オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

茨城町の棟瓦破損からの雨漏りは昨年上陸した台風による被害


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回は、昨年関東に上陸した台風15号と台風19号により棟瓦が脱落し、雨漏り被害まで進行している茨城町のお客様からの屋根修繕依頼です。
屋根の頭頂部である2階の棟瓦破損から被害が広がり、1階下屋根の破損や室内雨漏りにまで進行してしまいました。
屋根修繕費用を考えると、なかなか手が出せないと途方に暮れていた所、火災保険の自然災害申請の事をお知り合いに聞き、ネット検索で当社にご相談頂きました。

屋根に登る準備

茨城町で屋根を調査する為に掛けられたハシゴ
現場に到着すると、お客様の方で屋根に登る為の梯子を準備して頂いていましたので、遠慮なく使わせて頂きました。ありがとうございました。
屋根に登る前に、雨漏りしている箇所を確認し、台風被害での保険申請が可能な保険内容である事も確認できたので実際に屋根に登って調査を行っていきます。

屋根に登り屋根瓦を調査します。

釉薬瓦屋根とセメント瓦屋根が続き屋根になっている現場屋根
増築された屋根は、釉薬瓦(ゆうやくがわら)とセメント瓦です。
釉薬瓦の棟瓦部はブルーシートで覆われ、セメント瓦の棟瓦部にもズレが生じているのが分かります。
棟瓦だけで済んでくれれば良いのですが、セメント瓦部は年季を感じる廃盤瓦材なので、そう簡単にはいかないかもしれません。

セメント瓦部は、雨漏りの温床にもなる棟違い屋根

茨城町の棟違い屋根形状の一方の屋根にブルーシート
セメント瓦屋根はとても大きく、棟は2本の棟の高さが異なる棟違い屋根形状です。
棟違い屋根は、片方の軒先は同じなのですが一方の軒先は異なる為、棟の高さが変わり画像のように段差が出来る屋根です。
この棟違い屋根は、均等に流れる屋根とは違い、屋根と外壁の取り合い部分がある屋根となり、壁の取り合い部分に雨の浸水を防ぐ雨仕舞(あまじまい)が必要となる為、雨漏りリスクのある屋根形状です。
セメント瓦の棟部分に被されたブルーシート
のし瓦が大量に脱落している茨城町の屋根
画像の棟②の棟瓦は、ブルーシートにて養生されていますが、のし瓦の脱落が酷く、落下したのし瓦は、下屋根にまで被害を広げていました。

2階から脱落した瓦での下屋根被害(北側)

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
この画像は、昨年の台風の影響で2階から脱落した瓦により、1階の下屋根の瓦にまで被害が及んでしまった屋根です。
お客様は、応急処置としてシートを被せていますが、強風雨時には室内の雨漏りが止まらないとの事です。この部分は下地からの葺き替えが必要です。
屋根の破損放置は被害を広げてしまう可能性がある為、屋根に異常を感じたら早急に屋根補修する事がベストです。

2階から脱落した瓦での下屋根被害(南側)

2階の瓦が脱落し雨樋や下屋根を破損させている
こちらは南側屋根の様子ですが、脱落した瓦が雨樋を破損させ、更に1階の下屋根にまで被害が及んでいます。まさに二次被害です。
瓦の重さに落下スピードが加われば、まさに凶器です。
瓦の落下地点に、もしも人の往来や車が駐車されている事を想像すると、ととても怖いですね。
屋根から脱落した瓦で破損してしまった2階の軒樋
下屋根の軒先瓦や軒樋が激しく破損
9月10月は本格的な台風シーズンの到来です。
今以上に被害を広げない為にも、保険会社さんに提出する書類を早急に仕上げ、お客様と出来る限りの対策案を練りたいと思います。

屋根の不具合や雨漏りは、早めの対策を心掛けましょう。

台風被害で広範囲に雨漏りしてしまったリビングの天井材
屋根の不具合は雨漏りに直結してしまい、屋根不具合の放置は被害を広げてしまいますので、ご覧の皆様は早めの対策を心掛けて下さい。
【屋根の不具合相談・屋根の自然災害申請の相談は】
街の屋根やさん水戸店まで : フリーダイヤル0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

茨城町の防災瓦での屋根葺き替えは瓦全数釘打ちで耐震強度アップ

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
防災瓦で葺き替えが完了した茨城県内の屋根
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
防災瓦(スーパートライ2)、REVO2(防水シート)、樹脂製瓦桟、強力棟垂木、なんばん、ゴムパッキン付きビス
築年数
40年
建坪
保証
3年
工事費用
127万円
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391