オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市での雨樋交換(廃盤雨樋)はパナソニック角樋で施工


ひたちなか市の平屋住宅での雨樋交換が完了しましたのでご報告いたします。
今回のひたちなか市の既存の雨樋は、既に製造が中止になっている廃盤雨樋です。
『同形状の雨樋が未だに流通していれば同品番で雨樋交換を行いますが、廃盤雨樋の場合の雨樋交換はどうするのか?』
お客様から質問を頂く機会もあるので、少し回答に触れながら書いていきたいと思います。関連記事『日立市での廃盤雨樋DIY修理から学ぶ(雨樋廃盤品一覧も記載)』

雨樋交換を行う前の雨樋の状態

ひたちなか市で雨樋が変形し零れ出る状態の平屋住宅
こちらが、雨樋交換前の雨樋の画像です。
雨樋が外側に広がり、降雨の度に零れ出てしまう状態でした。
こちらのひたちなか市の住宅は、雨樋の下にテラスの波板がある平屋住宅ですが、大量の降雨の際には、この波板に雨樋から零れ出した雨水が滝のように流れ、深夜などはその音で眠れない程との事です。
屋根の上から見た変形した雨樋には雨水が滞留している
屋根の上からの画像です。
昨日降った雨が、雨樋に滞留していますので、この雨樋の状態で雨が降れば、全て外側に流れてしまいます。
『雨樋から滝のように溢れ、眠れない程の音がする』と仰るお客様のお話も頷けます。
お客様に快適な睡眠をお約束できるよう、しっかり施工したいと思います。

ひたちなか市の既存の雨樋は、既に廃盤になっている雨樋です。

ひたちなか市の雨樋の印字にはE70と記載がある
E70角樋用横打支持金具が垂木に施工されている
既存の雨樋は既に廃盤になっている、エスロン社製『E70』で、雨樋支持金具は軒下にある化粧垂木に留められている角樋用の横打ち支持金具です。
【既存の雨樋が廃盤だった場合の雨樋交換は?】
雨樋交換時に、支持金具も同時に交換すれば、施工は可能です。
また、横方向の軒樋のみを交換したいが竪樋が廃盤だった場合も同様ですが、予算の関係で軒樋のみを交換したい場合は、施工方法により施工が可能です。

今回、ひたちなか市での雨樋交換に使用する雨樋と支持金具です。

ひたちなか市の現場で使用する箱に入った雨樋
ひたちなか市で使用するシビルスケアPC50用の横打支持金具
今回、ひたちなか市の現場で使用する雨樋材料は、パナソニック社製シビルスケアPC50(色は新茶)を使用し、支持金具も専用の物を使用します。
雨樋(のきどい)の形状は丸型(半月型)と角型があります。
丸型雨樋:形状は同様の丸型ですが排水能力により大きさが異なります(数種類)
角型雨樋:雨樋メーカーさんにより、大きさも形状も様々です(数十種類)
※支持金具を交換せず、異なる形状の雨樋を交換する事は、基本的に出来ません。

雨樋交換で最も大切な支持金具の取付け

破風板に打ち込んだ横打支持金具に水糸を張る
水勾配をとる為に赤い水糸を端から端まで張る
雨樋交換時に最も大切な作業は、雨樋で受けた雨水を排出したい方向に流すための勾配(こうばい)作りです。
勾配を作るには、水糸(この画像の赤い糸)を両端の雨樋支持金具に結んで傾斜を測り、この水糸にそって支持金具を取り付けていきます。
この勾配がうまく取れていないと、雨樋内に雨水が溜まってしまい、最悪は重みで雨樋の変形を招くことになりますので、とても大切な作業です。

雨樋交換の仕上げ

ひたちなか市の現場の化粧垂木に新しく取り付けた角樋用支持金具
ひたちなか市で新しく交換したシビルスケア雨樋
全ての支持金具を新しく交換し、パナソニック社製の角樋を取り付けます。
雨樋交換に使用する新集水器や使用する部材
雨樋交換が完了したひたちなか市の平屋住宅の風景
最後に、縦方向の竪樋と連結する為に、集水器に合わせて雨樋に穴を開け、竪樋を連結すれば、雨樋の交換工事が完成です。

雨樋交換費用における付帯工事費用も必要最小限(全ての費用を火災保険でまかなえました)

波板の上に板を敷き込み体圧を分散して割れを防ぐ
北面雨樋の交換が完了したひたちなか市の住宅
今回のひたちなか市の雨樋交換現場は、平屋住宅と言う事もあり仮設足場は使用せず、波板の上に板を敷き、体圧を分散し波板の割れに注意して作業を行いました。
また、今回の雨樋交換施工は雪害での火災保険申請を当社にてサポートさせて頂き、自然災害で認められた範囲内での施工です。
雨樋交換の出来栄えもさることながら、費用面でもお客様に大変満足いただけたので、担当者としても大変満足です。

雨樋の不具合は早めに対策をしましょう。

雨樋の不具合で雨樋から雨が溢れ出している
雨樋破損を放置した結果鼻隠しや軒天にまで被害が広がる
雨樋の破損や雨樋の不具合は、雨樋のみならず他の部位へも影響をもたらします。
たかが雨樋!されど雨樋です。雨樋の不具合は早めに対策をしましょう。
雨樋施工後のアフターサービスも、しっかり行わせて頂きます。

まとめ

今回は『ひたちなか市での雨樋交換(廃盤雨樋)はパナソニック角樋で施工』と題し、雨樋に特化した記事を書いてみましたが如何でしたでしょうか。
雨樋は、家屋を守るだけではなく生活を快適に過ごすための大切な物です。
『雨樋を交換したい』『雨樋修理を考えている』等、雨樋に関するご相談がありましたら、是非、街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
【茨城県内全域統一料金】
ご相談フリーダイヤル:0120-270-391(8:30~19:00まで受付 日曜定休)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨天時に雨が溢れてしまうと雨樋交換の依頼があった現場

水戸市内で雨樋交換のご相談を頂いたお客様宅での事例をご報告いたします。お客様にお話を伺うと、数年前の積雪時に屋根から雨樋に落雪して雨樋が変形してしまい、雨量が多い時には雨樋から雨が溢れ出てしまうとの事でした。雨樋破損の原因が積雪時に起こった...........

高所作業車に乗った職人と屋根上にいる職人が連携して雨樋交換作業

桜川市で行われている大型建物への屋根工事も終盤に差し掛かり、雨とい交換作業に入りましたので、今回は大型建物用雨どい取付けの様子をお伝えします。本来、屋根の軒先に取り付けられる雨どいは、建物の横面での作業となるため、2階屋根などでの雨どい取付...........

破損したエスロンX70軒樋と集水器

水戸市内で、集合住宅アパートの住人様が困っていらっしゃった破損雨樋の交換が完了しましたのでご報告いたします。オーナー様や管理人さんが常駐していない賃貸集合住宅での家屋の破損は、居住者様からの報告が無ければ中々気付かない物です。今回も、居住者...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391