オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で塗装時に気づいた棟板金破損は火災保険申請できますか?


水戸市内の塗装工事中の現場から『塗装足場を掛けたら屋根の棟板金が破損していたのですが、火災保険の申請は出来ますか?』との御相談です。
風災、台風、雪災、降雹などで家屋に損傷をきたした際に、手厚く保証されている事の多い火災保険ですが、申請するあたって必要な項目が幾つかあります。
今回は、屋根調査の様子と同時に火災保険に必要な項目も記載していきますので、ご興味のあるお客様は、ぜひ最後までご覧ください。

調査現場の屋根風景

棟の調査を行う水戸市内の大きな屋根
水戸市の現場は、現在外壁塗装と屋根塗装を行っている最中です。
建物全体に足場を設置し、屋根に安全措置の親綱(おやづな)を渡している最中に棟板金の飛散を発見したとの事です。
屋根は、屋根塗装を行う前の高圧洗浄まで実施されており、塗膜が剥がれた白っぽい屋根の状態になっていました。
☆火災保険申請は、被災後に人的要素が加わっていない状態で、被災の証拠となる場所を撮影しておくのがベストですので、高圧洗浄前に調査を行う方がベストでした。

屋根の頂点まで登ります。

軒先側から斜めに見上げる大きな屋根
屋根を軒先から見上げた視界
屋根の頂点部から軒先方向に見下した風景
屋根の頂点から軒先を見下した視界
今回の屋根は、腿や脹脛(ももやふくらはぎ)への負担のかかり方から、見た目以上に屋根傾斜があるのが登ってみて分かります。
高圧洗浄後の乾燥した屋根面は、多少ザラザラしており、滑り止めのついた専用の靴を履いていますが、慌てて登ると滑るような状態でした
※軒先方向から斜めに見上げた画像と、屋根の頂点から軒先を垂直に見下した画像とは見え方が違います。

屋根の棟部

高圧洗浄し塗膜が剥離した状態の屋根
屋根の棟部(屋根の頂点で交わる部分)に設置された棟板金です。
☆毎年、強風や台風被害で多くの住宅で飛散や破損が起こる屋根の棟は、火災保険の自然災害申請の対象になりますが、火災保険の自然災害の申請期間は被災から3年以内です。申請期間を過ぎてしまうと、失効扱いで受理すらしてもらえないので注意が必要です

棟板金が無くなり、下地の貫板が剥き出しになっています。

棟板金がなくなり下地の貫板が露出した水戸市内の屋根
棟に被われているはずの棟板金が半分以上無くなっており、下地である貫板(ぬきいた)が剥き出しになっています。
棟部の状態は、強風や台風等が原因で棟板金が飛散した物だと推測できますが、お客様が火災保険の自然災害申請を行う際には、以下の3つの報告が必要です。
①いつ(何年何月何日や、台風〇号など)
②なんの自然災害で(風災・台風・雪災・降雹など)
③家屋のどの場所が被害にあったのか

被害の証拠画像を撮影

棟板金の被害状況をスマートフォンで撮影するスタッフ
棟板金の下地である木製の貫板が激しく破損
屋根上で、被害のある棟板金と下地の貫板(ぬきいた)の破損を、当社のスタッフが撮影していますが、この様な破損部の画像は証拠画像として申請する際に必要な物になります。
火災保険申請の際に提出を求められる書類
①被害を証明する為の画像(建物画像・被災場所を説明できる画像・被災画像)
②建築図面や被災箇所を寸法で示せる書類
③原状回復する為の見積書

火災保険申請の可否判断

ケラバ側から破損棟部を撮影するスタッフ
棟の破損状態は、下地の貫板からの早急な棟板金施工が必要です。
火災保険申請の可否判断ですが、お客様に確認させて頂いた火災共済の内容は、原状回復費用が10万円以上で申請が可能ですが、全てを賄える内容ではなく一定の割合での見舞金給付内容ですので、認められても持ち出し費用は必要になります。
破損した棟板金も存在しておらず、被災日が定かでない現状では、申請は可能でも認定されるか否かは微妙な状態だと判断できるので、オーナー様に報告いたしました。

まとめ

火災保険の自然災害申請には、正確な報告と適切な書類が必要です。
当社は、毎年沢山の火災保険申請のお手伝いをしますが、報告の正確性や保険加入条件によっては、やむなくお断りさせて頂くケースもあります。
まさかの被災時に、適切に申請してこその火災保険申請です。
『屋根修理に保険が使えるか?』や『屋根修理の相談になってほしい』等々、屋根工事でのアドバイスが必要なお客様は、街の屋根やさん水戸店に相談して下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

水戸市の瓦屋根を台風や地震でも崩れない七寸丸一本伏せで施工

施工前の熨斗瓦がズレている水戸市の降り棟
下屋根棟の七寸丸一本伏せが完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・樹脂垂木・オレフィンパッキンビス
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
84.7万円(残土処分費別途)
施工事例

水戸市で軒先捲れと化粧剥がれした軒天は化粧合板重ね張りで修繕

水戸市の施工前のプリントが剥がれた軒天
重ね張り施工が完了した水戸市内の軒天
工事内容
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
化粧プリント軒天合板
築年数
建坪
施工軒天82㎡
保証
3年
工事費用
35.5万円※軒天施工費用(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

雨漏りしている室内天井画像をバックに雨漏り調査についてのタイトルバック

ひたちなか市の皆様へ、当店の雨漏り調査について解説して行きます。街の屋根やさん水戸店は、ひたちなか市を含む茨城県内全域で雨漏り調査を無料で行っており、毎年沢山のお客様から雨漏り調査の御依頼があります。雨漏りの発生原因で一番多いのは屋根の不具...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391