オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で雨漏りなのか?獣なのか?天井に染みがあるとの調査依頼


水戸市のお客様からのご依頼です。
【ご依頼内容】
2階の天井に染みがあり、屋根からの雨漏りが原因なのか?天井裏に獣が入ってしまっのが原因なのか?調べて欲しい!
とのご依頼を受け、お客様の休日に合わて現場調査に行ってまいりました。

水戸市の現場の様子

水戸市で調査依頼のあった現場風景画像
水戸市の現場に到着いたしました。
釉薬の和瓦屋根です。ご近所でハクビシンを猫が追いかけていたとの噂があり、2階の天井染みがとても気になってしまったそうです。
屋根裏天井は、獣や野鳥、蜂などが侵入するケースもあり、屋根破損や軒裏破損が浸入口となってしまう事がありますので、雨漏り被害とともに注意しなくてはなりません。

水戸市のお客様が、異変に気付かれた部分

水戸市での室内雨漏り被害の様子を撮影
こちらのお部屋はあまり出入りの無いお部屋で、気づかれた時にはこの様な状態だったとの事です。
天井から水分が伝い、天袋の襖を通り越して鴨居にまで水分が浸透していました。
水分量から獣では無いと推測できますが、雨漏りか?獣被害か?お客様の心配事を追究するため屋根裏を調査して原因を追究します。

雨漏りなのか?獣なのか?天井裏から確認

雨漏り箇所を屋根裏から確認する為に天袋から作業員が確認
雨漏り箇所を屋根裏から確認する為に天袋の天板を開ける
先ずは、雨漏りなのか?獣なのか?室内天井裏から確認します。
【雨漏りなのか?獣なのか?の天井裏からの確認方法】
雨漏り:天井裏から屋根の下地を確認し、屋根下地に雨漏り跡があれば雨漏りです。
獣被害:屋根の下地に雨漏りはなく、天井材に糞尿などが確認できれば獣被害
※我々も心の準備はしていますが、想定外の獣がいたら、流石に怯んでしまいます。今まで一番驚いたのは、2m程の蛇が天井裏にいた時です。(保健所に依頼しました)

業務用ライトで屋根裏を捜索します。

天井裏の断熱材に広範囲の雨漏り跡を発見
天井裏から屋根の野地板に雨漏り跡が確認できる水戸市の現場
業務用ライトで屋根裏を照射すると、天井裏の断熱材に雨染みの跡があり、雨染みのある上の屋根下地にも雨染み跡が確認できました。
屋根形状からみても、屋根の棟付近からの雨漏りである事に間違いありません。
屋根裏に断熱材を敷いている事により、断熱材が雨漏りを吸収し大量の雨漏り被害にはつながりませんでしたが、雨漏り発生には気づきにくいので手当が遅れるケースです。

ケラバ瓦を調整しながら、2階の屋根を目指します。

下屋のケラバ瓦のズレを調整するスタッフ
ケラバ瓦の調整が完了し地上にいるスタッフに確認するスタッフ
2階の屋根に登る為に、一度下屋根に登りましたが、お客様から『そこのズレている瓦を直してくれませんか?』とのお声を頂いたので、ケラバ瓦を外してサービスで調整を行いました。
本来ケラバ瓦は、瓦の脱落の原因となる為、釘留めされるのですが、このズレている部分から三枚分だけ釘止めされていませんでした。
工事の依頼を受けた場合は、このケラバ瓦も釘止めさせて頂きます。

雨漏り浸入口を屋根上から調査する為、2階の屋根に登ります。

伸縮脚立を下屋根の棟にまたがせて掛ける
四つん這いになりながら瓦屋根を上るスタッフ
下屋根に、脚が伸縮する脚立を掛け2階の屋根に登ります。
※私達は、屋根に登る訓練を受けており、ヘルメットを着用し滑り止めのついた屋根専用の靴を履いて作業しています。屋根上での作業は危険が伴う為、一般の方の作業は危険です。屋根上での作業は屋根業者にお任せください。

屋根上での調査を開始します。

主棟の漆喰が脱落してしまっているのが確認できる
二本の降り棟の間に谷樋がある複雑な屋根形状
雨漏りしている箇所の屋根上の画像です。所どころ漆喰も剥がれています。
この西面の屋根の棟(段数が積んである部分)は、複雑な形状をしており、棟と棟の間に谷樋(凹)が設置されている形状です。
黄色でマークした部分をアップにします。
谷樋に緩衝する谷瓦の下に雨水が浸水している
この画像は、谷樋(谷板金)に緩衝する谷瓦部分です。
谷瓦の形状の膨らみに合わせて施されている漆喰も外れ、谷瓦の下地に大量の雨水が廻っているのが確認できます。
下地の防水シートの破損や、木の瓦桟に打ち込んだ釘から浸水した事が考えれます。
谷樋(谷板金)は、屋根の雨漏り原因第一位に上げられるほど、雨漏りの発生原因となり得る場所です。

水戸市のお客様へのご報告

谷樋には褐色のサビが発生している
水戸市の現場屋根は谷樋と棟が緩衝している
調査終了後、水戸市のお客様へ画像をお見せしながら報告いたしました。
【今回、街の屋根やさん水戸店が提案する雨漏り補修方法】
①西側屋根の谷板金交換と、西側の棟積み直し工事
②谷板金交換と、2階全ての棟をガイドライン工法で取り直し工事
この2種類のお見積書を提出いたします。

まとめ

雨漏りは、屋根からの発生が圧倒的に多いのですが、わかっていてもお客様ご自身ではなかなかセルフチェックできないのも屋根です。
10年以上屋根のメンテナンスを行っていないお客様は、調査費は頂きませんので、ぜひ街の屋根やさん水戸店に相談してみて下さい。
また、万が一雨漏りに気づいた場合は、放置せずに早急に屋根業者に相談するように心がけるのも、雨漏り被害を広げないコツです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市のテラス屋根は老朽化により交換(お客様の生の声も掲載)

水戸市のテラス波板を計測するスタッフ
クリヤー色を使用したテラス屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
網入り波板7枚・波板ビス・補強垂木
築年数
40年
建坪
保証
1年
工事費用
3.1万円
施工事例

水戸市の瓦屋根を台風や地震でも崩れない七寸丸一本伏せで施工

施工前の熨斗瓦がズレている水戸市の降り棟
下屋根棟の七寸丸一本伏せが完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・樹脂垂木・オレフィンパッキンビス
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
84.7万円(残土処分費別途)
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の半分の板金が飛散してしまったひたちなか市の屋根

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、先月自然災害での火災保険申請を行い、保険会社さんから認めていただいた被害箇所である棟板金の交換を、ひたちなか市で行った様子です。加入されている火災保険の内容にもよりますが、台風...........

高所作業車を軒先まで伸ばしている様子

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。ひたちなか市のお客様から屋根のリフォームと外壁のリフォームの見積もり依頼があり、現地を状況確認した様子です。今回は、パラペット内に葺かれた片流れ瓦棒葺き屋根の調査の様子を重点的にお伝え...........

常陸大宮市のお客様の屋根材がずれています

常陸大宮市のお客様より「瓦に隙間があるので見てください」とのご依頼を頂きましたので、無料調査にお伺い致しました。今までの事例から考え、瓦のズレ等は地震の影響や台風の影響を受けて起こる事が多く、屋根の上で起きている事なので、気づくのも時間が経...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391