オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市での屋根瓦修理依頼は飛込み業者に指摘されたのが始まり


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回は、水戸市で屋根瓦修理依頼を頂いた現場の様子をお伝えします。
瓦修理依頼のきっかけとなったのは『飛込み業者』による、瓦屋根不具合の指摘です。
私達も、屋根工事に入らせて頂く際の近隣挨拶時に、屋根の不具合に気づいた場合は、お話をさせて頂く事もありますので、飛び込み業者の指摘の善し悪しは別ですが、屋根の不具合の放置は被害を広げる事にもなりますので、先ずは現場で屋根の状況を確認します。

指摘を受けた和瓦屋根に登ってみます。

飛込み業者に屋根の不具合を指摘された屋根
瓦屋根の不具合部を屋根の上から確認するスタッフ
お客様にお話を伺い、瓦修理の指摘を受けたと言う瓦屋根に登ってみます。
屋根に登ったスタッフが、地上にいらっしゃるお客様に声を掛けられながら、飛び込み業者に瓦修理を促された部分を目指します。

和瓦屋根の隅棟(のし瓦ズレ)瓦を指摘されていました。

大廻し工法で緊結されているが熨斗瓦にズレが生じている
のし瓦のズレをズームアップして撮影
この部分は隅棟(すみむね)と呼び、和瓦の曲がり角は一枚物の瓦では葺けず隙間が生じる為、繋ぎの役割を果たすための屋根の部位です。
こちらの水戸市の隅棟は3段積みとなっており、頭頂部の丸い瓦を冠瓦(かんむりかわら)と言い、下段に2段四角い形をしているのが『のし瓦』です。
画像でも、のし瓦にズレが生じているのが確認できます。隅棟は隙間を埋める役割も果たしているので、放置は雨漏りに繋がる恐れもあります。
屋根瓦修理を前向きに検討された方が良い状態です。

隅棟瓦の緊結線も切れてしまっていました。

水戸市の隅瓦に結ばれた緊結線が切れている
冠瓦に廻されている緊結線の破損
震災後には耐震性の高いガイドライン工法に移行していますが、それ以前の和瓦屋根の棟は、耐風性を持たせる画像の様な緊結線(きんけつせん)結束です。
こちらの水戸市の瓦屋根は、棟瓦・のし瓦・中に入っている葺き土を結ぶ為の大廻し工法が行われていましたが、銅線である緊結線も切れてしまっていますので、修理された方が良いと思います。
『東日本大震災直前に行った瓦屋根修理のおかげで震災時には影響がでなかったことを教訓に、これから台風が来るとか来ないとかだから尚更心配になった』との事です。

壁との取り合い部の漆喰破損

隅棟瓦と壁との取り合いに施工された漆喰が破損している
こちらは二本の隅棟と外壁の取り合い部分です。
外壁との緩衝部には、この画像の様な漆喰仕上げの他に板金で仕上る事もありますが、雨漏り浸水の原因となるので、しっかりとした雨仕舞対策が必要です。
地震などの影響もあると思いますが、漆喰が破損してしまっているので、この部分も修理をしなくてはなりません。

二階の瓦屋根の方が心配です。

のし瓦がズレ今にも落ちてきそうな2階の隅棟
こちらは二階の瓦屋根の画像ですが、今にも落ちてきそうな程、のし瓦が複数抜け掛かっています。
二階の屋根は、なかなか目に入らない部分ですが、瓦破損や瓦の脱落の事を考えると被害を広げる可能性が高い為、とても心配なズレ方です。

まとめ

お客様とお話をし、棟瓦を中心に工事する事になりました。
水戸市と言う土地柄、耐震性も考慮したガイドライン工法での棟葺き替え工事をご提案する事になりました。
瓦修理に限らず、屋根の不具合や屋根点検は専門業者に任せるのが一番です。
ブログをご覧の皆様へ
瓦修理を行うか否かは、無料点検での調査画像や提出するお見積書に納得されましたら御依頼ください。瓦修理の御相談は街の屋根やさん水戸店まで。
※今回の水戸市のお客様にお見積書を提出し、9月末~10月初旬に棟瓦修理を行う事になりました。瓦屋根の修理状況は、施工ブログで再度アップ致しますので宜しくお願いします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

水戸市の瓦屋根を台風や地震でも崩れない七寸丸一本伏せで施工

施工前の熨斗瓦がズレている水戸市の降り棟
下屋根棟の七寸丸一本伏せが完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・樹脂垂木・オレフィンパッキンビス
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
84.7万円(残土処分費別途)
施工事例

水戸市で軒先捲れと化粧剥がれした軒天は化粧合板重ね張りで修繕

水戸市の施工前のプリントが剥がれた軒天
重ね張り施工が完了した水戸市内の軒天
工事内容
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
化粧プリント軒天合板
築年数
建坪
施工軒天82㎡
保証
3年
工事費用
35.5万円※軒天施工費用(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

雨漏りしている室内天井画像をバックに雨漏り調査についてのタイトルバック

ひたちなか市の皆様へ、当店の雨漏り調査について解説して行きます。街の屋根やさん水戸店は、ひたちなか市を含む茨城県内全域で雨漏り調査を無料で行っており、毎年沢山のお客様から雨漏り調査の御依頼があります。雨漏りの発生原因で一番多いのは屋根の不具...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391