オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

結城市での雨樋交換工事で接着剤の塗布方法と穴の開け方を解説


工事のきっかけ

2018年の雪で、屋根から落ちてきた雪が雨樋に落ち曲がってしまい困っていました。リフォーム屋さんに見積もりを依頼すると、口頭で足場代を入れて80万掛かると言われ我慢していました。そんな折、知人に紹介されたのが『街の屋根やさん』でした。
担当者さんから火災保険申請のアドバイスをいただき全額はカバーできませんでしたが、一部が自然災害で認められ、私が実際に払うのはリフォーム屋さんの見積もりの半額以下だったので工事もお願いしました。

結城市 雨樋交換

ビフォーアフター

before
施工前の変形してしまった軒樋
horizontal
after
交換工事が終わった軒樋

工事基本情報

施工内容
雨樋交換
施工期間
2日間(2人工)
使用材料
PanasonicシビルスケアPC50 内吊り金具(勾配)
施工内容その他
築年数
28年
保証年数
1年
工事費用
火災保険適用+26万円
建坪
ハウスメーカー
今回は、結城市在住のI様邸の雨樋交換工事の様子をお届けします。
使用する材料は、PanasonicさんのシビルスケアPC50(白)を使用し、雨樋用接着剤の塗布(とふ)方法や集水器への導線である軒樋への穴あけ方法を解説します。

では施工に入ります。
※以前現場ブログでも少し触れている現場です。現場ブログはこちらへ
軒樋支持金具を外す前
軒樋支持金具を外した後の鼻隠し
最低限の足場を設置し、まずは既存の軒樋と支持金具を撤去していきます。

雨樋を交換する際は、支持金具(雨樋を受けるための金具)からの交換をお勧めします。
雨樋が外に開いてしまっている場合や、脚立や梯子で内曲がりしてしまった雨樋は支持金具も勾配(こうばい)がくるってしまっています。
 
※現存している種類の雨樋であれば、支持金具を変えずに軒樋だけの交換も可能ではありますが機能性が保たれず、結局再度不備が起こる場合が多々あります。ご参考にしてください。
勾配の付いた鼻隠しへの支持金具取付
この画像の青〇の糸は『水糸(みずいと)』と言う、水の流れを作る為の傾斜を見立てた物です。この水糸を張った際も再度水平器で測り合わせた後に支持金具を設置していくと、しっかり水を排出するための傾斜ができます。

次に黄色線の部分をご覧ください。
垂直なL字型ではなく、金具を打ち付ける『鼻隠し(はなかくし)』に勾配(傾斜)がついています。
これは、なかなかの勾配です。

※当社では事前に調査を行ったので準備できていますが、なかなか市販では出回っていない角度ですので、詳しくないと間違いを起こしてしまう支持金具です。
軒樋の外側継手に接着剤を塗布
軒樋の内側継手に接着剤を塗布
雨樋の最長は1本で3600㎜なので、それ以上長い軒の場合は繋いで連結しなくてはなりません。

今回使用する、シビルスケアPC50の繋ぎ目に使用する継手は、左の画像の外から覆う継手と右の画像にある中止めの継手があり、内外を合わせ押し込むと『パチっ!』と、はまるように設計されていて漏れ対策も万全です。

雨樋用の専用接着材を、三列に塗ってあります。
一列塗りは一条塗布(とふ)・二列塗はりは二条塗布と言い、メーカーさんは二条塗布を推奨していますが、当社では三条塗布を基本としており、より一層の漏れ対策をしています。
軒樋の連結部に継手を施工
外と中から二重の継手でロックしました。
雨樋からの雨漏れ原因のNo1は、継手から発生する漏れです。

細かい部分ですが、この様な施工内容は、お客様が直接目にする事の少ない部分です。

※施工材料や細かい施工方法の違いが、年数が経過したときに歴然とした違いに現れますので、しっかり行わなくてはならない部分です。

集水器への導線となる軒樋への穴あけの為に切り込みを入れる
軒樋への切り込みを花びら状に開く
工業用カッターで米型に切れ込みを入れ、手で押しながらペンチで開いていきます。
※ここまで綺麗に加工している物は、当社以外見かけた事がありません。 流石当社の職人です^^

何故?きれいに抜かないの?と思うかもしれませんが、この開いている部分が集水器がズレないようにする為のストッパーの役割にもなってくれます。


良くある軒樋からの集水器ズレ
こちらは、先日手直しさせていただいたお客様宅の集水穴ズレによる画像です。

ストッパーが無いと強風等で煽られズレが生じます。
このようなお宅を時々見かけますが、やはりストッパーが施工されていません。

※後付けでも施工できる専用のストッパーも販売されています。
軒樋と集水器を連結
夕日に映える交換完了の軒樋
仕上げに取りかかり完成です、丁度夕日に映えとても綺麗に映っていますね。
延べ2日間、2人工での作業でした。

ちょうど、お帰りになったお客様に施工状態を確認していただき、施工写真も全て見ていただきました。
お客様:『あんた達、意外にしっかりやるのね~^^』
と冗談を言いながらオロナミンCを頂き無事お引渡し完了です。

【工事完了後】

1階東面の交換工事が終わった軒樋
いかがでしたでしょうか?

たかが雨樋!しかしされど雨樋です。
私がしる限り、雨樋を施工する業者さんは多種にわたります。

しかし、その細かい施工内容を実直に行う業者さんはどれ位なのでしょう?

施工は外からの見た目ではなく、中身が重要です。
皆様も、雨樋工事が必要な場合は、是非ご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での軒樋交換は廃盤品の為強固な鉄芯入り軒樋で交換

S__54395076-1
軒樋交換が完了致しました
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic社のシビルスケアPC50
築年数
中古住宅購入後から15年
建坪
保証
1年
工事費用
12万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定
施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

結城市での部分的な銅板葺き替え工事は一文字瓦葺き屋根でした

結城市の現場での施工前の銅板屋根の様子
腰葺き銅板屋根と一文字瓦の施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
銅板・構造用合板・タフガード(防水シート)
築年数
32年
建坪
保証
3年
工事費用
38.5万円
施工事例

結城市でステンレス製瓦棒屋根の釘抜けがあり貫板を交換します

貫板のビフォー用画像を職人の足元を入れて撮影
新規貫板と既存棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
杉貫板・SUS釘
築年数
28年
建坪
保証
1年
工事費用
4.4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

これから屋根の和瓦を葺くところ

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年も12月に入り、年内業務も残すところあと僅かですね。最終最後まで気を抜かず、体調管理に気を付けて本年を乗り切りましょう!さて今回の記事ですが、日々、街の屋根やさん水戸店では、皆様に屋根工...........

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋

ひたちなか市で行った雨樋修理現場からの報告です。今回は軒樋(横方向)のみを交換します。雨樋は軒樋(のきどい)のみ、竪樋(たてどい)のみの交換も可能なので、雨樋に不具合のあるお客様は参考にして下さい。雨樋修理は部位毎に交換する事ができます。軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391