オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市で梅雨入り前に縁側庇部の雨漏り修理をお願いします


茨城県ひたちなか市のお客様より、『縁側の庇屋根がボロボロで、雨漏りするので梅雨入り前に修理して欲しい』との雨漏り修理依頼の御連絡を頂きました。
ご連絡から数日後、お客様の都合に合わせて現地調査にお伺いました

庇※ひさし(霧よけとも言う)の調査を開始します。

ひたちなか市で雨漏り調査を行った庇
現場に到着し、雨漏り修理のご依頼のある庇※ひさし(霧よけとも言う)の状態を確認させて頂きました。築50年の母屋側の縁側の庇屋根です。
トタン製の庇ですが、トタンの弱点である錆が軒先に出てしまい、錆による軒先割れが起こっています。軒先割れから風が吹き込むとトタン捲れにもつながりますので、お客様がガムテープで簡易補修されていました。これは梅雨入り前には修理したいですね。
庇の先端が錆により割れている
トタン製の庇の先端が錆により割れている
ひたちなか市で雨漏り修理依頼のあったトタン庇
トタン系の材料の弱点は錆です。錆びたままの状態を放置してしまうと症状は進行の一途をたどり破損に繋がってしまうので気を付けなくてはなりません。
トタンのお手入れ方法としては、定期的な錆止め材を塗布した塗装が効果的ですが、職人さんを入れる程の大きさでも無いと思われるお客様が多く、手遅れになるケースの多い部位です。
今回は錆びに強くメンテナンスサイクルの長いガルバリウム鋼板での庇屋根施工をご提案します。

庇の下地である化粧垂木・垂木受け・腕木・化粧板を説明
ひたちなか市でご依頼のあった雨漏り修理希望の庇の下地
こちらは庇屋根の裏側にあたる下地部分です。活字だけで説明するのは困難な為、画像に部位を記載してみました。
こちらのひたちなか市の雨漏り修理依頼の庇は、下地である垂木を見せる化粧垂木・野地板の役割をする、板を見せる化粧板仕上げになっています。

破損しているブルーの庇
戸袋の上の庇が破損し雨漏り修理依頼
①雨漏りを防ぎ、庇の機能性を考慮した施工
②既存の庇部位のどこを残しどこを交換するのが最適か
③お客様の予算
④庇雨漏り修理の見栄え・出来栄え
※予算を多く掛ければ、いくらでも施工の方法も材料もあります。ですが、お客様にも予算が存在するので、予算を考慮しつつ機能的にも見栄え的にも向上させる方法を模索するのが私達担当者の仕事です。

問題は雨仕舞です。

庇部の機能回復の為の雨漏り修理だけであれば、既存の庇屋根の上から被せ葺く庇カバー工法も方法の一つではあります。
ですがお客様は、下から見た時にも木の風合いで綺麗にしてほしい!とのご要望。
下地の化粧板が下から見える部分なので、そこを綺麗に仕上げるとなると庇屋根材と化粧板を張り替えなくてはならず、カバー工法では対応できません。
後もう一点雨仕舞がっ!う~んっ・・・悩みます( ;∀;)
ひたちなか市で雨漏り修理依頼の庇と外壁の取り合い部
築50年で黒ずんでしまった化粧板
垂木や腕木まで交換するとなると外壁を壊さなくてはならず大事になるので、化粧板から交換したいのですが、問題なのが庇屋根と外壁の雨仕舞の部分です。
※雨仕舞とは内部に雨が侵入しないように防止する策※
築浅の建築住宅で言えば、外壁内側で上方向に立ち上がった雨仕舞板金があると思うのですが、50年前の建築なので定かではありません。
現場調査の段階では庇屋根を解体するわけにはいきません。木造の古い建築住宅の場合は施工を行ってみなければわからないのが正直なところです。

追加費用が発生する可能性のある場合も明確に記載いたします。

街の屋根やさん水戸店では、万が一今回の様に古い建築住宅で手を入れてみないとわからない場合に、見積書以外にイレギュラー時に掛かるやもしれない追加費用もお見積書に明確に記載し、丁寧にご説明いたします。
間違っても施工後にお客様が聞いていなかった費用を請求する事ではありませんので御安心下さい。

まとめ

ひたちなか市のI様邸で雨漏り修理を行う予定の庇の下地
今回は、庇(霧よけ)部の雨漏り修理現場調査の様子時に私が思った事を正直にお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?
雨漏り修理に限らずリフォームは、数年~数十年、時には数百年前に建築された家屋に手を施す作業です。
お客様目線で、我が家のように大切に扱う業者を選択したいですね^^
【茨城県内全域同一料金】※梅雨入り前の庇雨漏り修理・屋根工事工事も
街の屋根やさん水戸店へ  フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)
施工事例

茨城町の防災瓦での屋根葺き替えは瓦全数釘打ちで耐震強度アップ

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
防災瓦で葺き替えが完了した茨城県内の屋根
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
防災瓦(スーパートライ2)、REVO2(防水シート)、樹脂製瓦桟、強力棟垂木、なんばん、ゴムパッキン付きビス
築年数
40年
建坪
保証
3年
工事費用
127万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事施工前の鉾田市のトタン波板

鉾田市の屋根工事が着工となりました。今回の屋根工事は、作業小屋への雨漏りが起因でしたが、屋根下地である野地板(のじいた)からの葺き替えが必要です。鉾田市の現場屋根は、築3年目での屋根工事です。建築された屋根工事の状況と、今回当店が葺き替える...........

雨漏りの原因雨樋破損

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。鹿嶋市で屋根の雨漏り修理をご検討のお客様!今回は雨漏りの原因と屋根の修理方法についてご案内いたします。雨漏りは家のどこかにできた隙間より雨水が入り込んで発生します。「隙間ができやすい場所」が主な原因箇所...........

軒天への雨漏り相談を受けた那珂市の住宅風景

那珂市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、那珂市のお客様ご相談のあった、軒天への雨漏り調査の様子です。那珂市のお客様からの御相談内容玄関の上の天井(軒天)が数年前から雨漏りしており、何度か知り合いの職人に手直ししてもらったが...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391