オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

茨城町での雨漏り相談現場調査で分かる屋根破損からの連鎖被害


茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
6月に入り、コロナウィルスでの緊急事態宣言も解除され、梅雨前という事もあり、茨城県内を忙しく動き回らせて頂いております。お問い合わせありがとうございます。
さて、今回はタイトルにもある
『茨城町での雨漏り相談現場調査で分かる屋根破損からの連鎖被害』と題し、連鎖被害の状況を屋根部位画像とともに解説をしながら報告していきますので、屋根に不安のある皆様はご自宅屋根の状況と比較しながらご覧ください。

茨城町で雨漏り相談のあった現場の様子

茨城町での屋根調査は1階と2階双方に梯子をかけます
街の屋根やさん水戸店での雨漏り相談調査は、余程人員の都合がつかない場合を除き2名の調査員で行います。
雨漏り箇所の特定は時間を要する事が多い為、室内の雨漏り調査と屋根破損調査に分かれ、内外で連携をはかり行います。
※数ある業者の中から当社に雨漏り相談をして頂いたのですから、無料調査だからと手を抜くわけにはいきません。

室内雨漏りの状況

目透かし天井に雨漏りし今にも剥がれ落ちそうな状態
雨漏りを受ける為の3つのバケツ
雨漏り相談の要因となった室内雨漏りの状態を拝見させて頂いた時の画像です。
和室の見事な目透かし天井が捲れ、廻り縁にまで広がってしまっています。
また、天袋を通水し押入れの中にまで雨漏りが発生したため、雨漏り被害当日に急遽お客様でバケツを置き時を過ごしたそうです。
☆雨漏りの原因を補修した後、室内に手を加えるのであれば、天井材は交換し廻り縁等の木部はアク洗い等での洗浄で綺麗になります。

屋根調査を開始します。

先ずは、雨漏り相談のあった室内雨漏り上部にあたる屋根部分の調査から行います。
1階と2階の壁の取り合い部に位置する葺き止め部
葺き止めから脱落しているのし瓦
茨城町で現場調査中の葺き止めから落ちる葺き止めのし瓦
屋根に登っての雨漏り調査です。
葺き止め部のし瓦の脱落破損が無数に確認できます。屋根破損状況から見ても最近の脱落である事が推測されます。

葺き止め部の側面を調査

片台面のし瓦が崩れ大きく口が開いてしまった葺き止め
この画像は、室内雨漏りがおきている丁度真上にあたりますが、片台面のし瓦がズレており今にも脱落しそうです。
更に、壁との取り合い部分は大きく口を開けてしまっている状態で、側面は全く雨仕舞(あまじまい)されていませんでした。
これでは雨が侵入してしまいます。
粘度を失った葺き土が土割れを起こし機能していない
反対側の側面も葺き止め板金がバタバタしており固定力を失っています。
板金を持ち上げ中を見てみると、粘度を失った葺き土が土割れを起こしています。
こちらの茨城町の葺き止めのし瓦は、銅線や紐で緊結されていなく葺き土の粘度に押し付け密着させる緊結方法です。
粘度を失った葺き土では、土の上にただ乗っているだけの『のし瓦』です。風雨に耐えきれなくなり脱落してしまった連鎖被害です。

屋根破損による連鎖被害

葺き止めから水が廻り軒天が破損
そしてこちらが、先程の葺き止め部の下部にあたる軒天破損です。
本来、軒天は軒裏にある為、上空から降る雨があたる部位ではありません。
ですが、今回の様に上部の葺き止め部から雨が浸水してしまうと軒天にも雨水は浸透しますので、これも屋根破損による連鎖被害です。
茨城町で調査中に天井裏で発見した大きなスズメバチの巣
更に、この画像は屋根裏(小屋裏)から撮影した画像ですが、破損軒天部付近の屋根裏には大きなスズメバチの巣が出来ています。
浸入口がなければスズメバチは入りません。屋根に限らず家屋の破損を長く放置してしまうと、二次・三次と連鎖被害は広がってしまいます。
皆様ご自身が快適な生活を送る為にも、お家のメンテナンスは早め早めの対策を心掛けていきたいですね。

まとめ

今回ご報告させて頂いたように、連鎖被害を出さない為にも雨漏りは気づいた時が相談時です。
直すのにどれ位かかるんだろう?
どこまで直せばよいんだろう?
等々、街の屋根やさん水戸店の無料調査で是非相談してみては如何でしょうか。
【屋根工事のご相談・屋根雨漏りの御相談は】
街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市で調査依頼のあった現場風景画像

水戸市のお客様からのご依頼です。【ご依頼内容】2階の天井に染みがあり、屋根からの雨漏りが原因なのか?天井裏に獣が入ってしまっのが原因なのか?調べて欲しい!とのご依頼を受け、お客様の休日に合わて現場調査に行ってまいりました。

小美玉市のパラペット屋根の店舗様解体現場調査

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。小美玉市のお客様より公共下水の整備に伴い、家屋の一部解体を希望するとの事です。お近くの店舗様に当社のリーフレットを置いて頂いて、その店舗様よりお話をして頂いて今回のお問い合わせをいただきました。元々は店...........

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391