オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市の瓦屋根からの雨漏りは対応年数の過ぎた防水シートが原因


茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今日は、水戸市内の瓦屋根からの雨漏り調査の様子をお伝えします。
屋根からの雨漏り原因は色々ありますが、原因として一番多いのは、室内に雨を浸水させないように屋根材の下地に施されている防水シート(ルーフィング)の破損です。
築20年以上の住宅は、防水シートの対応年数が過ぎている場合があるので、当てはまるお客様は是非ご覧ください。

梯子を架けて無料調査を開始します。

調査の為に三連梯子を肩で担ぐ作業員
屋根瓦の軒先にハシゴを掛け屋根に登るスタッフ
ハシゴの手すりを伸ばし屋根に登る作業員
先ずは屋根にハシゴをかけ、屋根の状況確認と室内雨漏り箇所の上部にあたる付近を目指します。
現調作業中はヘルメットに屋根用の作業靴(屋根プロ2)を使用し、腰袋を着用して屋根に登ります。また、屋根や雨樋を傷つけないように補助器具付きのハシゴを使い、安全面と保守性を遵守して作業を行います。

屋根はセメント瓦です。

赤いセメント瓦にはコケやカビが生えている
屋根材はセメント瓦で、今は製造されていないセメント瓦です。
セメント瓦は陶器瓦と比べ初期費用が安い事から、1980年~1990年頃にかけて普及した屋根材ですが既に30年~40年経過している状態です。
セメント瓦の耐久性(対応年数)は30年~40年と言われていますので、屋根材のお手入れ時期には来ています。

屋根の状態

水戸市のセメント瓦屋根の大棟の歪み
水戸市のセメント瓦に付着した大量のカビと苔
屋根を全体的に確認すると、地震の影響でしょうか?大棟(屋根の頂点部)に歪みが生じ、固定力も弱まっています。南側屋根と北側屋根を結ぶ頂点である大棟は、雨漏りの温床となり得る部位なので屋根業者としては放置できない屋根の症状です。
また、屋根全体にカビやコケの発生があり屋根メンテナンスは必須の状態でした。

室内雨漏りに上部にあたるセメント瓦を捲り上げます

セメント瓦の角部に欠けが見られる
赤いセメント瓦を捲ると防水シートが破損していた
室内の雨漏り箇所から計測した屋根部には、セメント瓦が欠けている部分があったため、この部分のセメント瓦を捲り上げてみました。
屋根全面に敷き込まれている雨漏りの最終的な砦となる防水シートが破損してしまい、防水シート下の屋根床材をなる野地板(バラ板)が露出しています。

雨漏りの原因

水戸市で雨漏りの原因となっていたセメント瓦屋根の下地
更にセメント瓦をずらしてみると、全く防水シートがありません。
この野地板の下は室内の天井ですので、これでは雨漏りしてしまいます。
周りの防水シートも劣化が激しいので微補修程度では対応できません。
屋根は、表面層だけで雨水を全て受けているのではなく、屋根材下にも雨水は入り込み、湿気等の水気も屋根材の下には発生します。
その為、屋根材と木製野地板の間に敷き込む防水シートの役割は、雨漏り対策の重要なキーワードとなります。

20年以上屋根の下地をメンテナンスされていないお客様へ

セメント桟瓦を4枚捲った時の屋根下地は防水シートが破損し野地板が露出
水戸市の屋根下地であるルーフィングが激しく劣化破損している
防水シートの対応年数は、一般的な流通品で10年~20年です。
勿論、1日過ぎたから直ぐに雨漏りする事はありませんが、劣化した防水シートが地震の揺れや台風などの屋根材暴れにより傷つき、雨漏りの原因となる事はあります。
今回の水戸市の現場は、経過年数や屋根の状態を考慮しすると、屋根の下地から手を入れる屋根葺き替えがベストな選択なので早急に見積書を作成いたします。
皆様も、数十年単位で行う屋根メンテナンスですが、表面の屋根材だけではなく屋根下地の経過年数を考慮した屋根メンテナンス方法をご検討くださいね。

まとめ

屋根からの雨漏り原因は、その殆どが屋根の下地破損によるものです。
屋根材の対応年数=屋根下地の対応年数ではありませんので、皆様もご参考にして頂ければと思います。
【屋根からの雨漏り相談、屋根メンテナンス相談】※土日も対応可能です
街の屋根やさん水戸店 フリーダイヤル:0120-270-391
メール受付ご希望のお客様は:メール受付フォームはこちら


同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391