オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市で梅雨入り前に縁側庇部の雨漏り修理をお願いします


茨城県ひたちなか市のお客様より、『縁側の庇屋根がボロボロで、雨漏りするので梅雨入り前に修理して欲しい』との雨漏り修理依頼の御連絡を頂きました。
ご連絡から数日後、お客様の都合に合わせて現地調査にお伺いました

庇※ひさし(霧よけとも言う)の調査を開始します。

ひたちなか市で雨漏り調査を行った庇
現場に到着し、雨漏り修理のご依頼のある庇※ひさし(霧よけとも言う)の状態を確認させて頂きました。築50年の母屋側の縁側の庇屋根です。
トタン製の庇ですが、トタンの弱点である錆が軒先に出てしまい、錆による軒先割れが起こっています。軒先割れから風が吹き込むとトタン捲れにもつながりますので、お客様がガムテープで簡易補修されていました。これは梅雨入り前には修理したいですね。
庇の先端が錆により割れている
トタン製の庇の先端が錆により割れている
ひたちなか市で雨漏り修理依頼のあったトタン庇
トタン系の材料の弱点は錆です。錆びたままの状態を放置してしまうと症状は進行の一途をたどり破損に繋がってしまうので気を付けなくてはなりません。
トタンのお手入れ方法としては、定期的な錆止め材を塗布した塗装が効果的ですが、職人さんを入れる程の大きさでも無いと思われるお客様が多く、手遅れになるケースの多い部位です。
今回は錆びに強くメンテナンスサイクルの長いガルバリウム鋼板での庇屋根施工をご提案します。

庇の下地である化粧垂木・垂木受け・腕木・化粧板を説明
ひたちなか市でご依頼のあった雨漏り修理希望の庇の下地
こちらは庇屋根の裏側にあたる下地部分です。活字だけで説明するのは困難な為、画像に部位を記載してみました。
こちらのひたちなか市の雨漏り修理依頼の庇は、下地である垂木を見せる化粧垂木・野地板の役割をする、板を見せる化粧板仕上げになっています。

破損しているブルーの庇
戸袋の上の庇が破損し雨漏り修理依頼
①雨漏りを防ぎ、庇の機能性を考慮した施工
②既存の庇部位のどこを残しどこを交換するのが最適か
③お客様の予算
④庇雨漏り修理の見栄え・出来栄え
※予算を多く掛ければ、いくらでも施工の方法も材料もあります。ですが、お客様にも予算が存在するので、予算を考慮しつつ機能的にも見栄え的にも向上させる方法を模索するのが私達担当者の仕事です。

問題は雨仕舞です。

庇部の機能回復の為の雨漏り修理だけであれば、既存の庇屋根の上から被せ葺く庇カバー工法も方法の一つではあります。
ですがお客様は、下から見た時にも木の風合いで綺麗にしてほしい!とのご要望。
下地の化粧板が下から見える部分なので、そこを綺麗に仕上げるとなると庇屋根材と化粧板を張り替えなくてはならず、カバー工法では対応できません。
後もう一点雨仕舞がっ!う~んっ・・・悩みます( ;∀;)
ひたちなか市で雨漏り修理依頼の庇と外壁の取り合い部
築50年で黒ずんでしまった化粧板
垂木や腕木まで交換するとなると外壁を壊さなくてはならず大事になるので、化粧板から交換したいのですが、問題なのが庇屋根と外壁の雨仕舞の部分です。
※雨仕舞とは内部に雨が侵入しないように防止する策※
築浅の建築住宅で言えば、外壁内側で上方向に立ち上がった雨仕舞板金があると思うのですが、50年前の建築なので定かではありません。
現場調査の段階では庇屋根を解体するわけにはいきません。木造の古い建築住宅の場合は施工を行ってみなければわからないのが正直なところです。

追加費用が発生する可能性のある場合も明確に記載いたします。

街の屋根やさん水戸店では、万が一今回の様に古い建築住宅で手を入れてみないとわからない場合に、見積書以外にイレギュラー時に掛かるやもしれない追加費用もお見積書に明確に記載し、丁寧にご説明いたします。
間違っても施工後にお客様が聞いていなかった費用を請求する事ではありませんので御安心下さい。

まとめ

ひたちなか市のI様邸で雨漏り修理を行う予定の庇の下地
今回は、庇(霧よけ)部の雨漏り修理現場調査の様子時に私が思った事を正直にお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?
雨漏り修理に限らずリフォームは、数年~数十年、時には数百年前に建築された家屋に手を施す作業です。
お客様目線で、我が家のように大切に扱う業者を選択したいですね^^
【茨城県内全域同一料金】※梅雨入り前の庇雨漏り修理・屋根工事工事も
街の屋根やさん水戸店へ  フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)
施工事例

小美玉市で梅雨前に解消!和瓦谷部からの室内雨漏り補修工事完了

和瓦下ろし下地腐れ酷い状態
瓦葺き直し完了画像
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
ラーチ合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・谷板金(ガルバリウム製)・防腐処理瓦桟・谷板金クッション材
築年数
42
建坪
36坪
保証
1年
工事費用
15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

ひたちなか市で142mの漆喰詰め直しと鬼巻き漆喰施工が完了

ひたちなか市の漆喰詰め直し施工前の大棟
ひたちなか市の現場で漆喰詰め直しが綺麗に完了した大棟
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰(白)
築年数
36年
建坪
屋根漆喰詰め直し116.2m 鬼漆喰(鬼巻き)18箇所 葺き止め漆喰25.9m
保証
3年間
工事費用
61.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古河市のヘーベル外壁のお客様の全景

古河市のお客様より雨漏り補修のお問い合せを頂きました。昨年10月の台風で和室の目透かし天井に雨染みができたようです。現在は雨漏りしていないようですが、外壁の貼り替えやカバー工法をご検討なさっているようなので、雨漏りを根本的に直される事をご提...........

水戸市雨漏り調査で漆喰を打診棒で叩くと分かる音

水戸市在住のお客様より雨漏りのお問い合せを頂きました。和室8畳間の目透かし天井に雨漏りが発生しているようです。本日はお客様ご不在の中の現場調査の為、外部から雨漏り究明となります。和瓦葺きの大きなお家のなので、隅々まで雨漏り調査をしていきます...........

石岡市で笠木を留めているビスが斜めに入っている

石岡市で4月13日(月)の暴風雨による雨漏り案件のお問い合せを頂きました。ベランダ付近から雨が浸入しているかもと仰っていましたので、現場調査に向かいます。雨漏りは屋根からとイメージする方も多いでしょうが、ベランダやバルコニー付近からも雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391