オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換


工事のきっかけ

お付き合いのある不動産管理会社さんからの御依頼でした。管理物件の借家の屋根が壊れたとの御相談を受け、現場調査を行った結果、雨漏りに繋がってしまう壊れ方をしていました。不動産会社さんと相談の結果、緊急性が高い棟のみを先に直す判断をし、調査から3日後に棟板金工事を行いました。

結城市 屋根補修工事,棟板金交換,平屋

ビフォーアフター

before
交換工事前の結城市の棟の状態
horizontal
after
屋根修理が完了した結城市の棟板金

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換,平屋
施工期間
1日
使用材料
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
施工内容その他
築年数
保証年数
1年
工事費用
7.3万円
建坪
ハウスメーカー

今回の現場を担当させて頂きました。

私が担当いたしました、慶野
結城市で棟板金交換修理を行いました

屋根の修理は、予算によって優先順位を決めて行う事をお勧めします。

掛かる費用を無駄にしない為にも、しっかり事前調査してくれる屋根工事業者を選択しましょう。


御報告内容

結城市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回は、結城市内で完了した屋根修理工事の様子を御報告致します。

屋根工事には、屋根を新調する葺き替えと部分的に行う屋根修理がありますが、
屋根修理は修理する場所の優先順位を決め、予算によって行うのが良いと思います。

今回の結城市の屋根修理は、緊急性の高い棟板金の交換修理です。
棟板金に不具合を感じたお客様は、今回の屋根修理を参考にして下さい ヽ(^o^)丿

現場調査時の屋根

棟板金の下地の貫板から破損していた結城市内の住宅屋根
屋根の棟板金部分が激しく破損していました。

この屋根材は瓦棒屋根と言う屋根材で、屋根の頂点部分を被う棟板金が
下地の貫板(木の下地)から破損していました。

屋根は棟部から軒先に向かって下っていくので、頂点部から雨水が浸水すれば
屋根の内部を雨水が伝い雨漏りに直結してしまいます。
瓦棒屋根の棟のつなぎ目に隙間が開いている
手持ちの防水テープで棟部を緊急処置
棟板金が無くなった屋根の継ぎ目に隙間が確認できます。

屋根を調査中に雨が降り出してきたため、緊急処置を施すことが必要だと判断し
車両にある防水テープで隙間を埋めました。

当店は、結城市内にも事務センターがあるので、急いで事務センターで修理見積を
作成し、数時間後に不動産会社さんに提出し、屋根修理の承諾を得ました。
破損し、屋根に落ちていた棟板金と貫板の破片
あとは、近々の天候と工事に入れる日程調整との勝負です ٩( ''ω'' )و

棟板金の長さは、約11mなので丸1日掛かる屋根工事ではありません。
緊急性が高い屋根修理と判断し、3日後に予定している、結城市内の別の
屋根工事現場と抱き合わせ、最短で屋根修理のスケジュールを組みました。

屋根修理を始めます(棟板金交換)

屋根修理を行う職人が到着
現場調査から3日後に、現地に屋根修理を行う職人を手配

幸い、今はまだ3月で、近隣の現場(約10分の現場)があったタイミングだったので
迅速な対応を行う事ができましたが、梅雨時期や台風時期の屋根工事は、数も膨大に
増え、天候と相談しながらの屋根工事なので、ここまで迅速な対応は難しいです。

屋根修理は、梅雨時期前や台風シーズン前までに完全に完了させるのが吉です(^O^)/

錆びの浸食が激しい、結城市の瓦棒屋根
錆びによる浸食が激しい軒先
錆割れを起こし、手で持ち上がってしまうほど劣化している瓦棒屋根
錆割れを起こし、手でも捲れる状態
結城市の現場の瓦棒屋根は、錆びによる浸食が激しい状態

今回、屋根修理を行う棟板金部分だけではなく、軒先部分の破損が激しく
屋根に下地も、弱っている状態でした。

本来ならば、屋根の葺き替え工事をお勧めしたい所ですが、お客様にも予算が
存在するので無理は言えません。今回、先ずは棟板金の交換からです!

瓦棒屋根に踏板を準備
一点に体重が掛からないように、踏板を準備しました

屋根の下地を更に傷めてはいけないので、屋根下地の弱っている部分に
踏板を準備し、体圧が分散されるように配慮しながら工事を行います。

既存の棟板金を解体

破損した棟板金を解体
既存の棟板金を解体
瓦棒屋根の棟木を解体する職人
下地の貫板も解体します
棟板金を交換する場合、下地である貫板からの交換が必要です

棟板金の固定は、下地である貫板に留め具を打ち込む事によって固定するため、
下地の貫板に損傷や腐食があれば、固定力が失われてしまいます。

毎年、多くの住宅で棟板金の飛散被害が発生しますが、その殆どの貫板は
再利用できない程、浸水腐食や破損が著しく進行しています。
棟板金の交換や修理は、下地の状態を詳しく伝えてくれる業者を選択して下さい。

貫板には耐水性向上のため、面戸を取り付けます

新しい貫板に面戸板金を取り付ける
防腐処理された貫板に、面戸を取り付けます

下地の貫板への雨水の浸水を防ぐ為、加工した面戸を取り付け耐水対策を施します。
今回の結城市の現場のような瓦棒屋根は凹凸があるため、面戸を取り付ける事で
横殴りの雨の際に貫板に雨水が浸水しにくくなります。

屋根の形状に合わせる加工は細かい作業ですが、有ると無いとは大違いです(^O^)/

赤い瓦棒屋根の棟板金交換が完了
最後に、棟包み板金をしっかり固定すれば完了です。

緊急性が高い現場でしたが、迅速に対応できて良かったですヽ(^o^)丿
不動産会社様からも『街の屋根やさんは、いつも迅速で助かるよ~』と
嬉しい言葉も頂戴いたしました。

信用はお金では買えません!
これからも、必要とされる業者でいられるよう精進いたします。

まとめ

【工事完了後】

結城市の棟板金修理が完了
当店の企業理念は
『For you』~お客様があって私達がいる~

これからもお客様から必要とされるよう、精一杯努力致します!
屋根工事でのご相談がございましたら、街の屋根やさん水戸店へ是非、ご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

結城市の工場屋根でベンチレーターを撤去し金属板金で穴を閉塞

8365
8356
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
工場
使用素材
GLカラーt=0.35(ガルバリウム鋼板) ボルトキャップ
築年数
建坪
保証
3年
工事費用
34.3万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391