です。
屋根の工事方法としては、屋根を新調する屋根のカバー工法屋根葺き替え工事
必要です。屋根材施工は元より、板金部の固定も同時に強化する仕様を含みながら
屋根工事見積り書を作成する御提案を差し上げました。

屋根のメンテナンスは屋根工事店へ

屋根上で、パミール屋根材の状態を確認しているスタッフ
屋根のメンテナンスは、屋根工事店に御相談下さい。

今回解説したニチハ製パミール以外にも、屋根塗装不可な屋根材があります
スレート屋根材は10年を目安に屋根塗装を行うのが理想ですが、それも
屋根塗装が可能なスレート屋根材であるならばです。

屋根の重要性は、美観よりも機能性や耐久性です。
ご覧の皆様は、今回の記事を是非、参考にしてみて下さいね(^O^)/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『家の屋根は大丈夫?』『屋根の状態を確認して欲しい』等々

屋根のメンテナンスをご検討の際は、メンテナンス費用を無駄にしない為にも、
街の屋根やさん水戸店の無料診断を上手く活用してみて下さい。
街の屋根やさん水戸店の三名のスタッフ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市で瓦屋根の葺き直し工事を行い雨漏りを解消

葺き直し工事を行う前の、ひたちなか市の屋根下地
新しく屋根下地を形成した、ひたちなか市の現場
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
高分子防水紙REVO2・樹脂製瓦桟エコランバー・なんばん漆喰・採寸ガルバリウム製葺き止め板金・スズメ止め
築年数
35年
建坪
保証
3年
工事費用
354,200円
施工事例

常陸太田市で雨漏りによる瓦の葺き直しと銅板谷板金の交換

土瓦の降り棟 工事前
なんばん漆喰で形成された降り棟
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
谷板金(ガルバリウム鋼板製)、なんばん漆喰、改質アスファルトルーフィング、谷シーラー
築年数
120年
建坪
保証
1年
工事費用
47.9万円
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

これから解体する瓦桟

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市のお客様から頂いた、瓦屋根の葺き直し見積り依頼です。御相談内容先日の地震と雨の影響で廊下部の天井に雨漏りが発生してしまいました。天井裏を自分で確認したら、防水シート...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391